2016年05月30日

インスピレーション

人はだいたい、それぞれの道を歩いているわけで、
時間の経過とともに、かつて仲が良かった人も疎遠になったり、
久しぶりに会ったとしてもがっかりしたりして、もう二度と会うことはないだろうな、と感じる人もいるわけです。

僕の中でまた会いたいと思う人はだいたいにおいて、
不満や愚痴を言わないし、他人と比べて生きていないし、
環境のせい(例えば職場のせいとか、上司のせいとか、パートナーのせいとか)にしないで
自分で自分の行動に責任を持って飛び出していくことも厭いません。
それと、自由に生きている人であったり、世間体を気にしない人であったりで、
結果的に地位とか役職とかある人もいますけど、それらを目的としている人ではないです。

昨日は久しぶりにそういう人と飲んできたのですが、本当に面白かったです。
エキサイティングに生きていると思うし、僕がエキサイティングと感じたことは
本人にとってはそう感じているかは分かりませんが本当にすごいと思いました。
厨二病のように声を上げて自己主張をするわけでもなく大きく見せるわけでなく、
意識高い系の人たちみたいに、頑張っている頑張っているとアピールするわけでもなく、
淡々と日々やるべきことをやっているのです。
そういう感じなので喋る時も本当に自然体で、肩肘張らずに楽しく話すことができます。
次に会うことができるのはいつになるかわからないけれど。
次、僕も成長して、いい歳の取り方をしないとなあ、と思いました。

ただし、楽しすぎて飲んだ酒は10杯を越えましたし、その後に行った稽古は案の定ボロボロでいろんな人に迷惑をかけてしまいました。そして今日は、脳から信号出ていないのかと思うくらい体が動かず1日死んでました。

しかし久々に目が覚める感じでした。
僕が自分の人生の中でできれば死ぬまで関わっていたい数少ない一人であって、
幸せを願う人の一人です。
そういうわけで、明日からも頑張ります。



posted by さとし at 01:05| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

東京遠征(??)

花の都東京に行ってきました。

身内が東京に住んでいるのでたまには顔を合わせに行かないと、という理由と、
せっかくなのでカポエイラのRodaをやっているグループの日程に合わせていこう、という理由とで、
2日間、2グループのRodaにお邪魔して、そして身内と親睦を深めて帰って来ました。

Rodaでは上級者の何人かともjogoする機会があったのですが、
スタイルの違いもありますけど、グループが違う人とやるとなかなか自分の思うように動けないこともあって
どうすればいいのか、と課題を持って帰ることができました。
総じて楽しかったです。

楽しい、という情動は辛いだけでも楽なだけでも得られないと思うし、
ただ快楽に流されるままにドンチャン騒いだりとか、だらだらとつるんだりとか、
そういうのでは感じないと思うんですよね。
自分に足りないものに気付いてどうすれば良いか考える時とか、
練習をして、新しいことができるようになったりとか、
今後に向けて何をすれば良いのかがわかったりとか
そういう未来志向的な感覚を持った時に楽しく感じると思うのです。

今回はそういうのをたくさん感じることができました。
明日から仕事とか稽古とか頑張れそうです。

やっぱり思いっきりメリハリ利かして日々過ごさないとダメですね。
というわけで京都に戻ります。

posted by さとし at 18:09| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

兼六園

この週末を利用して石川に旅行に行きました。
IMG_3181.jpg
主に、回ったのは、兼六園、金沢城、そして21世紀美術館という、金沢旅行の定番コースでしたが、
なかなか楽しめました。

兼六園はただの公園やろ〜と思っていたのですが、いたく感動しました。
日本庭園の技術を集大成したような感じで、ちょっとした木と木の間の空間とか、川に置かれた小石とか、さりげないところに美を感じてしまい、脳内ドーパミンが分泌されてしまいました。
IMG_3184.jpg
IMG_3182.jpg
IMG_3185.jpg
芭蕉の句もありました。

もう、こういう寺社仏閣や庭園に趣を感じるようになれば大人の仲間入りですね。
10年前の自分だとどのように感じたのでしょうか?ただの庭園としか感じ取らなかったのでは?

そしてその日の晩は前職場の後輩と会って飲みました。
意外と何も変わってなくて、もっと飲みたかったのですが次の日仕事ということで早々にお開きに。
2軒目で相方が酔い潰れるという事件(?)もありましたが楽しい旅になりました。

後輩との飲み会では色々と感じるところがありました。
この歳になると、本当に人の性格が二極化するというか、
ネガティブに愚痴や不満をいう人か、ポジティブに楽しいことをいう人か
2種類しかいなくなるんじゃないかと思うくらいそう感じるわけです。

久しぶりにあった友達や友人が愚痴や文句ばっかり言ってると
おいおい、大丈夫かと思ったりもしますが、意外とそういう人は多かったりします。
けど、やっぱり明るく楽しく前向きに生きている人はまた会いたいなぁと感じたりしますし魅力的です。

ましては、もう長年同じ職場にいて、だんだん責任ある立場になれば、
自分一人のことを考えていれば良いだけではなくて、職場全体が良い方向へ向くように
マネジメントをすることを求められたりするわけです。
上司の愚痴を言ったりしていても、あなたももう上司なんだから・・・とか感じたりすることもありますが、
周りに影響を与えていく役割をだんだんと求められるのかなぁ〜と感じたりします。

最近の自分が求められていることだったり、
最近聞いた同級生の愚痴だったり。

まあ後輩に関しては、愚痴を言っているわけでもなく、不満を言っているわけでもありませんでしたが
次会うときにまた楽しく飲めるように頑張って欲しいなぁと思いました。

そういうわけで明日から仕事です。
気持ちを切り替えて頑張ります。
posted by さとし at 23:17| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

正月休みを振り返る

正月も無事に終わり明日から平常運転に戻るわけですが、

家族と主に楽しく過ごしたわけですが、それだけでなく、
今年の年末年始はいろんな人に会いました。
特に小学校時代、そして大学時代に一緒に過ごした人たちと色々と話をして、
本当に色々と勇気をもらいました。

僕と同年代、もしくは同学年の人たちは、人生色々でした。
あたりまえですが。

いい悪いは別にして、まだ結婚していない人も、何回目かの結婚の人もいたし、
仕事も今から新しい仕事を始めるために動き始めている人もいたし
ある程度安定してきて落ち着いている人もいました。

みんな若かったし、ちっちゃいころはいろんなことがありました。
僕も、今から思い出すと本当にどうでもいいことで
コンプレックスとか、悔しさとか恨みとか持ってたこともあったけど、
もういい年したおっさんになったら昔あったことなんてどうでもいいことです。
全ていい思い出です。若気の至りです。それに、その時は理解不能だったことも、
この年になれば色々と、その時の家庭事情がどうだったとか、
その時の教師を取り巻く様子がどうだったとか、色々と思い計ることができるんですよね。

そして、いろんな人の今の姿を見て、結局、人生に答えなんかない、ということを
改めて感じました。

昔は、地元を出たくて仕方がなかったですけど、
今は地元を大事にして過ごすのも悪くないかなぁと思ったりします。
でも、その居心地の良さに甘えてしまって堕落してしまうかもしれない、と思ったりもしますが。

人生に答えはないわけですが、それだからこそ、躊躇せずに
日々突き進んでいこうと感じました。停滞が一番つまらない。

そういうわけで明日から仕事頑張ります。
posted by さとし at 02:08| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

2016年の正月

年末年始から同窓会ラッシュです。

今まで同窓会にはあまり出ていなかったのですが、
なんかでてもいいかなぁ〜という気になってきたのは、
少し気持ちにゆとりがでてきたからかもしれませんし、
今まで過ごしてきた人たちと会いたいなぁ〜と思い出したからかもしれませんが、

昨日の小学校の同窓会はとても面白かったです。
僕は小さな小学校だったのでクラスは2つしかなかったのですが、
約30年ぶりにみんなに再会してもすぐに誰か分かって、
色々と近況とか昔話とかに花が咲きました。

最後にみんなで小学校の校歌を歌いましたが、全部歌い切ることができて自分でも驚きました。
感慨深かったのは、自分にも小学校時代があったということが
つい最近のようなことなのにもう30年も昔のことという事実と、
その間にも、やっぱり僕にもみんなにも色々あったんやなぁということですよね。

子供がもう中学生って人もいましたし、かといってまだ未婚って人もいましたし、
次に集まるのはまた10年後ですが、健康に気を遣って、日々を大事に過ごして
楽しく集まれたらいいなぁと思ってます。死なないようにきをつけないと。

というわけで、これから大学時代の連れの同窓会に向かいます。
posted by さとし at 11:18| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

2015年を振り返る

昨日で今年の仕事納めで、今日からは朝から行きつけのカフェでまったりと勉強したり本を読んだりできる
ことができて、幸せをかみしめながら過ごしています。
仕事したり、稽古したり、本を読んだり、勉強したり、睡眠したりと、自分の中ではどれも
けじめなくだらだらと日々過ごしているので、仕事が終わったことがあまり特別な気はしないのですが、
それはそれで一つの区切りとして考えようかと思います。

2015年も残すところわずかなので自分自身でこの1年を総括しようと思います。

この1年は、本当に、知っている人がたくさん亡くなりました。
その中には僕よりも年の若い人も多くて、大半は病気ではなく諸事情であったわけですが、
長生きすることが良いかどうかはわかりませんが、
死ぬということはそれほど特別なことではないと思うと同時に、
自分もいつ死んでしまうかわからないので日々をそれ相応の覚悟をして過ごしていこうと感じました。

仕事については、任されている外来リハビリもそれなりいい感じで回っているし、
人員体制の関係でスタッフが減る中、若いひともよく動くようになってくれて、
規模が縮小されるのに新規オーダー数は増えているという嬉しいような苦しいような状況にありますが、
働いているひとがより働きやすいような体制や雰囲気を作っていきたいと思っています。
あとは、なかなか、装置がなかったり時間がなかったりという状況ですが、
リハビリに来ている方についてそれなりにエビデンスを作ってきたいなぁと思っています。

研究については、論文をどんどん出していきたかったけれど、科研費の走り出しがうまくいかなかったのもあって、
結局、ほそぼそとデータ集めてやってましたが、何かと金がかかるのが研究なので、
学会行ったり、英文校正したり、掲載されたりと、何かひとつアクションを起こすごとに
数万円単位の金が出て行くので、
論文を数本投稿してRejectやMajor Revisionが返ってきたところでしばらくやめてます。
といっても続けていきたいことには変わりがないので、今とっているQOLのデータともども
地道に進めていこうと思ってます。

カポエイラに関しては、去年はちょっと人生の一大イベントによる環境の変化に伴って、気持ちが沈んでいて、
いい動きができませんでしたし、何かと怪我が増えたような気がします。
もともと体が硬かったりとか、緊張しやすくて体にすぐ力が入ったりしますし、身体的に自分はどうかと思う気もしますが、できる範囲で続けていこうと思っています。
加齢によって本当に体も重くなるし、反応も遅くなるし、体も硬くなるし、血の気も前ほど多くなくなりました。
これからも精進していきたいです。

あとはプライベートでも去年の人生の一大イベントのあと、環境が変化したので当初はかなり精神的ストレスがありました。家事の分担比率とか、諸々の出費でなぜか僕だけがしばらくは貧乏学生並みの生活費だったこととか、
相手が気を遣わないように、こちらが気を回しすぎて数回体調を崩しましたが、
すこしづつ距離の取り方や接し方がわかってきたので、相手のペースに合わせつつ自分のペースを維持することができるようになってきました。まあ、人は一人で生きているわけではないので信頼関係を築いていきたいと思っています。

来年も周りの人が幸せに楽しく来年も過ごしてくれればいいですね。

そんな1年でした。すこし早いですが来年も宜しくお願いします。
posted by さとし at 10:25| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

無意識にかけられたバイアスの中で暮らしている人々

身内が仕事でいろいろあったらしく、
これからは中国の方と組んでやっていくとのことで
今日は、それに便乗して会食に参加してきました。
中国の方が、一緒にビジネスをやっていくにあたって、
ご両親には挨拶をした方がいいということらしく今回の催しがあって、
僕はまあ参加してもしなくてもどちらでもよかったのですが、
カニが食べられるということと、
愛する身内のある意味大事なイベントなので顔を出したいということと
ビジネスパートナーがどんな方なのか興味があったというわけで行ってきました。

数年ぶりとも思われる、久しぶりのカニをつつきながら、酒も結構飲んだりして、
カニ酒が異様に美味しくて、これが週末なら間違いなくベロベロになるまで
飲んでいただろうなと思ったのですが、明日からまた1週間始まるので抑えておきました。

しかし、ニュースや本で書かれている中国のイメージってありますが、
実際に膝を突き合わせて話をするということは非常に大事なことで、
今回お会いした中国人はすごく、いいイメージがありました。

僕ら日本に入ってくる中国人の情報といえば、
マナーが悪い、爆買い、サイバーテロ、スパイ、領土問題、人権侵害、チベット・ウイグル問題、
歴史問題、情報規制、汚職、危険食品、自由がない、などろくなものがなく、挙げればきりがないわけですが、

話をしていると、そういうこともあるけど政治は政治、個人は個人、
と非常に割り切った考えを持っておられる印象がありました。
まあ、確かに日本でも政府の方針に100%の国民が同意しているわけでもないし、
当然といえば当然ですが。
日本人もそもそもあまり中国のことを理解しようとしていないから
そもそも異質なものとしてバイアスをかけてみている可能性がある、そういう気もしました。

割と誠実に話をしてくれる人だと感じたので酔った勢いもあっていろいろと政治的な問題について
中国人からみた見解について意見を聞いてみたのですが、

例えば反日感情についても、そういう教育を受けてきて日本に悪いイメージを持っている人も多いけれど、
たくさんの人が日本に観光に来てイメージを変えてきている、とか
中国でも少しずつ民主的になってきているとか、結構ポジティブな見方をしていて面白かったです。
こういうのは、僕が日本で得ているネットや本での情報とは異なるわけで非常に興味深かったです。

本当はもっと突っ込んだ話も聞きたかったのですが、
こんな場であまり政治トークもどうかなぁと思ったのでやめましたが
楽しく過ごすことができました。
身内には成功とかは別にいいから、
体を壊さないように身を崩さないように
生きていって欲しいと、そう思います。
posted by さとし at 01:43| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

世界は変化し続けている

たいそうな題名をつけましたが、大した内容ではありません。

昨日はちょっとしたきっかけで知り合ったタイ人が日本に来るというので
京都案内をしてきました。
初めての日本だというのに、身の危険をかえりみずほとんど面識のない僕と会いたいという男前なアグレッシブな気持ちに応えようと思い案内を引き受けました。

で、彼女たち(タイの若い女の子とそのいとこの女の子)の京都案内をしたわけですが、
清水寺とか祇園とか、さらには金閣寺などを移動したのですが観光客にしか見えない世界が見えて驚きました。

確かにそういえばそうで、普段、僕は職場と家の往復であったり狭い世界で日常を過ごしているわけですけれど、
京都は平日だというのに恐ろしい観光客の数でした。
どこにいっても修学旅行生はいましたが、あとは外人ばかりです。欧米人と中国人を中心に
スマホの自撮り棒をもって写真を撮りまくり、みんなきゃっきゃきゃっきゃとはしゃいでいました。

清水の舞妓体験も化粧の仕方でこれは日本人か?!と思ったもののよく観察すると大概はアジア人で、
四条五条は舞妓さんだらけでした。

多少はタクシーに乗って移動をしたのですが、運転手のおじさんは観光客だと知るとたいがいは
積極的に話しかけてくるわけです。ふだん生活でタクシーを使うしかない僕にとってはタクシーの違う一面をみたわけです。
中には、メーター制ではなく時間制で提案してくる人もいてその推しっぷりはどこか違う国にいるようでした。

タイの人は金閣寺とか伏見稲荷とか、派手な、わかりやすいキラキラとしたような寺社仏閣に興味があるようで
ある程度散策をしたあとは、

ムジに行きたいから連れて行ってくれといってました。

「ムジってなに???」

って聞いてると無印良品のようで、無印はタイで人気が高く買うよりも安いとのこと。
無印まで連れて行き、店舗の中で色々と友達に電話しながらスリッパなどを買っていました。
さらには、駄菓子に興味を持っておられて、特にカンロの飴がタイでは大人気らしく、
スーツケースに入るのか?というくらい駄菓子を買い込んでいました。
ダイソーにも行きたがってましたが京都市内近くのあったはずののダイソーは閉店してしまっていて残念ながら行けませんでした。
といってもダイソーはメイドインチャイナなのでは??とも思いましたがそこは触れませんでした。

食事は、焼き鳥と回転寿しに連れて行きましたが、えらい気に入ったらしくトロとか高級な寿しをたべまくってました。

僕はタイには過去2回ほどいったことがあって、安宿街に滞在したわけですが、
その時の印象は、いろんな意味でゆるい国、人は優しいけど、さんざん騙されてぼったくられましたし、
クスリとか、売春とか、ニューハーフとか、
いろいろなことに対して寛容な面もある一方で危険なところもあるのかなぁ、と感じたのですが、
彼女たちも、タイは少しデンジャラスだと言ってました。夜間は怖いと。
日本は安全ですね〜とか行ってました。

かつで僕が行った時のタイでは、誰も携帯電話なんか持ってなかったけど
今回あった彼女たちタイの人がiphoneもってLineやフェイスブックをしてということは
僕がタイに行った時はまず考えられなかったなぁ〜って思いました。
日本とほぼ同じようなコミュニケーション手段を持っているということです。
世界のボーダレス化、製品のコモディティ化が進んでいるのだなぁ〜と。
ましてやかつてタイから日本に来る人とはほとんど会わなかった印象もあるし。

さらには、昔は海外旅行に行く時の日本人のマナーの悪さが巷で言われていましたが、
マナーが悪いまではいかなくとも、他の国の人もあまり変わらないのじゃないかなぁ〜と感じました。
カメラで写真を撮りまくる人とか、大勢で集まって行動する人とか、ブランド物を買い漁る人というのは
今回も結構いるなぁって感じましたし。欧米人にも中国人にも。

なんにせよ、普段自分が過ごしている日常を客観的に見直すことができた1日でした。
posted by さとし at 13:45| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

ドラクエ7やってみたけれど。

小学生の頃は、ファミコンの出始めでそれはそれはゲームのことばかり考えていました。
僕の家ではゲーム禁止だったので友達の家にやりに行ったり、
時には友達不在でもゲームだけやらせて貰うために上がらせてもらったり、

友達からゲームの説明書をもらって集めていたし、
ゲーム雑誌とかを見て、ゲームのタイトルロゴをメーカー別に分けて模写とかしていました。
社会現象となったドラゴンクエスト発売日の行列も、もちろん近くのスーパーの列に朝5時半から並んだし、
自分でノートに自作のゲームを妄想して作ったりするほどゲームが大好きだったわけですが、

不思議なことにあれほどガミガミ言われてもやりたいと思っていたゲームも、
親がもうあきらめて(同級生の親からいろいろ言われたらしい)、ファミコンを買ってくれて、
自由にできるようになってからは、嘘のように興味が失せていきました。

そんななか、先日、ドラクエ7がスマホで配信されたとしってダウンロードしてみました。
ドラクエは6以降ややっていないし、どんなものか少し興味を持っていたのですが・・・・。

結果、70時間ほど遊んで、ラスボス倒したらエンディングというところでしたが、
もう消しました。その理由は、

「ゲームをするほど時間はない」

これに尽きます。
ゲームやってるときの作業感が半端なくて、
有意義な時間を過ごしているとはとても思えないけれどやめられない。
目が疲れて生活が乱れる。

やっぱり、歳をとったんだなぁ〜と思いました。
昔は睡眠時間やら勉強時間を削って遊ぶほど楽しく感じたけど、
今は、どんなに楽しくても結局ゲームのなかの世界だなぁ〜とか思うし、
ゲーム以外にも楽しいことがあるからでしょうね。
与えられてゲームをやるよりも作る方がいいかも。

そんなことを感じました。
ドラクエもファイナルファンタジーも、もうやることはないでしょう。
この数週間の失った時間を取り戻さなければー。
posted by さとし at 17:31| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

今年のノーベル医学生理楽章に思う。

大村智さんのノーベル医学生理学賞の受賞のニュースで大村さんという方を初めて知ったわけですけど。
毎年ノーベル賞受賞の時期はインスピレーションを受けているわけですが、
今年も感動しました。

地道なサンプル採取の積み重ねや、イベルメクチンの特許権を辞退して10億人への無償提供、美術館への私財の投資など紹介されていますが利他性がすごい方ですね。

そしてこういう方の言葉は重みがありますし、
言語化しなくてもその行動によって何かしらのメッセージを発しているわけです。

巷には軽々しいメッセージを発する人がたくさんいるし
インスピレーションを与えることが目的であるような
ジャンクな情報があふれていますが
やはり本物は違うなぁ〜と感じました。

僕もしっかりと足元を見据えて頑張らないとなぁ〜。

というわけで今日はこれから稽古です。
posted by さとし at 18:05| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

東京からの帰り

PT学会からの帰りの新幹線です。

2日目は昼過ぎまで学会に参加した後、渋谷で他団体のカポエイラのレッスンに参加させていただきました。
クラシックな歌を教わりましたが、そういえば知らないなぁ〜とか思ったり、
同じ動きでも指導のポイントが違ったりしてそれはそれで新鮮で面白く感じました。

そのまま妹の家にお邪魔して、夜更けまで飲みながら語り合い話は尽きずでした。

そして日曜日もお誘いいただきカポエイラの上級者レッスンへ。
汗を流して帰りの新幹線です。

今回もかなり実りのあった東京行脚でしたが、

とりあえず自分は動かなければいけない、と感じました。
とりあえず最近金欠なのは何とかしなければいけないけれど、
研究にせよ治療にせよ、そして今後の生き方にせよ
口で言うのは簡単ですが行動に移さなければ事は運ばない、と感じて
月曜日からのモチベーションになりました。
また明日から頑張ります。
posted by さとし at 19:35| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

この1週間

最近、コーディングについてはあきらめレベルに入っていて、
GameSaladaというコーディングなしでアプリが作れるソフトを見つけたので
そちらを使って練習しています。
すこしづつ前進しているのでしょうか・・・。

さてさて、先週は非常に嫌な事がありました。
ヒトは何かトラブルに巻き込まれると本性が出ることがよく分かった出来事でした。
自らに降りかかりそうな責任については
一番弱い立場の者に押し付けて事を収めようとする。
自分が責任を負いそうな事柄については知らなかったを決め込む。
自己保身に走るといういうか、テレビか映画かであるようなくだらない場面が
まさか自分の身近でもあるとは。

自分の今後のことを考えるきっかけになりました。


再来週には全国学会ですね。スライドは8割できているのですが、
微調整に入らなければなりません。
posted by さとし at 02:52| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

帰国

今朝、日本に無事到着して、家で休んだ後久しぶりに稽古してきました。
体が重かったのと、エコノミークラスのシートに座ってたからか首が痛かったのと、あとは技の出し方が単発なので先の展開をイメージして動かないと行けないなぁ〜と思いました。

そんなことより、パースと関西空港の中継点であるシンガポールの空港はなかなか面白さを感じました。
日本人は全然いませんでしたが、夜中にもかかわらず、中国人は沢山いたし、
免税店のIT関連の店では、聞いたこともないような中華系のメーカーが面白そうでお洒落な装置作っていたり、
あとは、ドローンを初めて見ました。普通に300ドルくらいで売ってました。
あとは、映画を見ることもできるんですね〜。上映中の映画で見たい映画を選択してどこかに入っていくような
そんなコーナーもありました。アジアのカオス感はなかなか好きですね。

オーストラリアに行ったのは3回目でしたが、
最初はワーキングホリデーで滞在した16年前、
次がワーキングホリデーで仲良くなった仲間たちと行った2年前、
やはり、オーストラリア独特の時間の流れというか、
5時には残業をしないでさっさと仕事を終わらせて家族とすごすようにする生活スタイルとか、
週末にはパブに繰り出してスポーツ観戦しながらずっと楽しむようなところとか、
ビールある程度なら飲酒運転オッケーな法律とか、

まあ、日本でも時間はしっかり守るとか、みんな真面目に働くとかいいところはありますが、
やはり国民性の違いというか、楽しみ方がちがうなぁ〜と。

のんびりとした雰囲気に接して、久しぶりにゆっくりと考えることができました。
ある程度これから自分がどうしていこう、というものも固まりました。

明日から仕事ですが、おそらくいろんなことが起こっていることでしょうし、
もうある程度は覚悟しています・・・・。
posted by さとし at 01:56| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

Perthにいます・・・2

FullSizeRender 2.jpg

FullSizeRender.jpg

今日は朝から呑んだくれていました。

朝からゲリラ豪雨のような雨が降ったり止んだりして、
とても島に行くとか、ピナクルズというパースの観光名所である岩山群や、
ウェーブロックという変わった形をした岩を見に行くとか、そんな状況ではなく
とりあえず、ワイナリー巡りに参加してきました。
オーストラリアはワイナリーがいろんな場所にあり、
そこに行ってワインを試飲したり店を回ったりするツアーです。
最近めっきり円安のために物価高に感じるオーストラリアで
お手軽な値段のツアーでもあります。

同行したツアー客と一緒にワイナリーを5箇所ほどバスでまわり、
合間にワインのつまみであるチーズや生ハムで昼食をとり、
なぜかパブに寄ってビールを飲んだりと最後まで酒でした。

お酒が入ってくるとどうしてもいろんな人に話しかけてしまうわけですが、
ツアー参加者には地元の人もいましたが、旅行者も多くて
ワーホリでオーストラリアを回っているカナダ人とか
旅行できているマレーシア人、ベトナム人などと色々と世間話をたどたどしい英語でしました。
ベトナム人は15歳の女の子がお父さんについてツアーに参加していましたが英語ペラペラで、
すごいなぁ〜とも思いましたし、語学はコミニュケーションの手段やなぁ〜と思いました。
そしてみんな自国語を仲間内では使っていて、僕らと話すときは英語を使うと使い分けているわけです。
カナダ人はフランス語、マレーシア人はマンダリン(広東語)、ベトナム人はベトナム語という感じです。

日本は中学高校で6年間も英語勉強しているのに何なんでしょうね。
と僕も片言英語にもかかわらず考えてしまいました。

その後は、最後の夕食ということでイタリアンに行ってまたもそこでワインを飲み、
ホテルに帰ってゆっくりとしました。

明日帰国します。
おそらく帰国後は、色々と溜まっている仕事やら、やなければいけないことがてんこ盛り待っているんでしょう。
しかし、こうやって日常を離れてゆっくりとした時間を過ごすと、色々と考えます。
自分の人生のこと、まわりのこと、仕事のこと、生き方のことなど、、、、。

posted by さとし at 02:23| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

Perthにいます。

FullSizeRender 2.jpg
FullSizeRender.jpg
FullSizeRender 3.jpg

世界で一番美しい街(??)と言われているらしいオーストラリアのパースにいます。

毎日飲んだり食ったりしているわけですけれど、
この街で感じることは、時間の流れがゆっくりしている!これです。

道路や歩道が広くて所々にベンチが置いてあるし、
建物の内部もスペースが広くて何時間いても何も言われないし、
時間や空間の使い方がすごく贅沢です。
週末の夜はみんなバーに出てきて楽しそうに飲んだりしているし、
あ〜、シドニーにいた時もこんな感じだったなと懐かしくなりました。

どうしても日本で普段過ごしていたらせかせかとしてしまうわけですけれど、
それが本当は普通のことなのか、世界はいろんな価値観があるわけで自分たちの物差しが全てではないと感じる次第です。

昨日は、フリーマントルという港町をぶらぶらして飲んだり食ったりして、
今日は、ロットネスト島に行く予定だったのですが、
雨だったので博物館や美術館に行ったりしました。

美術館では、びっくり、中国人監督が、映像コーナーで日本軍が中国人に対して行った残虐行為について
CGを取り入れたり生々しい描写をした作品を上映していました。
日本では絶対に上映しようとしたら物議を醸しそうな内容です。

正直なところ映像のアートだと謳われていてみた映画がそれでびっくりしたわけですけれど、
ここは日本ではないし、多民族が集まる国にいるということは多様な価値観があるわけで、
それが、そういうことなのだなと感じました。

中国が国策として反日教育をしているからとか、事実を捻じ曲げて伝えているとか、反日ロビー活動をしているとか、そういう一面もありますが、
一方で、最近の日本の国内でみられるような、
本当は日本人は技術がある、日本人は世界中から尊敬されている、
外国人はみんな日本が大好きである、
世界中で日本人が頑張っている、
みたいな
自画自賛的な内容は日本の国内でしか通用しない考え方なのだなぁと感じました。
自分の立ち位置の把握は大事だなぁと感じました。

あ、あとは、
雨が降ってもみんな傘もささないし、サンダルとか短パンとかの人もいるし、
天気予報もあまりやってないし、小さなことでは騒がないのかなぁという印象です。

明日はワイナリー巡りとかしてみます。
posted by さとし at 01:08| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

訃報

僕は、大学生の時は遊び呆けていました。
レンタルビデオ屋でアルバイトをしていて、
その仲間たちとよく夜な夜な遊んだりしていました。

僕らの時代のレンタルビデオ屋というと、
新しいタイプの店で今でいうスタバとかそんな感じで
当時のわりかしイケてる女の子がたくさん入ってきたりして、
毎日なんかウキウキしてました。
しかも映画が好きとかいう人は、どこか個性的な人が多かったし、
社員さんやアルバイト間の人間関係もよくて
バイトを超えて仲間という感じでした。今でも付き合いがあります。

ビデオを借りて映画も観まくったり、音楽も聴きまくりました。
そして一緒に働いていた仲間と遊ぶのがすごく楽しくて
仕事が終わってから飲みに行ったりクラブに行ったり、カラオケに行ったりしていたら
だいたい帰宅は朝。両親が仕事に行くのと入れ違いに家に戻ったり、
時には昼に帰宅ということもありました。

アホなことばかりやっていましたけど、それはそれでいい思い出で、
今では、真面目に仕事したり勉強したりしてますけど、
仲間とたまに会うことがあればそんな昔に戻れるわけです。

今日はそんな仲間の一人が亡くなったと突然、連絡が回ってきました。
まだ30代半ば、子供もいるし奥さんもいるし、
たまにみるFacebookでは楽しそうな写真が投稿されていたのに
僕はバイトを辞めてからはほとんどその人とは会ってなかったし、
その後の人生は詳しくは知りませんでしたが
どうして。何かの間違いではないかと思いました。
今日は1日そのことを考えていて憂鬱でした。

僕だけかもしれませんが、日々すごしていて、いろいろとしんどいことやら
辛いことがあってもどこかにいるみんなとつながっているから頑張れる、っていう気持ちが
どこかにあると思うのですが、
誰かしら亡くなっていくということは、
そういう気持ちが一つづつ無くなっていくということかもしれません。
なんのために頑張っているのだろう、というような。

人の死亡率は100%なわけですし、
それが次は僕なのかもしれませんし、
みんな死んでいくわけですけれど、
身近に感じられるようになってきた、
そういう年齢になったということかもしれませんね。

仕事も趣味も大事ですけど、
誰かの死を前にしたら自分はいろいろやってるけどなんのためだろうとか、
なんのために生きているのだろうと感じたりもします。

僕は、基本的にはあんまり人と集まったり群れたりするのが好きではない、というか得意ではないので
かといって別に友達がいないわけでもないのですけど、
一人の時間を大事にすることが多いですけど、

これからは今までの人間関係を大事にして面倒臭がらずに顔を出してもいいのかなぁと思ったりもしました。
ここ5〜6年、研究やらなんやらで追い詰められていてほとんど昔の友達と交流していなかったし。

けれどそういう歳になってきたのだなぁと本当に感じます。
友人のご冥福をお祈りします。
posted by さとし at 03:31| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

GW最終日

このGW、は基本ほとんど遊ばなかったし、
色々とやりたいことをリストに上げていたのですが、
結局は、今まで1日でやっていたことを2日、3日かけて
引き延ばしてやるだけで、結果的にはのんびりできたと思います。

swiftのプログラミングも少しずつ出来る能力で作れるようになってきて、
助成金の書類も書いて、論文も書き直して校正にかけ、あとは本をのんびり読んでいました。

今さらながら助成金書類についてある人からのフィードバックを見させていただいて、
的確な前向きなアドバイスをいただいて、時間を割いていただいた本当にありがたいと思いました。
この気持ちに応えるためにもしっかりとデザインを組みなおして書類を書き直したつもりです。
通るといいのですが・・・。
自分の能力については環境のせいにしてはいけないと思いますけれど、
研究に関しては、やはり読む論文数も減ってきていますし、
そもそもダウンロードに料金が発生したり、取り寄せ先を調べたりで手間もかかりますし
それだけ最近の知見に触れる機会が減っている気がします。
やはり環境に対して意識して注意を向けなければ・・・と思ったりします。

そういう感じで明日からまた仕事です。
仕事が嫌だというわけではありませんが、もう少し効率よく仕事ができるようになって
自分の時間を作っていけるようにしたいと思います。
posted by さとし at 02:42| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

合宿

昨日と京都カポエイラの合宿に参加してきました。

この連休やらなければならなないことが結構あったのですが
だれだれで、何も手につかない日々が続いていたのですが、
この合宿に参加していい程度に刺激を受けることができました。

僕はちょっと首が完治していなくてあんまり参加できなかったのが心残りでしたが、
楽しく2日間を過ごすことができました。

今よんでる見城徹さん藤田晋との対談本にも書いてあるんですけど、
やっぱりどんなに仕事をしていても忙しくても
趣味は本気でやったほうが得るものが多いし、
学ぶところも多いと思うのですよ。
それが仕事に活きることもあるしで。

そういうわけで気を入れなおして日々を過ごすことができそうです。
来週からオーストラリアに行くのでそれまでに色々と片付けておきたいですね。
posted by さとし at 00:48| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

首の痛み続く

今日は祝日ということでゆっくりできました・・・。
というか首が痛いので何もできなかったのですが。

寝るとき、寝返りを打つ時に自分で頭を支えながら動くのはほんとうに格好悪いです。
そして日常のちょっとした動作でも首に力が入ることが分かり、あ〜こうして姿勢反射っておきるんだ、
と一人で感動したりしていますがこの気持ちは誰も分かってくれません。
そんなことはいいから無理するな、って感じです。

それにしても
久しぶりに長い間机に向かい、
助成金の申請書類、論文再投稿のための準備、
アプリの制作、そして症例の治療・評価方法などをゆっくり考えることができました。
本もゆっくり読みました。

明日は仕事ですね。
頑張りましょう〜。
明日にはそろそろ寝返り自立になるだろうか?
posted by さとし at 03:30| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

首が痛い

事の始まりは、週末のカポエイラ自主練でした。

トランポリンで立って跳ねる→寝て跳ねる→立って跳ねる、
という動きを繰り返している人を見て、僕もやってみようと思ったのでした。

意外と難しく、首から落ちてしまい、C1〜C3の筋がピキピキと音を立てたのでした。
トランポリンは床に着地するタイミングが分からず、数回首から落ちるという事を繰り返し、
その度に頸部筋が音を立ててたわけですが、、、、
案の定、痛みが出てきて、今現在むち打ちみたいになっています。
頸部が動かず、腕も上がらずで、ヨガとかカポエイラどころではないので昨日と今日と静養しているわけですが。

日常動作でも寝返りが打てない、起居動作ができない、顔を洗えない、咀嚼・嚥下ができないと色々と制限が出てきて患者さんの気持ちが分かります。
後ろを振り返ることができないので自転車やバイクなど怖くて仕方がないです。

さらに思ったのは、やはり頸部が制限されていると自己中心参照枠が狭くなるのではないかということです。
自己中心参照枠は頭部・体幹、視覚や平衡覚の情報を統合して作られているそうですが、
やはり頸部の動きが制限されると自分の身体の周りの状況が分かりにくくなってきて転倒リスクも高まりそうです。

そんなことも調べてみてもいいのではないかなと思ったりしました。
明日にはましになっててほしいな〜。
posted by さとし at 01:58| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする