2017年08月07日

欲望という名の電車 オリジナル・ディレクターズカット [DVD]



欲望という名の電車 オリジナル・ディレクターズカット [DVD]

前々から気になっていたこの映画ですが、想定外に良かったです。
1951年の映画という驚きの古さではありますが、「風ともに去りぬ」以来の
ビビアン・リーを見ることもできました。
演技力は抜群でした。

あらすじはネタばれも含みますが、
裕福な家の出で、ステラの姉であるブランチが、
地主である両親と死別し、居場所がなくなったためにステラ夫婦の家に居候することになったところから始まります。
ステラ夫婦は貧しく、いわゆる貧民街で必死に生きているわけですが、
ブランチは何不自由なく両親の元で暮らしてきたために、
ステラ夫妻の生活環境に驚き、軽蔑すらするわけです。
一方で、多少情緒が不安定なブランチは、ステラの夫・スタンリーはの友人に言い寄ったり、虚言を吐いたり、
様々なトラブルを起こして結局スタンリーから家から出て行くように追い詰められてしまうのです。

ブランチは地元でも、男性を誘惑する素行の悪さが有名で、教師をしていた頃に教え子を誘惑したりで地元にいられなくなった、とのことでした。また、自分の言葉が原因で元夫が自殺したこともありトラウマを抱えていました。

結局、欲望のままに生きようとして、世間から拒絶されたブランチは、精神を壊してしまい、精神病院に送られてしまいます。

ブランチが、欲望のままに生きようとした理由を考えると痛々しいというか、哀れだというか、
生まれた時から欲しいものは全て手にして育ってきたのに、徐々に失われて行く自分の万能性とか、
両親の死により没落してきた自分の栄華を取り戻したかったとか、
どんどん歳をとって若さを失って行く自分とか、
どんどんど自分が理想の自分とかけ離れて行くが故に、それを取り戻そうとして結局自滅していった、
そんな感じがしたのですが、人間の業とは何かを考えさせられました。

posted by さとし at 18:22| 京都 ☔| Comment(0) | 読書・映画・芸術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

旅行

八月六日、広島に原爆が投下された日ですね。
今日は朝起きて手を合わせました。

さて、昨日まで温泉旅行に行ってました。
うまいもの食べて、温泉に何度も入って、筋トレもして、読書もしてとのんびりすることが出来ました。

外には松尾芭蕉が泊まった宿などもあって、面白かったです。
史跡に興味を持ち出したのは年取った証拠でしょうね。

というわけで気分を新たに、今日からまた頑張ります。

IMG_4311.JPG
IMG_4314.JPG
IMG_4317.JPG
posted by さとし at 14:42| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

縮小ニッポンの衝撃 (講談社現代新書) 新書  NHKスペシャル取材班 (著) 伊藤くんA to E (幻冬舎文庫) 文庫 柚木 麻子 (著)



縮小ニッポンの衝撃 (講談社現代新書) 新書  NHKスペシャル取材班 (著)

この本は少子化・人口減に伴って色々な影響が出始めている日本の状況について北海道の夕張市を中心にルポしてました。
人口減は喫緊の問題ですけれどね。どうすればいいんでしょうね。




伊藤くんA to E (幻冬舎文庫) 文庫 柚木 麻子 (著)

この本は、「自己愛」をメインすえた小説と言ってもいいんでしょうか。
けれど、伊藤くんにも、その周りの人たちにも何かしら共感できることがあって
なんというか、自分の内面と照らし合わせて胸が痛みました。

伊藤くんは、いい大学を出て、ルックスも良く、人当たりもいいのだけれど、
自分大好きで傷つきたくない、社会や会社から厳しい評価をされたくないから
就職もしないし、恋愛で傷つきたくないから特定の恋人も作らない。
そしてそんな自分を正当化するような事ばかりを言っている。
けれど、自分の存在を認めてくれて、自分のわがままを聞いてくれるような女性を求めて
色々な女性を振り回す、そういう一般的にはどうしようもない人なのですが、
伊藤くんに振り回される女性もちょっと何かしら問題がある人ばかりで、
そんな彼らのやり取りがリアルすぎてあと味は非常に悪いですが、面白かったです。
posted by さとし at 14:31| 京都 ☀| Comment(0) | 読書・映画・芸術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

休憩

石川に来てます。
なんの用事もなくて、ただ温泉に入るだけに来ました。
ホテルに引きこもってます。
すでに4回温泉に入りました。

筋トレして、温泉入って、読書して温泉入って、
食事して温泉して、遊んで温泉入ってっ感じで過ごしてます。

卓球台とか、漫画部屋とか、カラオケとかがあって
外に出なくても楽しめる、良心的なホテルです。
明日まで同じように過ごすと思います。

サボっているのか、休んでいるのか、って気もしないでもないですが、
色々と考えをまとめたり、何か思考が舞い降りてくるために
こんな時間も必要ですよね、
と自分に言い聞かせたりしてます。。。。
IMG_4304.JPG
posted by さとし at 01:40| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

自閉症の世界 多様性に満ちた内面の真実 (ブルーバックス) 新書  スティーブ・シルバーマン (著), 正高 信男 (翻訳), 入口 真夕子 (翻訳)




自閉症の世界 多様性に満ちた内面の真実 (ブルーバックス) 新書  スティーブ・シルバーマン (著), 正高 信男 (翻訳), 入口 真夕子 (翻訳)

を読みました。分厚い本ですが、自閉症とはこんな症状だよ、という説明とか、DSMーWという検査ができるまで、
という総論的な内容でした。
メカニズムっぽい内容を期待していたのでちょっと思っていたものとは違ったかなぁ。


posted by さとし at 01:07| 京都 ☁| Comment(0) | 読書・映画・芸術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

雑感

IMG_4302.JPG

カバッサの実が順調にすくすく育っています。
たくさん実がなるといいんですけどね。

さてさて、人と人との関係性は一過性のもので
関係性は目まぐるしく変わるし、
昨日の自分と明日の自分は違うものだったり、
そうやって人は人生を過ごしているだなぁと感じることがありました。
もう大台を過ぎているのに改めて書くことではありませんが。

とにかくこれからも、日々、周りの人に感謝しながら過ごしていきたいと思ってます。
(なんのことだかわからない人はすみません)

というわけで明日から石川県に行きます。
posted by さとし at 19:17| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

利用者さんとの関わり方

訪問リハビリに関わっていて、思うことは、
利用者さんは2つのタイプに分類することができると思います。

1つのタイプは、社会参加に向けて何か一人で生活していくことができるように修了に向けて関わるべき利用者さん、
介護保険のリハビリは、このような流れになっている感じです。

もう1つのタイプは、一人では運動する機会や身体を動かす機会がないので身体能力が低下しないように
長期的に関わる必要のある利用者さんですね。

長期的に関わる必要のある方は、人付き合いが嫌いだったり、外に出るのが嫌だったり、
デイサービスやデイケアの利用も嫌だったりで、ケアマネさんが、なんとかサービス利用にこぎつけたのが
訪問リハビリだった、というようなこともあります。

そのような方は、運動するとか体操するとかも大事ですけど、
とりあえずは、きられないような関わり方が大事になってきます。
そのためには、雑談もするし、モミモミマッサージもするし、
そこから何かその人をいい方向に持っていくためにきっかけが見つけられないかと
サービス担当者みんなで考えていくわけのです。

この関わり方を誤ると大変なことになります。
リハビリスタッフが、この人は社会参加した方がいい、と思って関わっても
ケアマネさんは、そういう関わりを望んでいなかったりとか。

本当に関わり方は気をつけないといけないですよね。
自戒を込めて。
posted by さとし at 02:30| 京都 ☀| Comment(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グローバリズム その先の悲劇に備えよ (集英社新書) 新書 中野 剛志 (著), 柴山 桂太 (著)



グローバリズム その先の悲劇に備えよ (集英社新書) 新書 中野 剛志 (著), 柴山 桂太 (著)

という本を読みました。
現在、グローバリズムの反動で世界中が保護主義に走っていて、国が分断されていますが、
これは、過去の歴史を振り返ると、グローバリズムの後には必ず自国第一主義に向かって
情勢が不安定になる傾向があるらしく、
物議を醸しているアメリカ合衆国のトランプ大統領が政策を公約を実現するかどうかは分からないけれども
次にの大統領は彼の政策を継続して発展させるような人になるのではないかと述べています。
つまり、まだまだこの流れは始まったばかりだとの事です。

結構、他の本よりも著者の意見が、最悪だと思われる内容まで踏みこんで述べていたので
暗澹とした気持ちですが、興味深く読むことができました。
が、この不安定になる世界情勢でどのような解決策があるのか、という話はなかったです。
posted by さとし at 02:00| 京都 ☁| Comment(0) | 読書・映画・芸術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

今日のお仕事

梅雨も明けましたが、暑さは続いています。
昨日もフローリングの上で明け方まで寝てしまいました。

やっと他施設での協力をお願いしていた研究で倫理委員会で承認されたと報告がきました。
相談に行ってからもう1年経ってしまっていて、
すでに研究助成の期間は終了していて
報告書も出したのですが、データをしっかりとしたものにするために
実験はこれから継続しようと思っています。

あとは、現在施設で行なっている患者さんのある条件別の生活背景の調査ですね。
これがゴーサイン出ればいいんですけどね。

というわけで、今日も仕事が遅くなったので家であれこれ溜まっているものを片付けます。
posted by さとし at 19:06| 京都 ☁| Comment(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

よく遊んだ

この週末はよく遊びました。

土曜日は午前中仕事からの昼から家仕事、
そして夜は、カポエイラのイベントに参加して練習して、夜は22時から焼く肉食べ放題。
今日は、家にある方たちが遊びにきて、飲んで夜はブラジルカフェで楽器を持って参加。

遊び疲れました。これからお勉強タイムです。
posted by さとし at 23:57| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする