2017年11月02日

病院と在宅

最近は臨床でバタバタです。
スタッフが1名怪我で休んでいるので・・・。

訪問リハビリとか在宅のリハビリをやっていて感じるのは、
結構、みんな気楽に関わることができるセラピストを求めている、ってところですね。

病院と在宅という環境の違いもあるでしょうし、
セラピスト側の求められていることも違うところもあると思いますが。

環境の違いというのは、怪我や病気になってまもない時期は、
少しでもよくならないと、よくしないと、という患者とセラピストの目的が一致するのもあるだろうし、
患者さんも早く家に帰りたい、と思うからかもしれません。

求められていること、というのは、病院は時間をいかにうまくさばいてたくさん患者を見るか、
というような経営的な側面や、業務的な縛りもありますし、
在宅は、どちらかというと、長いお付き合いになるし、年配の方の方が多いし
ずっとこの人とやっていきたい、と思われることが多いかなぁ、と。
あ、でも外来でも一緒かも。

けれど、年配の利用者さんが多いからかもしれませんが、
利用者さんのペースや空気に合わせてくれて、楽しく動くことができる人、
というのが強い印象ですね。

病院ではまさに運動療法という感じで、姿勢や角度に気をつけながら
負荷量や回数も細かく考えてやっていましたけど、

在宅では、体操って感じですね。ラジオ体操みたいな体操をしたり、
創作体操みたいなものをしたり、楽しんでやってもらう中に
いかに自分がアプローチしたいことを取り入れるかって感じです。

そういうわけで、今日もよく喋りよく運動しました。
明日から3連休ですが何かと用事が入っています。
posted by さとし at 18:45| 京都 | Comment(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

座長

府士会・県士会の学会が近々開催されるのですが、
座長の依頼があったので引き受けました。
初座長です。非常に緊張してます。
府士会・県士会の学会はもう10年近く行ってないし、
今までも発表を聴いている時に、座長の質問などから、
この人はほんまに分かってるのか?とか色々ツッコミを入れていたのですが、
僕も間違いなく突っ込まれるのでしょう。

今までの経験のままの学会ならば、
質問者は質問しないでしょうし、
座長の僕が質問をしなければならない、
その質問もちゃんと前向きな含みを持たせるような内容にならないといけないわけです。

そんなわけで、多分発表者よりも緊張すると思うのですけれど、
僕に依頼が来たということは、ある程度は信頼してくれているからだと思うし、
自分の成長のためにも、周りの人に自分の力を還元するためにも引き受けたわけですが。
自分の力を還元するどころか自爆しないように気をつけたいと思います。

自分のキャラはどうもフォーマルな場所は苦手なようなので。
posted by さとし at 02:06| 京都 ☁| Comment(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

ヘルスプロモーション教室

先日は、職場で地域の人を対象にしたヘルスプロモーション教室が行われました。
台風が近づいている日でしたが、だんだん参加人数が増えてきて施設の部屋が一杯になるくらいの参加者でした。

職員が基本的にパワーポイントでプレゼンテーションを行う形式なのですが、
それぞれの回でスタッフの個性が出ていて面白いと思います。
僕は、1回目の教室を仕切らせてもらいましたが、
2回目も3回目も、路線は違えど決して間違いではない。
見ている自分も視野が広がった気がします。

スライドも、Drがプレゼンするスライドはちょっとお年寄りには難しいんじゃないか?と
思ったのですが(実際難しかったですが)、やはり喋りは素晴らしく、
プレゼン方法で一つで全然変わってしまうんだなぁ、と感心しました。

こういう取り組みを必要だと感じて取り組んでいるスタッフと、
日常業務も忙しいのになんでやらないといけないのか、というスタッフがやはりいるのですが
そんなネガティブなスタッフも人前で喋って、勉強になった、と言ってくれた人もいて
職員の成長のためにも良かったんじゃないかなぁ、と思いました。

個人的には、僕はやっぱり成長したいと思っているし、
どんどん新しい取り組みをしたいなぁ、と思っているのですが、
施設全体として取り組むのは、いろんな人がいるのでやはり時間がかかるし、
僕はもどかしさを感じます。一人でやったほうが全然、気楽だとも思いますし。
両方同時に進めることができるように工夫しないといけないと思いました。
posted by さとし at 22:44| 京都 ☁| Comment(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

SNSという闇

Facebookとは恐ろしいツールで、人間関係が可視化できるんですよね。
僕は、まだ日本で流行る前は少人数で繋がってヒソヒソと楽しんでましたけど、
最近ほぼ投稿していません。他の人の投稿を見るのはよくやりますけど。

その人がどんな人と知り合いなのか、なども一目瞭然なので、
だいたいどんな価値観を持っている人なのか、というのも推測できたりするのです。

facebookなどでのあるあるですけど、
えらいマルチやってる人が目につくなぁ、と感じます。
人と繋がって、知り合い増やしてなんぼの商売(?)ですから仕方がないですけどね。

やたらと大人数でのパーティのイベントをアップしている、
健康や美容や、将来のお金について考える勉強会を頻繁にやってる、
仕事を志事と言い換えたり、最高を最幸と言い換えたり、えらいポジティブな造語を文章に入れてくる、
夢とか成長とか向上心を前面に押し出してくる、「出会いに感謝」とかいろんなことに感謝している、
ロバートキヨサキの本とか、自己啓発本を愛読書にしている、
友達の数が異様に多い、

Facebook上で上述のような特徴があって、さらにプロフィールに
「●△アドバイザー」みたいな意味不明な肩書きがついていたり、
個人事業主などの肩書きがあればぼぼマルチやってる人確定みたいな感じです。

で、お友達を見たら、同じような雰囲気を持った(うさんくさい)人たちが
だいたい繋がっているわけです。

マルチの会議みたいなものがある時期に、だいたいみんな
アメリカに行ってて、グランドキャニオンが壮大だの、ラスベガスはすごいだの
同じような投稿をしていて、ああ、やっぱりこの人もか、とか思ったりもするわけです。

マルチはネズミ講とは違ってとりあえずは違法ではないらしいですし(迷惑なものには変わりませんが)、
別に否定はしませんし、笑って済ましますけど、同業者がやってると非常に気分が悪くなります。

特に医療職って専門的な勉強をして、資格とって知識を持っている人であって、
患者さんに寄り添って色々と考えていかなければならない職種のはずなのに、
そんな人が、エセ科学を根拠にもっともらしい喋りで情報弱者に商品を売りつけるような人は
本当に嫌です。
専門知識を持っている人たちがこういうことをやるってことは、
普通の人がやるよりもはるかに責任は重いと思います。

けど、Facebook見てたら、同業者にも本当に多いんですよね。
っていうか、Facebookってそんな現実社会ではダークな部分も
ものすごく陽のもとに晒されるからほんまに使い方に気をつけないといけないな、と思います。
posted by さとし at 18:51| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

発奮

職場で取り組んでいる、ヘルスプロモーションや、地域調査、
もう取り組みを始めて数年が経つのに、
それらが一向に進まないことに対して忸怩たる思いを感じていました。

トップの一声で、職場を挙げての取り組みだと始まったのに、
チームごとに会議報告があってもなくても何もなく、
状況が進捗しようがしていまいが、どっちでもよく、

実行委員の中であれこれ悩んだりどうしたらいいのかを議論するわけですが、
色々と議論をしても委員じゃないない人たちは一向に動かないしで。

そのような状況で昨日、会議で上の人に言ってしまったわけです。
「職場の方針としてやっているはずなのに
トップがちゃんと号令をかけないと誰も動かないし、
真面目にやっている人たちがしんどい思いをするのって
おかしくないですか」と。

こんな感じでダラダラやっていると
僕らの取り組みを世に発信するまでこの施設が存在してるんだろうか?
僕らは生きてるんだろうか、とか思ったりもしたわけです。

けれど、その一方で自分の力量不足も感じたりしていて、
マネジメント力や、提案力など、
職場の近くでうちの施設の取り組みについて
勉強をできるような環境を探したりしているわけです。
何ならもう一度大学院に入り直してもいいかな、とすら思っているのですが、
職場の近くのうちの施設で取り組んでいることと非常に近い研究をされている
某センターに勉強がしたいので、勉強会などに参加しても良いかと
連絡を取らせていただいたら勉強会のときに声をかけてくださる、
とお返事をいただき、非常にテンションが上がってきました。
勉強会が楽しみです。

同時に、僕も改めて、真剣に向き合わないといけないな、と思いました。
真面目にこの分野の論文なども読んでいかないといけないなぁ、と。

そこでちょっと思ったこと、
やはり、物事から逃げずに、向き合って取り組むことで
壁にぶつかって問題意識が生じる、
そして、それを解決しようとして人は成長する、
そうやって生きていきたい。

いかがでしょうか。偉そうですけど。
でも、これをしない人が何と多いことか。
口ばかり達者で。

それを考えれば、問題にぶつかるためにも
どんどん行動していった方がいいのかもしれませんね。

というわけでこれから家に帰ってご飯作ります。
posted by さとし at 18:09| 京都 ☀| Comment(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道感想

昨日の北海道は、雪でした。雹のような雪に打たれ、
台風で飛行機が欠航になっており、なんだかんだで4時間遅れで
無事に家に帰ることができました。

北海道では、食って、出して、寝て、をずっと繰り返していましたが、食べ物が本当においしかったです。
美瑛は野菜が有名なんですね。
美瑛で食べた料理は、サラダや野菜鍋、自家製ヨーグルトや自家製味噌など、
素材で勝負したものばかりでしたが、全て自信があるからこそそのような料理が出せるんだろうなぁ、と思いました。

小樽の海の幸もひたすら美味しく、高いのは仕方ないですが、三角市場では、採れたばかり?のカニやタコが
大量に売られていて、買って料理したかったなぁ・・・と。イクラやつぶ貝の松前漬は買いましたけれど。

スープカレーも美味しかったです。
ジンギスカンも食べたかった・・・・。
そんな感じで北海道を堪能できた旅行でした。

オーストラリア旅行まであと2ヶ月切っているんですね。色々と計画立てないとと思っています。
posted by さとし at 01:55| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

成功者が実践する「小さなコンセプト」 (光文社新書) 新書  野地 秩嘉 (著)



成功者が実践する「小さなコンセプト」 (光文社新書) 新書  野地 秩嘉 (著)

さらっと読みました。成功した人がどんなことを大切にしているかを3〜4ページにまとめたものです。
身が引き締まる思いでしたが、一番良かったのは最後の高倉健さんのエピソードですね。
俳優は顔を見られるから、毎日美容院に行く、時代劇だと1ヶ月前から刀を差して生活をする、
偉い人そうでない人分け隔てなく接するところなどもです。
プロ意識に本当に頭がさがる思いでした。
posted by さとし at 11:45| 京都 ☁| Comment(0) | 読書・映画・芸術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

北海道

昨日より北海道にいます。
美味しいものを食べて、綺麗な風景を見て、
のんびり過ごしています。
カポエイラの歌も、読書も、少しの勉強もできたりしています。

美瑛の「青い池」や北一硝子、そして小樽で海の幸などを食べています。
IMG_4491.JPG
IMG_4486.JPG
IMG_4497.jpg
IMG_4499.JPG
台風の関係で飛行機が飛ぶのかどうか不安ですが、のんびりしています。
たまにはこうやって現実を離れるのもいいもんです。
posted by さとし at 22:57| 京都 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

バカ論 (新潮新書)ビートたけし



バカ論 (新潮新書)ビートたけし

読みやすくて一気に読んでしまいました。
いろんな物事に対して歯に衣着せずに言いたい放題の文章で、面白かったです。
笑いってやっぱり、そういう、世間体とか権威を笑い飛ばしたり、
物事の裏の面をチクリと刺したりするものだ、と思ったりするもんです。

たけしさんは権威に流されずに自分に正直に生きてますよね。
そんなところは見習わないとな、と思います。
posted by さとし at 01:38| 京都 ☁| Comment(0) | 読書・映画・芸術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

今日も雨のなか訪問リハビリに行ってきました。
結構長い関わりの方は、しょうもない(とか言ったらいけませんけど)雑談とか、
無駄話をしながら言葉遊びをするのも面白かったりして、
そういう中でいろんなことも気がついたりするわけですが、
人によって違う人もいますが、
楽しく関わって欲しいと思っている方が大半ですしね。

明日も雨で週末は台風で、旅行はいけるのでしょうか。

というわけで明日も頑張ります。
オーストラリアまでもう2ヶ月切ってるんですね。楽しみです。
posted by さとし at 00:47| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする