2017年09月10日

東京二日目

東京観光2日目の今日は、大江戸博物館に行きました。

予想外に面白くて3時間ほど滞在しましたが、
江戸時代の東京の様子、そして明治以降の東京の様子が、
政治状況や庶民の様子や文化などいろいろな側面から開設されていて
なかなか面白かったです。

家の様子とかに興味を持つのは職業柄でしょうか。

昨日のすみだ水族館はあまり面白く感じませんでしたが、今日は面白かった。
単純に僕の好みの問題かもしれませんね。

ちょっと疲れましたが心地よい疲れですね。
寝て明日に備えます。
posted by さとし at 23:34| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京

東京に来ています。
身内に会うためです。
そして、飲んだり食ったりしてホテルでまったりしているところです。

↓スカツリー(結構くる機会がある)
IMG_4368.JPG

今回は、空いた時間で、生まれて初めてすみだ水族館に行きました。
この水族館は・・・行かれた方はいるでしょうか。
そして面白かったのでしょうか。

僕は、う〜〜ん、ちょっと。
まだ、地元のこじんまりした水族館の方が面白いなぁ、と思いました。
地元に生息している魚とかの紹介や解説などもあるとなおいいなぁ〜と。

全体的にちょっと、エンタメ性に走りすぎてる様な気がしました。
今流行りの、SNSなどの自撮りで映える様な水槽だったり
(書いてる僕も撮ってみましたけど↓)
IMG_4370.JPG

見た目綺麗な魚とか、可愛い魚とか、派手な魚とか、萌える姿の魚とかが
見た目重視でまとめられてる感じで、この水族館ならでは、ってのがあんまり感じられなかった印象です。
見た目可愛い魚や綺麗な魚を求めてる人たちは面白いかもしれませんけど。
人が多くてじっくり見れなかったのもあるかもしれませんけど、これは仕方ないですが。

って感じです。
でもそのあとの身内との宴会は本当に楽しかったので、
みなさんの健康と幸せを願いつつ、
明日まで滞在予定です。
posted by さとし at 01:34| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

葬儀

昨日は、急な祖母の訃報のために、滞在時間4時間でしたが、葬儀に参加してきました。
滞在時間4時間の弾丸葬儀でした。

祖母の棺を親戚一同で送り出しました。
火葬されてたあと遺骨を壺に入れている時も祖父の同じようなシーンを思い出しました。
こうして若い人に色々と教え伝えてくれているのでしょうね。

職業柄、色々な方の最期に出会ったり、家族の方の思いに寄り添ったり、
実際に僕の家族でもそういう実体験もあったわけですが、

家族関係が最悪で、こんな最期は自分は嫌だ(不謹慎ですが)、とか
この家族さんはみんな患者さんのことを大事にしてるなぁ、とか
色々と思ったりしたものです。

そういう場面を何回か経験して感じたことは、
何歳まで生きたとか、やりたいことをやってきて思い残すことがないとか、
そういうことも人によっては大事かもしれませんが、
お葬式で、集まった人が、亡くなった方のことを本当に好きで
本当に名残を惜しんでお見送りに来てくれる様なものが
一番いいんじゃないかなぁ〜とか思うのです。

そういう意味では、昨日の祖母の葬儀は
身内だけでしたが、すごく良かったです。
僕が産まれたときからずっと僕のことを知っている祖母です。
(他の孫にとっても同様ですが)
目に見えないものですが色々と本当に伝えてもらい学びました。
すごく感謝してます。不覚にも泣きそうになりました。

祖母の長女であって、僕の母が亡くなってもう10年ですが、
あちらの世界で二人で積もる話をしているかもしれません。

それに、お葬式ということで、久しぶりに会った同世代の親戚とか
個人的にはすごく嬉しい気持ちになりました。
30年以上ぶりに会った人や、ある親戚と初対面の奥さんとか。

寂しい気持ちではありますが、
すごく色々なものを持って帰ることができた一日でした。
posted by さとし at 19:36| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

訃報

今日は、勤務中に身内(祖母)の訃報があり、
明日急ですが、忌引きを使って葬儀に参列することにしました。

いや、「葬儀より仕事を優先して」という話もあったのですが
やはり、おめでたい席とか楽しい場とか、
そういう場には無理して参加しないくてもいいとは思いますが
最期のお別れはしっかりとしたいという個人的な考えもあったりします。

僕にとっては優しい祖母でしたが、
若い頃に色々と苦労したそうで、
昔撮った杵つかの
怖さとか威厳とか、そんな雰囲気はありました。
その後は僕の年齢の分だけ色々と思い出はありますが
昨年はみんなで遊びに行って挨拶に行って
年相応に歳をとっていて、
いい感じで歳をとっているなぁ、と思っていたものです。
とりあえず明日は最期の挨拶を。
ズボラなのでこういう時でないとマナーとか調べない自分がいます。
posted by さとし at 20:53| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

Parkinson's disease alters multisensory perception: Insights from the Rubber Hand Illusion.

Neuropsychologia. 2017 Mar;97:38-45. doi: 10.1016/j.neuropsychologia.2017.01.031. Epub 2017 Jan 31.

Parkinson's disease alters multisensory perception: Insights from the Rubber Hand Illusion.

Ding C1, Palmer CJ2, Hohwy J2, Youssef GJ3, Paton B4, Tsuchiya N5, Stout JC5, Thyagarajan D6.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=rubber+hand+illusion+parkinson

パーキンソン病は中脳黒質のドパミンの生成異常によって生じる病気だと教わりましたが、
ドパミン作動性ニューロンの病理的変化によって統合失調症が生じる・・・ということは、
パーキンソン病でも統合失調症のように自己の身体所有感が弱くなるのかなぁ、
(臨床でも前々からそんな動作しているような・・・とか思っていたので)
とか思っていたら、この論文を見つけました。
パーキンソン病は健常人と比較してラバーハンド錯覚が起こりやすいそうです。
脳内での感覚情報の統合がうまく行われないと、疾患に関わらず、身体所有感の低下が起こりやすいみたいですね。
臨床で(僕の経験上ですが)、
視覚や触覚などで代償させることで不随意運動が軽減したりするのですが、
ぼんやりした身体所有感である身体に知覚の手がかりを与えているからかもしれませんね。
posted by さとし at 18:22| 京都 ☁| Comment(0) | 文献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時間は有限

昨日も寝落ちしてました。
季節の変わり目だからでしょうか。
今日から頑張ります。
時間は有限。
週末は東京(北朝鮮建国記念日大丈夫だろうか・・・)。
それまで頑張ります。
新しい研究計画でモチベーション上がってます。
やってることは細々とですけどね。。。
posted by さとし at 18:11| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

愚痴ってぼやきたくなる日もある。

北朝鮮がまた核実験を実施して、そして、水爆の実験に成功したとかニュースが流れてきました。
これは9月9日の北朝鮮の建国記念日に何かありそうな気がしてきました。

なんだか、ABCD包囲陣を敷かれて
追い詰められて、真珠湾を攻撃した第二次世界大戦時に
枢軸国だった頃の日本を彷彿させる気もしないでもないですが、

北朝鮮が逆に焦っていて、間違った方向にどんどん進んでいる気もしないでもありませんが、
そろそろ中国も北朝鮮に送っている石油パイプラインを止めるかも。
戦争回避に向けて動くかも、そんな感じですが、僕ら庶民は何もできないというところですね。

それはさておいて、ただいま色々と調べ物をしています。
年に何回か訪れる、やるさなさや虚無感が色々と噴出している時期であって。

うちの職場は組合も強いし、職員が働きやすいのではありますが、
それに気づいてか気づかずか、勘違いした人も中には出て来るわけで、

30代も半ばの中堅キャリアのセラピストに対して、
あなたは、就業時間って何か知ってるの?的なことを注意をしたりとか
レセプトの取り扱いというところでちゃんとリテラシーを持たないと
不法請求になるやろ、と注意をしたりとかがあって、

本当に、僕がおっさんになったためか、
ジェネレーションギャップと
一言で言ってしまえばそれで済むのかもしれませんが、
他の職場なら、まずやらないようなことが、
できてしまう雰囲気があるのだろうし、

こういうぬるま湯感が本当に嫌になることもあるんですよね。
そういうぬるま湯に確かに僕もいるわけですが、
環境に甘えたくないわけで、自分なりに勉強したり、
職場や医療の向上を図ることができないかと色々とやったりしているわけですけど。
なんというか、確かに緩いんだろうなぁと。
僕が前にいた職場は、誰かが軍隊みたいな雰囲気で有名だったらしいですし、
大学院ではそれはそれは、鬱になったり不眠症になるくらい追い込まれましたけど、
それでも自分の中では好きでやってることだったし、成長したいと思う気持ちはあったと思います。
今もそういう気持ちはあるし試行錯誤で取り組んでいるわけです。

けれど、今、仕事を始めて数年の若い人達は一番伸び代がある時期だと思うのですが、
今の職場にいて、自分は成長している実感はあるのでしょうか。
外部に発表をして他人の目から評価されることもなく、
上司からも指摘をされることもなく
論文も読まないだろうし、研究もしないだろうし、
この小規模の閉鎖された空間で。
井の中の蛙として勘違いしてしまうのかなぁ、と。
この職場辞めてセラピストとして通用するのかな、とか。
そして、この職場には僕を含めて背中を追いかけたくなるような上司はいるのかなぁ、と。
そういう人がいない後輩は不幸だと思いますしね。

まあ、僕はまあ今の職場を辞めるつもりはないですし、
ぬるま湯にいるのは僕も同様なので、
そういう意味を込めて、行いをきっちりとして、
ちゃんと仕事に取り組んでいかないといけないなぁと思うわけです。
posted by さとし at 17:18| 京都 ☀| Comment(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

嫌なことだけど

今日も一日終わりました。

後輩をちょっと注意することがあったのですが、伝えるのは難しいなぁ〜と感じました。

僕は自分では人からどう見られているのかよく知りませんし、あまり知りたいとも思ってませんが
普段は、穏やかだとか温和だとか癒し系だとか言われることがあるのですが、
実はそんなのは仮の姿で
結構、気になったことは言ってしまわないと気が済まない、ということがあるのですよね。

で、仕事で今まで気になることってどんなことかなぁ、と考えてると、
挙動から、仕事とちゃんと向き合っていない、仕事を舐めてるやろと感じる人とか、
組織の中にいるのにあなたの会社ですか、ここは、という感じで
過度に自分のことばかり考えている人とか、
まあ、あとはどう考えても筋や道理が通らないことなどですけど。

今回も、後輩に、確かに緩い職場ではあるけれど、
一応、仕事は仕事なので、勤務中はけじめをつけようよということを伝えたのですけど、
うまく伝わったのでしょうか。
ちょっと感情を出してしまったので、傷ついたりしていないだろうか、とか、
ヒトは情動に訴えた方が効果があるから
多少感情を出したくらいで丁度よかったのだろうか、とか、

言いたくないことを言うとか嫌な役割ですけど、
全体として見たら必要な役割であるわけですしね。
posted by さとし at 18:48| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

今日

昨日も気がついたら寝落ちしていました。
おまけに最近夜は涼しくなりつつあるので若干風邪を引いた感じです。
今日は仕事に健康診断。そして夜は稽古に行きます。
色々と物事が思うように進まないこともありますが、
それも、結果であり実力なのでしょうね。
日頃から地道にやらないとダメですよね・・・。

というわけで、少しお勉強します。
posted by さとし at 17:34| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

寝落ち

昨日は、食後気がついたら朝でした。
そうです。寝落ちしてしまったのです。

あかんなぁ〜。
今日はちゃんと色々と溜まってる用事をします。
posted by さとし at 18:11| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする