2017年10月13日

ハーバード日本史教室 (中公新書ラクレ) 新書 佐藤 智恵 (著), アンドルー・ゴードン (著), デビッド・ハウエル (著),その他



ハーバード日本史教室 (中公新書ラクレ) 新書 佐藤 智恵 (著), アンドルー・ゴードン (著), デビッド・ハウエル (著),その他

この本は、ハーバード大学で日本についてのなんらかの研究をしている研究者に対して
なぜ日本に興味を持ったのかとか、日本についての提言などをインタビューしたものでした。
まあ面白かったですけど、巷で流行りに自画自賛本みたいな感じもしました。
日本ってこんなにすごいんだ、日本って世界でこんなに愛されるんだ、みたいな。
テレビでも多いですよね。こういうの。
posted by さとし at 16:36| 京都 ☁| Comment(0) | 読書・映画・芸術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週末は・・・

今日も無事に終わりました。
この1ヶ月、職場で色々と考えさせられる事があったのですが、
とりあえず、組織全体で考えて、
全体のことを考えて、利他的な働き方をしている人が報われるような職場にしたいな、
と思いました。
真面目に誠実に仕事に向き合っている人が可哀想だ、と思われる事が多くて、

明日から東京です。色々と勉強をしてこようと思っています。
posted by さとし at 02:23| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

健康格差 単行本(ソフトカバー) マイケル・マーモット (著), 栗林 寛幸 (監修), 栗林 寛幸 監訳 (その他)



健康格差 単行本(ソフトカバー) マイケル・マーモット (著), 栗林 寛幸 (監修), 栗林 寛幸 監訳 (その他)

このような本を職場のある人に勧められて読んでいます。
内容はいわゆる公衆衛生で、
健康問題は、ただ単なる生活週間だけではなくて社会や環境にも影響されるのですよ、という事が書かれています。
なんというか、僕は多少は理系の思考もあるのでもう少し堅苦しくてもよかったかな、という気も・・・
読みやすそうでわかりにくいというなんとも言えない感じです。
文面はかなり噛み砕かれているんですけど。
posted by さとし at 01:04| 京都 ☀| Comment(0) | 読書・映画・芸術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

連休終わって

昨晩は、知人のライブに誘われて見にいってきました。
予想以上に本格的な演奏で驚き、その後、話が盛り上がり、まあまあビールも飲んでしまい
いつもの稽古以上に帰る時間が遅くなってしまいました。

今日から仕事。
週末は東京出張。
再来週は北海道旅行。
色々と準備が大変です・・・
posted by さとし at 01:47| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

逆襲される文明 日本人へIV (文春新書) 新書 塩野 七生 (著)



逆襲される文明 日本人へIV (文春新書) 新書 塩野 七生 (著)

塩野氏の本は読んだ事がないんですけど、この本を読んで読んで見たくなりました。
文章を読んでいて、やはり洞察が深い。描写が見事。
イタリア人に住まれているとのことで、少し引いた目で日本の政治経済を俯瞰されていて
「へえ〜そんな考え方があるのか」など思いながら読みました。
posted by さとし at 12:10| 京都 ☀| Comment(0) | 読書・映画・芸術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

ライブ

最近、カポエイラの感性を磨くためにも
ブラジル音楽に触れて見たいなと思っていまして、
たまたまある料理屋で見かけたフライヤーを見て、ライブに行ってきました。
IMG_4416.JPG

アントニオさんは南米の方だと思っていましたが、日本人でした。
そして、いつも食べに行っているブラジル料理屋のスタッフがメンバーに。
なんだか色々自分の中で盛り上がりました。

お客が10人弱のこじんまりとしたライブでしたが、
アントニオさんの安定感が抜群で、トークも面白く、曲も見事で、
僕はパーカッションばかり目がいってしまいましたが、
大満足でした。うちの施設でもライブをお願いしようかなぁ〜、とも思いました

週末のパゴーヂにも誘われました。
なんていうか、カポエイラつながりで出会う人って「おもろい」人が多いですよね。
なんか既存の常識から少し離れている人というか。
僕もそんな一人なのかもしれませんが・・・。

そういうわけで明日も休みですね。
色々とお仕事をします。
posted by さとし at 01:30| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

来週

来週は東京で内輪の研修会でポスター発表があります。
ポスターは一応作りました。
本当は一人で進めた方がスピードも速いし、
精度も高くて質の高いものができるんじゃないか、と思います。

思うように事が進まないのでもどかしさがありますが、
中でも、やる気のない人、やりたくない人を動かすほど辛いものはない、と思います。
僕の中でも職場の質の向上たために色々と考えている事があって、
それらは、上の人にも伝えたことだし、
ちょっと懇親会などに参加して色々と情報を集めてこようと思っています。

というわけで世間は連休なんですね。
僕はいつもと変わりません。
posted by さとし at 19:11| 京都 ☔| Comment(0) | 読書・映画・芸術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

今日一日

本日は、業務の合間に昨年の研究助成で行なった研究
(報告書は出しましたが被験者が足りないので継続して実施中)
の実験協力者の方のデータを撮らせていただきました。

課題をやったのですが、、、あれ?あれ?あれ?
全然身体に変化が出る気配がない。。
やっぱり、ある程度身体機能がある人でないと難しいみたいです。
僕の進め方が悪いのもあるのですが、形にできるのはどのくらい先になるのだろう・・・・。
しかし継続して続けます。協力してくださった方々には、感謝しかありません。

というわけで今日はこれから稽古です。
なんかハロウィンに友人から誘われているのですが、
これも一つの経験と取るべきなのか、
人生折り返しているおっさんが若い人たちと仮装してはっちゃけるか。。。
仮装は自信があるんですけどね。ミッキーマウスとかミニオンズとかの仮装を見て生ぬるいとか思ってますし。
posted by さとし at 17:44| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミレニアル起業家の 新モノづくり論 (光文社新書) 新書 仲 暁子 (著)



ミレニアル起業家の 新モノづくり論 (光文社新書) 新書 仲 暁子 (著)

読了。面白かったです。大学から色々とビジネスを起こすことに面白さを感じた著者が、ゴールドマンサックス、フェイスブックと渡り歩き、日本で会社を起こしています。

これからのビジネスの立ち位置とか仕事との向き合いかが、著者を含めて、生まれた時からネットインフラが整備された環境にいるミレミアル世代がどのような考え方をしているのか、どのような働き方をしたいのか、などを述べていました。

著者が時々、自分の考えや生い立ちなどを書いているのですが、ご両親が研究者だったそうです。
「両親が騙されているのではないかと思っていた時期があった」などの記述がありますが、
深い洞察や理路整然とした文章はそのような環境から育まれたのだろうし、
不安定な両親の生き方から早く自立をしたいと思ったのだろうなぁ、と
そんなことを感じました。

若い人はいっぺん読んだ方がいいと思います。刺激を受けます。
posted by さとし at 09:19| 京都 ☁| Comment(0) | 読書・映画・芸術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

関わり方

今日も、仕事です。
バタバタでした。
前回、研修の関係で代わりのスタッフに行ってもらった利用者さんがいるのですが、
いろんなスタッフを比較していて「どうせ運動するのだから気楽に楽しくしてくれる方がいい」、
というようなことを言っておられました。
人によって、相性とか性格とかあるのですが、
その人がどんなことを求めておられるのかを評価したり、考えたりするのは大切であって、
ただ運動するだけではなくて、
心理的なアプローチでも人の情動などから変化するので、
こちらもどのように変わって欲しいかを考えながら
関わらないといけないなぁ、と改めて感じました。

というわけで、今日の夜は自分の時間が結構あるので
色々と溜まっていることを片付けます。
posted by さとし at 18:24| 京都 ☀| Comment(0) | 読書・映画・芸術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする