2017年06月08日

枠を壊して自分を生きる。: 自分の頭で考えて動くためのヒント (単行本)  石黒 浩 (著) 世界の[下半身]経済がわかる本―データで読み解くセックス産業の舞台裏 門倉 貴史 (著)



枠を壊して自分を生きる。: 自分の頭で考えて動くためのヒント (単行本)  石黒 浩 (著)

この本も面白かったです。アンドロイドの研究の第一人者の石黒先生ですが、
本当にドライな考え方というか、実際にお会いしたらどんな感じなんだろうと思います。
でも、実際そうなのだろうなというようなことも書かれていて、
例えばアンドロイドやロボットが意識を持つようになるのももうすぐみたいですが、それは
人間が有機物ではなくて無機物になって宇宙にいくため、と言われています。

でも、他の研究者も、そのうち、ビッグデータに直接脳からアクセスできるようになって
ど忘れがなくなるだろう、みたいなことを言ってましたが、
本当に銀河鉄道999の機械の体が当たり前の時代が来るんでしょうかね。

あと、本当に何かを成し遂げようと思えば、死ぬ気になれば
リミッターが外れる、というようなことを言われていましたが、確かにそうかもしれない、と思いました




世界の[下半身]経済がわかる本―データで読み解くセックス産業の舞台裏 門倉 貴史 (著)

これは、セックス産業の紹介本みたいな気もしましたが、
世界中のセックス産業のあれこれについて紹介されていて、その中には知らないことも多く面白かったです。
ソープランドの法的なカラクリとか、世界中のこんなヤバい場所があるのか、とか。
まあ病気になりたくないし、お金もないし、社会の負の部分を見てしまうしで、行くことはないと思いますが。
posted by さとし at 18:41| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書・映画・芸術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不寛容社会 - 「腹立つ日本人」の研究 - (ワニブックスPLUS新書) 新書 谷本 真由美 (著)

ここ数日で読んだ読んだほんのレビューです



不寛容社会 - 「腹立つ日本人」の研究 - (ワニブックスPLUS新書) 新書 谷本 真由美 (著)

これは面白かったです。谷本さんの本はいつも読んでいるんですけど、
イギリスに在住されています。
で、ベッキーとゲスの極み乙女のボーカルの人との不倫騒動についてから端を発して、
日本や中国、スペイン、アメリカ、イタリア、イギリス、フランス、インドなどの国の
文化や社会背景から、今回の事件のような社会的なパッシングや世間の状況についてを開設しています。

はっきり言って、僕はワイドショーや芸能ニュースや誰が不倫をしたとか死ぬほどどうでもニュースなのですが、
(日本人のほとんどがそう感じているかもしれませんが)、
マスコミがこれほど叩くのは、日本人は同質であり、こうでなければならない、という潜在意識があるからでは、と
谷本さんは解説しています。
人はそもそも違うものである、という前提ならば不倫をしてもよいという価値観の人がいても仕方がないんじゃないか、という考えになるでしょうし、
ある程度事実が正しいと確信を得た上でその人を袋叩きにするような状況も、
わたしたちの共通価値観に従わないものは、こうなる、という見せしめ的なものもあると思うんですよね。

これがアメリカだと、人は人、違って当たり前だからとドライで他人に興味を持つ余裕はない、
中国は、どれほど影響力を持っている人であるかが重要なので、どんどん自己主張をする、
南部イタリアは、女性はこうあるべきだという価値観があってどんどんと口を出してくる、
スペインは日本のように仕事が終わってからお茶で長々と時間を過ごし、他人の噂話をする、
イギリスは、ワイドショーなどは流れておらず、芸能ニュースは王室など上流階級の人たちのニュースばかり、
そして汚職があっても舛添前東京都知事のように一人を袋叩きにするのではなくて全政治家の不祥事を後悔する、
などなど、とても面白かったです。

相対的な価値観解説が面白かったです。
こういうニュートラルな視点の本はいいですよね。
「日本人はすごい」とか、「韓国は本当に末期的だ」とか一方的視点の本はもう飽きました。
posted by さとし at 18:33| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書・映画・芸術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう木曜日

もう木曜日です。明日は金曜日。あっという間に1週間です。
今月が終われば2017年ももう半分終わってしまうわけで
時間が経つのが早すぎます。
毎日大したことしてないのに。
そして最近テーブルで力尽きて寝落ちしてしまうことが増えてます。
疲れてるんでしょうか。

そして今日は亡き母親の誕生日でした。
身体としてはなくなっても記憶の中には生き続けているわけで、
もし、生きていれば70歳近い歳になっているわけで、それはそれで想像つかないですが、
今の僕をみてどのように感じるんでしょうか、と思うわけです。
そういうわけでこの6月〜7月の時期は母親の誕生日や闘病期間の思い出が強くて
昔の色々な思い出が特に頭の中をかけめぐる時期だったりします。

さてさて、先日、職場で通所リハビリを実施するかどうかの話し合いをしたのですが、
肯定意見、否定意見、色々な出まして、結局結論出ずになったわけですが、
今後どうなるんでしょうか。開設するとしたら面白そうですけどね。
新しいことを試みる時は絶対に批判や慎重な意見は出ますしね。
僕はどっちでもいいというのが正直なところですが。
今の環境や条件でやるのはちょっと難しいかもしれない、
しかし、それなりに環境や条件を整えればうまくいくのではないか、という感じです。

というわけで、今日は稽古に行こうかな、と考えてます。
posted by さとし at 18:17| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

通所リハ構想

やるかやらないかは別として、通所リハの立ち上げを考えなければなりません。

おそらく医療保険の外来リハビリから少しずつ移行していくことになるでしょうし、
経営的には増益になるでしょう。
それよりも何よりも、どんなデイにしたいか、という理念やビジョンの方が大事ですよね。
そうしないと制度が変わるたびに内容が変わってしまうブレブレのデイになってしまいますしね。。。

個人的は、利用者さんが主体的に提案して企画できるような環境にしたいと思います。
例えば、畑を作りたいと誰かが言えば、コーディネートに関わって、利用者さんが野菜を作る、
料理を作る、などの取り組みを行うことができるようにする、
または、自己満足でもいいから昔取った杵柄で、特技をみんなの前で披露するとか。

今、外来リハビリをやっていて不十分だと思うところは、
(本当に機能訓練が必要な方は別ですが)
患者さんは、セラピストが何とかしてくれる、と受け身で施設に来ているところですね。
必要な時期ならそれでいいですが、ある程度の期間が経過すると、そろそろ修了した方が良いかなぁと思っても、
リハビリが終わったらまた痛くなる、とか悪くなる、とかよくなっていない、とか言われて
長期にわたってのリハビリを希望される方が結構おられることです。

そのような方の中には、本当は、いろいろなところに出かけたりする能力があるのに、
施設の患者さんに会うために通われている、医療機関がコミュニティかサロンのようになっていたりとか、
逆に、頑張って通っていただいても、実はセラピストと患者さんの一対一の関係しか構築できていなくて、
リハビリ依存といいますか、人間関係を豊かにするわけでもなく、どこかに社会参加にするわけでもなく、
悪循環に陥ってしまっている方も(言い方悪いですが)おられるわけで、
本当に機能訓練が必要な方でなければ、長期間外来リハビリに来られるのは、いい面もありますが、
悪い面の方が強いような気もするんですよね。

今、僕(ら)は、リハビリテーションを提供しなければならないのに、逆に、
「元の状態にする」にはよくない関わりを僕たちはしているかもしれない、
もしデイを立ち上げることになれば、それらを補うことができる環境にできればなぁと思っています。

近いうちに構想をみんなで深めないと。。。
posted by さとし at 00:51| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

週末

週末はいい天気でした。
もう蛍も出てきてますね。
出勤はしましたが、溜まっていた仕事を片付けたりして
のんびり過ごすことができました。
今は久しぶりに色々と論文を読み始めています。
ちょっと知りたいことがあるので。
もうすぐ母親の誕生日なので実家に遊びに行こうかな。

と言うわけで明日からまた1週間頑張りましょう。
posted by さとし at 01:04| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

女と男の品格。 伊集院 静 (著)



女と男の品格。 伊集院 静 (著)

こんな本を昨日読みました。読みやすいので一気に読みました。
雑誌に連載されていたらしい、読者からの質問にアドバイスしたり、喝を入れたり、
そんな内容でした。
こういう本は星の数ほどあるのですが、
おそらく読者層がそうなのでしょうが、
なんてくだらない質問なのだ、とか、こんな恥ずかしい質問をよくできるな、とか
そのような悩みを80歳になった人が持っていたり、人間は何歳になっても悩みを持って生きていくのだなぁ、
と思った次第でした。
年をとると悩みの質もドロドロになりますね。
posted by さとし at 17:59| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書・映画・芸術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

季節の変わり目

暑さのせいか、なんだかてんてこ舞いの業務のせいか、
疲れでテーブルで突っ伏して明け方まで寝てしまい日が続いています。
そろそろなんとかしないと。
例年、季節の変わり目には体調を崩してしまいます。

論文を久しぶりにまとめて落としたので読んでみたいと思います。
今日は稽古にも行けるかなぁ。

IMG_4169.JPG
この花はガクアジサイと呼ぶそうです。
利用者さんと話をしていると花の種類や地域の歴史や
昔の歌の知識がどんどん入ってきますね。
posted by さとし at 17:54| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

夏バテ?夏バテかも

訪問リハビリとかで外回りが多いからか、この時期はバテることが多いですね。
特に最近のように急に暑くなる時期に。体が環境に追いついていないんでしょうかね。

昨日も疲労のあまり机に向かったまま明け方まで寝てしまうという
受験生みたいな感じになってしまい、そして今だに疲労が取れていません。

さらに、どうも年齢的に大台になったあたりから仕事のやることがどんどん増えて、
帰宅時間がどんどん遅くなります。
責任ある仕事を任せられるようになったとかいうと聞こえはいいですけど。
まあ、自分でやりたいと提案したことがそのまま仕事になるわけなので
自分のせいって言えばそうなんですけど。
そしてやりがいも実際あるわけですが。
今も組織の歯車であることには変わりないですけど、
僕はどうも大人数の職場よりも小さい職場の方が動きやすいみたいですね。

そんな感じで、今日は家で休みます。
まあデスクワークや研究でやるべきことは山ほどあるんですけどね。
posted by さとし at 20:05| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

友の会イベント

先日amazonで購入した書籍が1万円したんですが、
先日本屋で買えば5千円だと知ってショックを受けました。
僕は情報弱者なのでしょうか。

さて、今日は休日でしたが当施設の友の会のイベントにスタッフとして参加しました。
本当にうちの友の会の人たちは歌が好きです。うたごえ喫茶とかが流行った年代なのでしょうか。

イベントコーナーでサークル体験や作品の展示をしていましたが、
中にはプロ顔負けの作品もありました。

自分で自分のことを言うわけではないですが、
スタッフの中でも友の会の方や
リハビリテーションで関わっている方と利用者やセラピストの立場で
はなく比較的気さくにいろんな話ができた方だと思いますが、
健康体操だとか、いろんな場面でそう言う人たちと関わっている場面が多いんでしょうね。
雑談が中心でしたが、色々と友の会の方と交流をすることができました。

さてさて、今晩もやらなければならないことが山ほどあります。
今、カフェでこのブログを書いていますが、
またお仕事に戻るとします。
posted by さとし at 18:39| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

変化

個人的な想いなんですけど、

何事かにもう辞めたい、逃げ出したい、と思うことがあります。
例えば仕事もそうでしょうし、人間関係でもそうでしょう。

その一方で、今辞めたら不安だ、とか今逃げ出したらそのあとどうすればいいんだろう、
とか不安になることがあります。

そんな時は、流れに身を任せるのもありかと思ったりもします。

例えば、例えばですが、こんな会社ではやっていけない、けども
辞めてしまったら次の仕事はあるのだろうか、とか、
そういう迷いがある時はもう少し冷静に様子を見ても良いのではないかとも思います。
人は常に変わるものですし、その人を取り巻く状況も常に変わります。

もしかしてしばらくして自分の周りに応援してくれたり新しい
環境に誘ってくれる人が現れたり、
頑張らなくても自然に退職できたりするものです。

人間関係でも、この人との関係を絶ってしまったら
自分の居場所がなくなるかもしれない、とか
思ったりして迷っている時はそのままで良くて、
自分もそのうち仕事での任せられる立場が変わったり
結婚したりで優先順位が変わったりするかもしれない、
そうすれば、否が応でもその人との関係が変わらざるを得なくなります。

運命とはそういうものなのではないかと思ったりもします。
だからどうでもいいことであれば自然に身を任せるのもありかと思うわけです。

本当、人は常に変わり続けるものですから。
posted by さとし at 19:44| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする