2015年10月06日

今年のノーベル医学生理楽章に思う。

大村智さんのノーベル医学生理学賞の受賞のニュースで大村さんという方を初めて知ったわけですけど。
毎年ノーベル賞受賞の時期はインスピレーションを受けているわけですが、
今年も感動しました。

地道なサンプル採取の積み重ねや、イベルメクチンの特許権を辞退して10億人への無償提供、美術館への私財の投資など紹介されていますが利他性がすごい方ですね。

そしてこういう方の言葉は重みがありますし、
言語化しなくてもその行動によって何かしらのメッセージを発しているわけです。

巷には軽々しいメッセージを発する人がたくさんいるし
インスピレーションを与えることが目的であるような
ジャンクな情報があふれていますが
やはり本物は違うなぁ〜と感じました。

僕もしっかりと足元を見据えて頑張らないとなぁ〜。

というわけで今日はこれから稽古です。
posted by さとし at 18:05| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

東京からの帰り

PT学会からの帰りの新幹線です。

2日目は昼過ぎまで学会に参加した後、渋谷で他団体のカポエイラのレッスンに参加させていただきました。
クラシックな歌を教わりましたが、そういえば知らないなぁ〜とか思ったり、
同じ動きでも指導のポイントが違ったりしてそれはそれで新鮮で面白く感じました。

そのまま妹の家にお邪魔して、夜更けまで飲みながら語り合い話は尽きずでした。

そして日曜日もお誘いいただきカポエイラの上級者レッスンへ。
汗を流して帰りの新幹線です。

今回もかなり実りのあった東京行脚でしたが、

とりあえず自分は動かなければいけない、と感じました。
とりあえず最近金欠なのは何とかしなければいけないけれど、
研究にせよ治療にせよ、そして今後の生き方にせよ
口で言うのは簡単ですが行動に移さなければ事は運ばない、と感じて
月曜日からのモチベーションになりました。
また明日から頑張ります。
posted by さとし at 19:35| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

この1週間

最近、コーディングについてはあきらめレベルに入っていて、
GameSaladaというコーディングなしでアプリが作れるソフトを見つけたので
そちらを使って練習しています。
すこしづつ前進しているのでしょうか・・・。

さてさて、先週は非常に嫌な事がありました。
ヒトは何かトラブルに巻き込まれると本性が出ることがよく分かった出来事でした。
自らに降りかかりそうな責任については
一番弱い立場の者に押し付けて事を収めようとする。
自分が責任を負いそうな事柄については知らなかったを決め込む。
自己保身に走るといういうか、テレビか映画かであるようなくだらない場面が
まさか自分の身近でもあるとは。

自分の今後のことを考えるきっかけになりました。


再来週には全国学会ですね。スライドは8割できているのですが、
微調整に入らなければなりません。
posted by さとし at 02:52| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

帰国

今朝、日本に無事到着して、家で休んだ後久しぶりに稽古してきました。
体が重かったのと、エコノミークラスのシートに座ってたからか首が痛かったのと、あとは技の出し方が単発なので先の展開をイメージして動かないと行けないなぁ〜と思いました。

そんなことより、パースと関西空港の中継点であるシンガポールの空港はなかなか面白さを感じました。
日本人は全然いませんでしたが、夜中にもかかわらず、中国人は沢山いたし、
免税店のIT関連の店では、聞いたこともないような中華系のメーカーが面白そうでお洒落な装置作っていたり、
あとは、ドローンを初めて見ました。普通に300ドルくらいで売ってました。
あとは、映画を見ることもできるんですね〜。上映中の映画で見たい映画を選択してどこかに入っていくような
そんなコーナーもありました。アジアのカオス感はなかなか好きですね。

オーストラリアに行ったのは3回目でしたが、
最初はワーキングホリデーで滞在した16年前、
次がワーキングホリデーで仲良くなった仲間たちと行った2年前、
やはり、オーストラリア独特の時間の流れというか、
5時には残業をしないでさっさと仕事を終わらせて家族とすごすようにする生活スタイルとか、
週末にはパブに繰り出してスポーツ観戦しながらずっと楽しむようなところとか、
ビールある程度なら飲酒運転オッケーな法律とか、

まあ、日本でも時間はしっかり守るとか、みんな真面目に働くとかいいところはありますが、
やはり国民性の違いというか、楽しみ方がちがうなぁ〜と。

のんびりとした雰囲気に接して、久しぶりにゆっくりと考えることができました。
ある程度これから自分がどうしていこう、というものも固まりました。

明日から仕事ですが、おそらくいろんなことが起こっていることでしょうし、
もうある程度は覚悟しています・・・・。
posted by さとし at 01:56| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

Perthにいます・・・2

FullSizeRender 2.jpg

FullSizeRender.jpg

今日は朝から呑んだくれていました。

朝からゲリラ豪雨のような雨が降ったり止んだりして、
とても島に行くとか、ピナクルズというパースの観光名所である岩山群や、
ウェーブロックという変わった形をした岩を見に行くとか、そんな状況ではなく
とりあえず、ワイナリー巡りに参加してきました。
オーストラリアはワイナリーがいろんな場所にあり、
そこに行ってワインを試飲したり店を回ったりするツアーです。
最近めっきり円安のために物価高に感じるオーストラリアで
お手軽な値段のツアーでもあります。

同行したツアー客と一緒にワイナリーを5箇所ほどバスでまわり、
合間にワインのつまみであるチーズや生ハムで昼食をとり、
なぜかパブに寄ってビールを飲んだりと最後まで酒でした。

お酒が入ってくるとどうしてもいろんな人に話しかけてしまうわけですが、
ツアー参加者には地元の人もいましたが、旅行者も多くて
ワーホリでオーストラリアを回っているカナダ人とか
旅行できているマレーシア人、ベトナム人などと色々と世間話をたどたどしい英語でしました。
ベトナム人は15歳の女の子がお父さんについてツアーに参加していましたが英語ペラペラで、
すごいなぁ〜とも思いましたし、語学はコミニュケーションの手段やなぁ〜と思いました。
そしてみんな自国語を仲間内では使っていて、僕らと話すときは英語を使うと使い分けているわけです。
カナダ人はフランス語、マレーシア人はマンダリン(広東語)、ベトナム人はベトナム語という感じです。

日本は中学高校で6年間も英語勉強しているのに何なんでしょうね。
と僕も片言英語にもかかわらず考えてしまいました。

その後は、最後の夕食ということでイタリアンに行ってまたもそこでワインを飲み、
ホテルに帰ってゆっくりとしました。

明日帰国します。
おそらく帰国後は、色々と溜まっている仕事やら、やなければいけないことがてんこ盛り待っているんでしょう。
しかし、こうやって日常を離れてゆっくりとした時間を過ごすと、色々と考えます。
自分の人生のこと、まわりのこと、仕事のこと、生き方のことなど、、、、。

posted by さとし at 02:23| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

Perthにいます。

FullSizeRender 2.jpg
FullSizeRender.jpg
FullSizeRender 3.jpg

世界で一番美しい街(??)と言われているらしいオーストラリアのパースにいます。

毎日飲んだり食ったりしているわけですけれど、
この街で感じることは、時間の流れがゆっくりしている!これです。

道路や歩道が広くて所々にベンチが置いてあるし、
建物の内部もスペースが広くて何時間いても何も言われないし、
時間や空間の使い方がすごく贅沢です。
週末の夜はみんなバーに出てきて楽しそうに飲んだりしているし、
あ〜、シドニーにいた時もこんな感じだったなと懐かしくなりました。

どうしても日本で普段過ごしていたらせかせかとしてしまうわけですけれど、
それが本当は普通のことなのか、世界はいろんな価値観があるわけで自分たちの物差しが全てではないと感じる次第です。

昨日は、フリーマントルという港町をぶらぶらして飲んだり食ったりして、
今日は、ロットネスト島に行く予定だったのですが、
雨だったので博物館や美術館に行ったりしました。

美術館では、びっくり、中国人監督が、映像コーナーで日本軍が中国人に対して行った残虐行為について
CGを取り入れたり生々しい描写をした作品を上映していました。
日本では絶対に上映しようとしたら物議を醸しそうな内容です。

正直なところ映像のアートだと謳われていてみた映画がそれでびっくりしたわけですけれど、
ここは日本ではないし、多民族が集まる国にいるということは多様な価値観があるわけで、
それが、そういうことなのだなと感じました。

中国が国策として反日教育をしているからとか、事実を捻じ曲げて伝えているとか、反日ロビー活動をしているとか、そういう一面もありますが、
一方で、最近の日本の国内でみられるような、
本当は日本人は技術がある、日本人は世界中から尊敬されている、
外国人はみんな日本が大好きである、
世界中で日本人が頑張っている、
みたいな
自画自賛的な内容は日本の国内でしか通用しない考え方なのだなぁと感じました。
自分の立ち位置の把握は大事だなぁと感じました。

あ、あとは、
雨が降ってもみんな傘もささないし、サンダルとか短パンとかの人もいるし、
天気予報もあまりやってないし、小さなことでは騒がないのかなぁという印象です。

明日はワイナリー巡りとかしてみます。
posted by さとし at 01:08| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

訃報

僕は、大学生の時は遊び呆けていました。
レンタルビデオ屋でアルバイトをしていて、
その仲間たちとよく夜な夜な遊んだりしていました。

僕らの時代のレンタルビデオ屋というと、
新しいタイプの店で今でいうスタバとかそんな感じで
当時のわりかしイケてる女の子がたくさん入ってきたりして、
毎日なんかウキウキしてました。
しかも映画が好きとかいう人は、どこか個性的な人が多かったし、
社員さんやアルバイト間の人間関係もよくて
バイトを超えて仲間という感じでした。今でも付き合いがあります。

ビデオを借りて映画も観まくったり、音楽も聴きまくりました。
そして一緒に働いていた仲間と遊ぶのがすごく楽しくて
仕事が終わってから飲みに行ったりクラブに行ったり、カラオケに行ったりしていたら
だいたい帰宅は朝。両親が仕事に行くのと入れ違いに家に戻ったり、
時には昼に帰宅ということもありました。

アホなことばかりやっていましたけど、それはそれでいい思い出で、
今では、真面目に仕事したり勉強したりしてますけど、
仲間とたまに会うことがあればそんな昔に戻れるわけです。

今日はそんな仲間の一人が亡くなったと突然、連絡が回ってきました。
まだ30代半ば、子供もいるし奥さんもいるし、
たまにみるFacebookでは楽しそうな写真が投稿されていたのに
僕はバイトを辞めてからはほとんどその人とは会ってなかったし、
その後の人生は詳しくは知りませんでしたが
どうして。何かの間違いではないかと思いました。
今日は1日そのことを考えていて憂鬱でした。

僕だけかもしれませんが、日々すごしていて、いろいろとしんどいことやら
辛いことがあってもどこかにいるみんなとつながっているから頑張れる、っていう気持ちが
どこかにあると思うのですが、
誰かしら亡くなっていくということは、
そういう気持ちが一つづつ無くなっていくということかもしれません。
なんのために頑張っているのだろう、というような。

人の死亡率は100%なわけですし、
それが次は僕なのかもしれませんし、
みんな死んでいくわけですけれど、
身近に感じられるようになってきた、
そういう年齢になったということかもしれませんね。

仕事も趣味も大事ですけど、
誰かの死を前にしたら自分はいろいろやってるけどなんのためだろうとか、
なんのために生きているのだろうと感じたりもします。

僕は、基本的にはあんまり人と集まったり群れたりするのが好きではない、というか得意ではないので
かといって別に友達がいないわけでもないのですけど、
一人の時間を大事にすることが多いですけど、

これからは今までの人間関係を大事にして面倒臭がらずに顔を出してもいいのかなぁと思ったりもしました。
ここ5〜6年、研究やらなんやらで追い詰められていてほとんど昔の友達と交流していなかったし。

けれどそういう歳になってきたのだなぁと本当に感じます。
友人のご冥福をお祈りします。
posted by さとし at 03:31| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

GW最終日

このGW、は基本ほとんど遊ばなかったし、
色々とやりたいことをリストに上げていたのですが、
結局は、今まで1日でやっていたことを2日、3日かけて
引き延ばしてやるだけで、結果的にはのんびりできたと思います。

swiftのプログラミングも少しずつ出来る能力で作れるようになってきて、
助成金の書類も書いて、論文も書き直して校正にかけ、あとは本をのんびり読んでいました。

今さらながら助成金書類についてある人からのフィードバックを見させていただいて、
的確な前向きなアドバイスをいただいて、時間を割いていただいた本当にありがたいと思いました。
この気持ちに応えるためにもしっかりとデザインを組みなおして書類を書き直したつもりです。
通るといいのですが・・・。
自分の能力については環境のせいにしてはいけないと思いますけれど、
研究に関しては、やはり読む論文数も減ってきていますし、
そもそもダウンロードに料金が発生したり、取り寄せ先を調べたりで手間もかかりますし
それだけ最近の知見に触れる機会が減っている気がします。
やはり環境に対して意識して注意を向けなければ・・・と思ったりします。

そういう感じで明日からまた仕事です。
仕事が嫌だというわけではありませんが、もう少し効率よく仕事ができるようになって
自分の時間を作っていけるようにしたいと思います。
posted by さとし at 02:42| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

合宿

昨日と京都カポエイラの合宿に参加してきました。

この連休やらなければならなないことが結構あったのですが
だれだれで、何も手につかない日々が続いていたのですが、
この合宿に参加していい程度に刺激を受けることができました。

僕はちょっと首が完治していなくてあんまり参加できなかったのが心残りでしたが、
楽しく2日間を過ごすことができました。

今よんでる見城徹さん藤田晋との対談本にも書いてあるんですけど、
やっぱりどんなに仕事をしていても忙しくても
趣味は本気でやったほうが得るものが多いし、
学ぶところも多いと思うのですよ。
それが仕事に活きることもあるしで。

そういうわけで気を入れなおして日々を過ごすことができそうです。
来週からオーストラリアに行くのでそれまでに色々と片付けておきたいですね。
posted by さとし at 00:48| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

首の痛み続く

今日は祝日ということでゆっくりできました・・・。
というか首が痛いので何もできなかったのですが。

寝るとき、寝返りを打つ時に自分で頭を支えながら動くのはほんとうに格好悪いです。
そして日常のちょっとした動作でも首に力が入ることが分かり、あ〜こうして姿勢反射っておきるんだ、
と一人で感動したりしていますがこの気持ちは誰も分かってくれません。
そんなことはいいから無理するな、って感じです。

それにしても
久しぶりに長い間机に向かい、
助成金の申請書類、論文再投稿のための準備、
アプリの制作、そして症例の治療・評価方法などをゆっくり考えることができました。
本もゆっくり読みました。

明日は仕事ですね。
頑張りましょう〜。
明日にはそろそろ寝返り自立になるだろうか?
posted by さとし at 03:30| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

首が痛い

事の始まりは、週末のカポエイラ自主練でした。

トランポリンで立って跳ねる→寝て跳ねる→立って跳ねる、
という動きを繰り返している人を見て、僕もやってみようと思ったのでした。

意外と難しく、首から落ちてしまい、C1〜C3の筋がピキピキと音を立てたのでした。
トランポリンは床に着地するタイミングが分からず、数回首から落ちるという事を繰り返し、
その度に頸部筋が音を立ててたわけですが、、、、
案の定、痛みが出てきて、今現在むち打ちみたいになっています。
頸部が動かず、腕も上がらずで、ヨガとかカポエイラどころではないので昨日と今日と静養しているわけですが。

日常動作でも寝返りが打てない、起居動作ができない、顔を洗えない、咀嚼・嚥下ができないと色々と制限が出てきて患者さんの気持ちが分かります。
後ろを振り返ることができないので自転車やバイクなど怖くて仕方がないです。

さらに思ったのは、やはり頸部が制限されていると自己中心参照枠が狭くなるのではないかということです。
自己中心参照枠は頭部・体幹、視覚や平衡覚の情報を統合して作られているそうですが、
やはり頸部の動きが制限されると自分の身体の周りの状況が分かりにくくなってきて転倒リスクも高まりそうです。

そんなことも調べてみてもいいのではないかなと思ったりしました。
明日にはましになっててほしいな〜。
posted by さとし at 01:58| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

福岡旅行

この週末、博多に行ってきました。

オーストラリアにいた時期に仲の良かった友人と集まることになったので、いい機会なので近くに住む親戚にも会ってきました。。。

オーストラリア時代の友人と会うのはかれこれ10年以上ぶり、という人も入れば、
博多の親戚も5年ぶりぐらい、という感じで
懐かしい旅行になりました。

オーストラリアにはワーキングホリデーで滞在していたのですが、
僕は学生時代に休学して行きましたが、他の人たちは、
仕事を辞めてきたりとか、勉強しにきたりとかしていてすごいなぁ〜と思ってましたし、
海外に来るような人たちはどこか人と違った面白い感性を持っていたり、
目的意識があったりしてほとんど遊んでいただけでしたがそれは毎日が刺激的だったわけです。

そのころに「おじいさんおばあさんになっても会いたいね」とかみんなで冗談で言ってたわけですが、
ほんとうに、おじさんおばさんになってもこうやって会うことができるというのは、
やはり何かしら刺激を受けるからだと思います。
みんな、若い時にああだこうだやっていた時とは違うステージで生活を送っていて、
子供ができたり、仕事を変えようかと悩んだりしていて、
そもそもオーストラリアで出会ったときも違う世界にいる人たちがたまたま出会ったわけですが、
時間が経って会っても、みんなやはり違う人生を過ごしていて、それでも根幹は変わっていなくて
面白かったです。やはり相変わらずみんな刺激的でした。また会いたいし会う約束をしました。
この歳になると、時間が勿体無いのであってもつまらない人とは会いたくなくなります。
そういう意味で、普段の生活や仕事とは別の自分の中のいい経験となりました。
むかしバカなことばかりやっていたことを喋りながら思い出しました。

親戚も、祖母が施設に入っていたり、従兄弟が出産したり、子供が成長したりと時間が流れているのを感じました。
特に、施設に入っている祖母は、他界した母の親で、僕が物心つくころからよくしてくれた存在であったので、
そんな祖母が車椅子に乗って出てきた時には元気だったころを知っている分なんとも言えない気分になりました。
認知症も軽くあって耳も聞こえにくくなっていて、最初は僕のことが誰だかわからなかったりしたわけですが、

なぜか芯はしっかりしているところがあって、
父が送った年賀状を枕元に置いていてそれを握っていて、
喋っているうちにだんだんといろいろなことを思い出してきて、
ときおりはっとするような厳しいことをいうこともあり、襟が正される思いをしました。

母を亡くした父が独り者であることを気にかけているのか「さみしく過ごさないように友達を作りなさい」、とか
妻に対して「この子は優しくていい子だから大丈夫たい」と言った後に「ばあちゃんが言ったからにはこの言葉は重いよ」と言ったりとか、呆けているところどころで威厳を感じたりしました。

時間は待った無しです。いろいろとのんびりとしていられない、そう感じたこの2日間でした。
次会う時に、また自分が成長しておれるように日々過ごさないといけないと感じた今回の旅行でした。
posted by さとし at 03:06| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

眠い

とりあえず研究助成の申請書を一本書きました。

あといくつか申請して、
あとは実験デザインを吟味して、、、と進めていかなければなりません。

何かとやることが増えていてあっという間に明け方です。
今週末は福岡に旅行なのでそれまでに色々と片づけなければなりません。

というわけでおやすみなさい。。。
posted by さとし at 04:07| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

新年度

新年度が始まり、はや半月です。

僕はと言えば科研費が落ちてしばらく何もやる気が起きなかったのですが、
先日、研究合宿に参加させていただいてモチベーションが上がってきました。
やはり色々な人と関わって刺激を受けるのは大切だなぁと思う次第です。

科研費の若手部門は年齢的も厳しいだろうし、もう研究機関に行った方がいいのだろうか?
絞ればネタはあるけれど、今年はもう国際学会は厳しいし(昨年のいろいろなイベントのため)、今年は黙々と今いるところで進めていこう、

などと考えていましたが、気を入れなおして助成金に応募します。
今のところ臨床でもやらなければいけない事が僕にはあると感じているので。

そんな感じですね。
なんだか閉塞感を打ち破ることができた気がします。
posted by さとし at 03:30| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

週末

この週末は、久しぶりに飲む機会があり、
ある程度は外部の人との交流が必要なのだなと感じました。
男性と女性の脳の構造の違いかもしれませんが、
男は外に狩りに行くという本能が生得的にあるのかもしれません。
日々、忍耐や努力を感じることも少なくありませんが
何にせよ、ある程度は外で遊んで、仕事に勉強にと頑張って
自分を押し殺して生活をしないことが最終的には関係を良好に保つ秘訣なのかなと思いました。
しかし、変な人と思われても別にいいので
カポエイラと研究は何が何でも続けていきたいと思った週末でした。

そういうわけで明日からまた1週間はじまります。
頑張りましょう〜。
posted by さとし at 02:30| 京都 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

年度末という感じ

4月から新年度ということで職場でも体制が若干変わるために
それに向けて追われています。
業務全体の見直し、スタッフ間の情報の共有のためマニュアルを作り直してます。

あとは施設のホームページの作成に向けた取組、
ヘルスプロモーション関連など。
あとは、患者さんに回答してもらったアンケートの修計もしないといけませんね。

何か色々と仕事を振られている気もしますけど、
仕事ができる人に仕事が集まってくるとか
何かの本に書いていたのでポジティブに捉えて取り組みます。
まだ苦痛ではないですし。

あとは現在投稿準備の短報の英文校正、
「とあること」についての取り組みをすすめる
以前職場で取ったデータをまたまた論文にまとめること
春にすることになっているプレゼンの準備にも取り掛からなければなりません。

何やら色々とやることが多いですけど、
色々と体を動かしているうちに自然と能力が身につくものかなぁと思っています。

あ、先日アクセプトされた論文を昨年発表した国際学会で、
「論文になったらくれ」と言われていたのを思い出して、何人かに送信しないと。
スイスの人がなぜか多かったですが。

去年1年で自分は何をするのかなぁと思ってましたけど
振り返ればそれなりに成長があったと思いますし、
年も年なので巻いていこうと思ってます。

そんなわけでこれからカポエラの動画見て、助成金募集をネットで検索して寝ます・・・。
posted by さとし at 02:04| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

何かとバタバタな今日この頃


最近、色々と準備に追われています。
今日は、プレスリリースの文章と施設でのプレゼンの準備と2つ終わらせ、
明日からは、4月と6月にある発表に向けて準備をしなければなりません。
それと、今日は、論文を一つ投稿しようと思っていたのですが、
オンラインでの手続き中に大きなミスを発見。明日修正します。
そんな感じでバタバタしています。

論文もアクセプトされたことだし、研究助成なども探していかないといけませんね。

研究には金もかかります。
インプットにもアウトプットにもお金がかかります。
できる人ならともかく、僕はペーペーなのでなおさらです。
できることなら継続して学会などに参加して色々と情報を仕入れたいので
資金が必要です。
それでも自腹切ってでも動いている人が情熱を持ってる人なのでしょうけれど。

あと、独学で「とあること」を習得中なのですが。
自分がそれを始めていいのか確認中。オッケーが出れば一気に進めていこうと思っています。
今はこちらの方が関心あります。

あ、5月にオーストラリアに行くことになりました。
今までシドニー、メルボルンなど東側には行きましたけど(エアーズロックとアデレードも一応)、

今度はパースです。西側です。
東側はイギリスの影響を受けた西洋風のおしゃれな雰囲気がある気がしますけど
あまり洗練されたイメージがなく、
岩とか砂漠とかが多いような印象が強いですが、
久しぶりにわくわくします。

そんな感じです。明日からまた1週間始まります。
posted by さとし at 03:17| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

明日はデータどり。

膝の痛みがなかなか引かず、
膝の捻りがはいる動きで痛みが生じるし、
立ち上がりしな、膝が伸びないのでどうも
半月板を痛めている気がしています。
半月板損傷の可能性を評価してみたらことごとく陽性だったので、
本当にかなんなぁ〜と思う今日この頃です。
昨年末から生活が一変したのですが、自分の時間の過ごし方が
全く変わっていないので、現実世界と自分の中の意識の間にずれが生じていて
はたしてこれでいいのかと最近感じています。自分にとって重要なことは何なのか
見直す時期に来ているのかもしれません。

さて、今週は、Minor revisionで返ってきた投稿中の論文も再投稿し、
現在執筆中の原著論文も少し進めました。

あと、試行錯誤しながら
興味本位で、とあることを、勉強しながら進めています。
なかなか初心者のとっかかりがつかめず、
先日情報収集に大阪まで出かけたりしたのですが、
結局、参考書を3冊ほど購入して現在の方向に落ち着きました。
なかなか面白く学べています。
どの参考書を選ぶかがいかに大切かが分かります。
理解度も違うし、面白いと感じるかどうかまで変わってきます。
このまま順調に進めばいいと思っていますが、
また一区切りついたときに報告できればと思っています。

明日は午前中業務、午後は患者会の方に協力してもらってデータ取りです。
予想以上の人数が集まって、本当に有難い限りです。
患者さんのヘルスプロモーションにもなるし、今後継続して進めていければと
個人的には思っているのですが、、、今後に期待ですね。

そういうわけで寝ます。
来週はセミナーの手伝いだし週末あわただしくなってきました。
posted by さとし at 02:31| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

眠すぎ

昨日、投稿中の英論文のReviseが返ってきて、Minor revisionだったので一部修正して校正にかけました。
おそらくacceptされるでしょう。
英文のケースレポートも投稿しました。
職場の患者会と一緒に研究の実験をすることが今日きまりました。
自分の仮説を検証するのも大事ですが、地域の人たちのためになるような情報も発信していきたいものです。
デザインを詰めないと。

あ、職場グループの発表ポスターも作らないと。訪問リハの症例報告なのですが、ご本人さんに許可をもらった時に、ご本人も発表を見に行きたいとおっしゃってました。
能力的には厳しそうですが、患者さんや利用者さんも発表を見にに行けるような集会にしていければ素晴らしいと思います。そういえばアメリカのSFNでは脊損の一般の方が車いすを動かしていろんな発表を見に行っていますし。

そんな感じです。眠すぎます。やらなければならないことは沢山あるのですが、今日は寝ます。
おやすみなさい。
posted by さとし at 02:28| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

シリアでの湯川さん・後藤さんの拉致殺害事件に思う。

ISISに日本人が拘束・惨殺されたという痛ましい事件が起こり
昨日は何もする気が起きませんでした。

紛争地の子供の日常を伝えるために自腹で取材に行き、
事件に巻き込まれて命を落とす人がいる。
その一方で、同時刻のfacebook上では幸せな結婚報告やら
楽しそうな飲み会に行ったやら、楽しそうな投稿であふれていて、
それは別に悪いことでも何でもないのですが、
個人的に何かすごく気分の悪さを感じました。

後藤健二と湯川春菜さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

後藤さんは、もちろんジャーナリストとして特ダネ記事を持って帰りたい、
という気持ちもあったかもしれませんが、言動や行いから
弱者に対して温かい視線を忘れず、義侠心にあふれた人だったと思います。
強い人とは、こういう人のことをいうのだろうと思います。
生きて帰って欲しかったです。

今回の事件で感じたことを3つ。

ひとつ目。
日本の外交には本当にインテリジェンスが必要だと感じます。
いつもいつも思うのですが、何かずれているというか。
今回ISISは安倍首相の訪問タイミングに合わせて準備をしていたと考えられますが、
身代金要求が水面下で行われていることを承知の上で
ISISに対抗することを宣言した記者会見や
ISISに交渉するための窓口である中田氏や常岡氏による対話を封じていたりと。
対応策がないのであればもっと考えて行動すればよいのではと感じてしまいます。
一昔前、橋下さんが、沖縄の米兵に「強姦するなら風俗を利用しろ」
というコメントを出して反感を喰らっていましたが、
それによく似た何か危機感のなさを感じます。
国際的に見てどうかではなく、内輪のノリというか。
何かこう視野が狭い。

ふたつ目。
今回は日本も十字軍に参加したとISISは主張していました。
内田樹氏も言っていたのですが、
軍事力を持たないということで、今回のように敵国視されるようなこともないし、
現憲法は第二次世界大戦後の理想を描いたような内容で、
侵略してくる国に対しては、それが戦後秩序の破壊になるので
世論がそれを許すことはないだろう、つまり
戦力をもたない日本国憲法にもある程度は抑止力があるのではということ。


みっつ目。
日本は今回、巻き込まれた感が強いですが、過去の文脈からしっかりと昔から
日本は敵だと受け取られている可能性があるということです。

ISISが勢力を広げた原因はアメリカがイラク戦争により
サダム・フセインを処刑したことでイラクが無秩序状態に陥ったためだと
考えられています。、
無秩序状態に便乗して、ISISの前身となるアルカイダ系のグループが
勢力を広げてきたのです。
そのイラク戦争では、当時の首相である小泉氏が
アメリカの軍事行動を支持し財政面で援助をしていましたが、
その時もイラクで日本人が拉致されたり、処刑されたりして
後方支援であっても敵とみなされていました。
アルカイダの流れをくむISISにとっても日本はやはり敵だとみなしてますし
人道目的だという安倍総理の弁明もあまり説得力はありません。
今も昔もやっていることは同じです。それを事前に読み取ることは出来ていたのか。

そんな感じです。
posted by さとし at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする