2018年04月04日

今年度

ここ最近、生活環境が変わったのもありますが、
なんだか職場の人たちが僕に優しくなった気がします。
今まで挨拶程度しか交わさなかった人たちから話しかけらることも増えましたし。
自分自身の中で色々と気持ちに変化が出て来た気がします。

周りの同年代の人たちが少しずつなくなっていっているのも関係しているかもしれません。
僕は、今がおそらく身体的にも精神的にもピークでこれからはどんどん衰えて行くのかもしれません。
そう考えてやりたいこと、できることはできる限りやって行った方がいいのだろうな、と思うようになりました。
プライベートでもなるべく迷惑がかからない範囲で気がすむように動いた方がいいのだろうな、と。
そういうわけで、ブラジリアン柔術も少しですが習い始めましたし、
読みたい本も取り寄せて読むようになりました。
集まったらいい、と思うような昔の友人の同窓会なども招集をかけるようになりました。

仕事でも、自分で言うのもなんですが、最近思ったことを主張するようになって来た気がします。
それは、自分自身がもう残り人生を考えなければならない年齢になって来て、
みんなの顔色を気にして、なあなあにしていたら、何かしらやり遂げる前に
定年になるなり寿命が来るなりしてしまうのではないかという焦りが出て来たこともあります。

概して職場の人たちは(僕の働く職場が特別なのではないと思いますが)、
守りに入りがちで、例えば地域のプライマリィケアに携わる施設なのであれば、
もっと地域に出て行き、地域のことを知るべきであるし、
地域リハビリテーションを取り組むのであれば、
近くの事業所とも提携して地域を巻き込んでやって行くべきであるし、
さらには、本当に世のために貢献しようとするのであれば、
しっかりとデータとしてまとめて、学会なり論文なりで世に出すべきであるし、
さらにはアウトリーチ活動として色々なところで交流したりイベントを企画したりして、と
やっていかなければならないと思っています。

職場ではやろうやろうと管理職の人たちが口では言っているものの
全く行動が伴わず、企画が全く動かない状態がここ数年続いていましたが、
やっと何人かの仲間たちの協力もあって動くようになって来ました。
ようやく今週から地域の生活背景調査のデータの蓄積が始まりました。

僕自身も、職場の業務や取り組みとして行うことを考えて、
同意を待っていては、おそらく事が始まる前に僕が先に寿命がきてしまうだろう、と思うこともあり、
自分で地域のボランティアサークルを立ち上げることにしました。
僕の働いている施設の近辺にはおそらくほとんどない(リサーチした範囲では)、
中高年の障碍を持った方の居場所づくりのためのサークルです。

さらに、僕の働いてる職場の中にも、自分のことだけを考えているのではなくて
職場全体がもっと良くなるように問題意識を持って声をあげてくれる人たちもいます。
そのような人たちと一緒に職場や地域を盛り上げて行きたいな、と思っています。

理学療法士としても、僕の年代になると、
臨床を離れて教員になる人や、起業する人など色々といます。
僕自身も研究もしたいし、起業もしたいと思う自分もいるのですが、
今の仲間たちと、もっと職場や地域をよくしたいという気持ちが今は強いです。
そして、実際、今は発言したり提案した事が結構通りやすく、
ある程度は自分の裁量で職場の色々なことを責任のある立場でやらせてもらったりして
楽しさを感じたりしているのも事実です。
前の職場だとおそらくこうはなっていなかっただろうし、
40過ぎてから仕事が面白くなってきたので、今まで
それなりに僕自身下積みをしてきていたのかも?しれませんし。
しかし今の職場でもここまで来るのに、結構時間を要しました。
何人かの人たちも辞めていきました。

今の職場で地域を盛り上げつつ、施設の水準をあげつつ、
患者や地域に有用な研究や提案もして、
そのようなことをやっていきたいと思っています。
そして、仕事や患者さんを通じて自分の人間性を高める、とはよく言ったものですが
そのような自分自身の行動は、結果的には自分自身の成長につながると思っています。

やりたいこと、やらなければならない事が常に頭を巡っている状態がずっと続いています。

とりあえず、今年度はそんな感じで走り続けようと思っています。
posted by さとし at 21:09| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

結婚式

今日はもう20年来になりますか。
友人の結婚式に行ってきました。

もう結婚といっても2回目の人もいますし、
なんか色々な事情もあって、10代・20代のように手放しに
おめでとうをいうことができるかどうかは微妙なところもありますが、
事情などを聞いていると、
セレモニーとしての表と本音の裏の面があったりもしますが、

ちゃんと式を挙げて、きっちりとみんなに見てもらって
報告をするという姿勢はすごく立派だなと思いました。
幸せになってほしいと思います。

僕自身は、久々に再会した友人もいて、お酒もあって
かなり面倒くさい人になっていたかもしれません。
クラークにいた式場の従業員の人が知り合いだってびっくりしました。

というわけで明日からまた1週間頑張ります。
posted by さとし at 02:20| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

今日1日

介護予防の企画を考えなければならなかったのですが、
何とか空いている時間に構想をまとめられそうです。
また僕の中に責任が増えそうすが、
多分失敗も含めて経験させてれると思うので、
職場のそういう姿勢には感謝しないと。

明日は友人の結婚式です。
かれこれ20年前に仲が良かった人ですが、
久しぶりに再会する友達もいるのでとても楽しみです。

この歳で結婚式というのも少しウキウキします。
ということで明日楽しんできます。
posted by さとし at 01:58| 京都 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

幸せ

今日は、自分のプライベートの生活の中では大事なイベントがあって、
朝からずっとそれにかかっていました。

ちょうど僕の家族が遊びに来る時期に合ったので、
いろんな人と顔を合わせることができました。
なんと言うか皆さん幸せそうで良かったです。
そんなみなさんを見ているだけで嬉しくなりました。

今まで以上に日々が楽しくなればいいなぁと思ってます。
明日からお仕事また頑張りましょう〜。
posted by さとし at 01:43| 京都 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

破綻

今日は、限界を感じずにはいられなかった1日でした。

当たり前のことですが、組織には、最高責任者、意思決定をする人がいた方がいいと思います。
っていうかそれが普通だと思います。
意思決定する人がいない組織って何なんでしょう。
全ては言うたもんがち、やったもん勝ちの人が得をして
きっちりと手続きを経て取り組んでいる人の方が損をする
とかどうなんでしょう。
誠実に指摘されたことに対応し続けることを毎週毎週、もう1年間ずっと繰り返しているのですが、
いまだに続いています。やるやる詐欺でしょうか。
何のために僕はこんなに時間を費やしてるのでしょうか。
流石に、普通の人なら堪忍袋の緒がが切れるところだと思うのですが。

これだだけでなく、全てにおいてです。みんな他人事。その場だけの発言。
組織的に限界も感じてますが、自分自身にとってももう限界な感じです。
組織をよりよく変える、と言うのも大事だとは思いますけど
どうやっても解決しない体質のものに対して
そこまでする必要があるのか、と思ったりします。
posted by さとし at 01:58| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

休日ですが

今日は朝から診療報酬改定の講習会がありました。

ある程度は、中医協のサイトから情報をチェックしていたので
再確認程度の内容でしたが、それで午後まで。それからはヨガをしたり読書をしたり
お仕事の事務処理を片付けたりとしていました。

明日の午前中には事務処理は負えられるでしょうか。

そんな感じでお休みなさい。
posted by さとし at 01:33| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

東京出張

週末は東京出張でした。

まずは、職場の研修に参加しましたが、ヘルスプロモーションについての研修ですが
内容は、ちょっと・・・という感じでした。
ヘルスプロモーションの本部の研究についての報告や、
病院で取り組むためのマニュアルをアップデートしています、という報告、
そしてどのようにアップデートを活用して行きますか、というディスカッションなどの内容でした。
しかし、どんなことがアップデートされたのか、という内容についての説明もなかったですし、
今までになく現場と乖離しているというか、ちゃんと現場のことを考えているのだろうか、という気がしました。

リハビリの世界には、〇〇法とか、〇〇テクニックとか、数えきれないほどあって、
それも使い方を間違えると宗教のようになってしまうのです。
そんなこと信じるか?ということをみんな大真面目に信じている、
例えば、脳損傷は完全に治るとか。
他のテクニックを批判して自分たちのテクニックの正当性を主張する、
ということがあるのですが、全てはその組織のえらい人や
本場の外国のある病院では
こういうことを言っているからそれに従おう、ということが多いわけです。
流石に、世界中の病院や施設を同じ基準に当てはめるのはどうかのかな、と思うのですが
どのように進むのでしょうね。
それならこの今の組織の顧問の大学の教授たちの調査研究の方がまだまともだと感じると思ったのですが、
どうでしょう。
そんな感想でした。

その後はせっかく東京にきたので、身内と会って宴会をしたり、
下はワイン飲み放題の肉料理屋さんの料理です。

IMG_1911.JPG

カポエイラの道場にお邪魔して一緒に練習させてもらったりしました。
数年前よりも自分のグループの動きが僕の中に定着してきたのか、
他のグループの動きがどういう意味があるのか、とか比較したり
自分の動きの再確認にもなってとても面白かったです。
どこも基本練習に時間を割いてましたが、僕はやっぱりフィジカルがダメで
特に体幹をちゃんとトレーニングしないといけないなぁ、と思いました。

そんな感じの今回の東京出張でした。
posted by さとし at 02:49| 京都 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

感謝

色々と想定外のことが多かったですが
何よりも、僕たち当事者より周りの人たちが、
喜んでくれて嬉しかったです。
実家の母親の遺影にも報告してきました。

お別れから10年経ちました。
本当は生きているうちに知らせたかったです。
きっと一番喜んでくれていたと思います。
約30年間与えてもらっていたものを
今日から僕が伝えていく番です。
あまり要領が良くないので失敗ばかりだと思いますが
僕たちや周りのみんなのことを
これからもずっと見守っていてください、と。
posted by さとし at 03:03| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

筋肉痛

2日遅れて全身が筋肉痛になってしまうところとか年齢を感じます。
今日はヨガに行きましたが、仰向けから腹筋で起き上がることができずに
あかんなぁ〜と思いました。
くしゃみをしても痛む右胸の痛みはいつまで続くんでしょうか。
というわけでお休みなさい。
明日から1週間始まりますね。
posted by さとし at 00:53| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

右鎖骨下の痛み

仕事がお休みだということで、天気もいいしでなかなかいい感じの1日でした。
午前中はひたすら家事をして、午後からはお勉強をしていました。夜は稽古。

右の鎖骨の下の痛みがずっと続いていていて、
色々調べているんですけど、筋肉が張ったりして神経が圧迫されているんでしょうかね〜。
癌とかだったら怖いですけど多分大丈夫だと思う・・・。
胸郭出口症候群まではいかないと思いますが、小胸筋とかが張ってるのかもしれません。
というわけで一人ストレッチをします。明日はヨガに行くからほぐれたらいいんですけど。
って感じでお休みなさい。
posted by さとし at 01:23| 京都 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

ブラジリアン柔術体験

今日の仕事もバタバタでした。

弁当を食べた7分間以外はずっと職場で走り回っていた感じです。

今日から外来個別リハビリで来られる新患さんのために時間を空けていたのですが、
その方が道に迷ったらしく1時間近く遅れて来られ、そのために他の方の予約時間にずれ込み
追い込まれる状態になったり、

患者さんのとある件で、ちゃんと伝えてくれよ、と他職種の人に思うことがあって
その件で走り回ったりでフル稼働したにも関わらず、大幅に残業してしましました。

そして、その後行ってきました。ブラジリアン柔術の体験に。
関節技とか知らないし、体の使う場所も、基本の動きも、もちろんカポエイラとは違うので
全然思うように動かないし、
それでも基本の動きとか、基本の関節技とか教えてもらって組手をすると、
一回も決めることはできませんでしたが、面白かったです。
たまにはやりに行こうかなぁ、と思いました。家から近いし。
posted by さとし at 23:46| 京都 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

40代

今日も訃報が。
高校時代の同級生が急逝したとのこと。
といっても高校を卒業してからは全く連絡を取ってなかったし、
SNSで繋がって程度の関係だったのでなんとも微妙な関係ではありますが、
それでも驚きました。自分の記憶では高校時代で止まってるので
その彼がもう存在しないと思うと不思議な感じです。。。
40代になって同年代の人が他界してしまう話をよく聞きます。
明日は我が身。悔いのないように日々を過ごしたいと思います。
posted by さとし at 01:09| 京都 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

休みの1日

週末の葬儀から、今日は偶然ですが仕事が休みだったので
朝から用事である場所に色々と情報収集に行ってました。
合間合間の時間に色々とお仕事を片付けて
夕方から仕事ではありませんがとある用事があって職場に会議に行きました。

なんか、いつも思うのですが、
会議はとても大事なことを話し合うものだとは思うのですが、
終わる時間はあらかじめ決めておいて、
時間内に終わるように努力すべきだと思うんですよね。
時間は寿命と同じで、つまりは命と同じだと思ったりしてるので、
それが業務であっても業務でなくても、
1時間で終わる予定の会議が2時間3時間と当たり前のように延びるのはどうも
納得できません。
時間に緩い人が、残業をなくそうとか、業務量が多いとか、言っているのは違和感を感じます。
しかし逆に、そういう取り組みに無関心であったり毛嫌いしているのに
都合のいい部分だけを享受して批判している人にも違和感を感じますが。

そんな感じで休みでしたが朝から盛りだくさんの1日でした。
posted by さとし at 00:31| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

お通夜

昨晩、訃報を知り、今日お通夜に行ってきました。そして明日は葬儀です。
まだ若くしてなくなってしまいました。
なんというか、もうそんな年なのかもしれませんが、同年代の人や自分より若い人も見送ることが増えてきました。
亡くなる人を見るようになると(普段職場でも頻繁に出くわすのもありますが)、
生きているのが普通なのか、死んでいるのが普通なのかと思うことがあります。
亡くなってしまったら、表情は違うけれどだいたいみんな同じもののように感じます。
病気の苦しみや痛み、不安や苦痛が終わって、本当にお疲れ様、よく頑張ったね、と思います。
意識がある生きている状態が普通なのではなく、死んでいる状態の方が普通なんじゃないかと感じることもあります。
20年前は死ぬことはまだ実感無かったし自分とは無関係なことだと考えていましたけど。

僕も10年前に母親を病気でなくしているのですが、
当時自分でもあまり覚えていないですが、本人も看病している僕の家族の方が当然辛かったと思うのですが、
僕自身もすごく精神的にきつかったと思うのです。
思うのです、というのは、きつかったので自分自身が
無意識的に記憶から消し去ろうとしているのでしょうが、
一般的にはトラウマと言われるのでしょうが、
扁桃体にはきっちりと当時の記憶が情動を伴って記録されてしまっているために
こういう、誰かの死などの状況に参加すると、当時の記憶が苦しい感情とともに蘇るわけです。

今日も忘れていた色々なことが蘇りました。
例えば、元気だった頃に「まあ短い人生だったけどよく生きたわ」とか言って
「残りの人生を楽しく過ごす」とか父母一緒に明るく宣言していたり
顔を見に行った時に母親が「もう来週からモルヒネすることにしたわ。しんどいもん」とか言ったりしたこともあったし、

やっぱり、まだ精神的に親離れしていなかった僕自身としては、
いつまでも生きていてほしいという想いが見舞いに行ってもどこかにあって
末期の癌であることは頭では分かっていたけれど、どこかでそうではあってほしくないとも思っていたわけで
モルヒネ宣言を聞いたときは、今まで、ステロイドの副作用で顔が変わったり、
食べ物が入らなくなってどんどん痩せて行ったり、そういう姿を見てきましたが、
どんどん母親が遠くに行ってしまうような気がしていましたが、
モルヒネは痛みの緩和はするけれども、副作用で意識朦朧としてしまうために
とうとう、会話もできなくなって母親でなくなってしまうのではないか、と
それを決定的に感じた言葉でもあったのです。
母親はいずれは死ぬのだと頭では分かってはいたのですが
結構自分の中では衝撃でした。

看病していた人はほとんどの人は後悔が残るそうです。
あの時にはああしとけばよかったとか、あれが良く無かったんじゃないかとか。
それは仕方がないことなのですが、
ちゃんと後悔が残らないように接しないといけないなぁ、と思うとともに、
自分もいつ何が原因で命を失うかもしれないのでちゃんと生きないとなぁ、とか思いました。
posted by さとし at 02:02| 京都 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

首が痛い

この1週間首が痛みます。それに伴って全身の動きが固くなってます。
寝違えか、練習で鞭打ちか、明後日イベントがあるのですが治るでしょうか。

そんな感じで明日も仕事です。ねます。
posted by さとし at 01:21| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

今日1日

今日はひたすら研究計画書を作ってました。
ひとつはできましたがもう一つは明日中には仕上げたいですね。

今日は、ジムでトレーニングしてたんですけど
帰ってきてから
なんか首が痛いのはなぜでしょう。

というわけでお休みなさい。
posted by さとし at 02:36| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

1日動きっぱなし。

今日は土曜日の半日出勤の日だったので、
溜まってる事務処理だけで終わるかなと思っていたら
同僚が体調を崩したということで結局ずっと外回りをしていました。
そのまま仕事を終えてちょっと色々調べ物があって
電車を乗り継いで、とある場所へ。
その後帰宅して家事をしたのちに稽古の代行があったので
早めに道場に行きました。練習が終わったら体が動かなくなって、
これはいかんなぁ〜と思いました。年とは思いたくありませんが、
練習不足かも。

みんなの話を聞いていると身体の使い方や技の意味を深めていて
僕はまだまだだなぁ〜と感じます。
月曜日は祝日なのでちょっとジムで自主トレでもしようかと。

そんな感じでお休みなさい。
posted by さとし at 02:15| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

今度こそ

先日ブラジル人と語学エクスチェンジをしてきたのですが、
なかなかいいやつで、発音から丁寧に教えてくれました。
研究しゃらしくえらい真面目で誠実な人で
出会った飲み屋には女の子目当てできてた感じもしないでもありませんでしたが、
また付き合ってくれるそうなので
ちょっと(今度こそ)勉強できればなぁ、と思ってます。
posted by さとし at 00:21| 京都 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

苛立ち

今日は疲れました。
午前中は臨床をしてから昼からは会議5つ。
時間がないので帰宅せずにそのまま外食して稽古に行きました。

臨床は今日は外回りの日だったのですが、
寒さにも関わらず皆さんお元気そうでホッとしました。

僕が訪問リハビリを始めて初めて担当した利用者さんが、
今日お亡くなりになったと聞きました。
訪問リハビリに携わって多分5年ほど経ってると思うのですが
その間ずっと関わらせてもらっていて、先週も訪問して調子が悪かったのですが、
風邪程度という認識だったのに、入院されて数日で亡くなってしまわれました。
つい数日前まで普通に関わっていたのに亡くなってしまわれた方は
今までも何人も見てきました。
その方も、もう90歳を過ぎていたのですが、先週まで元気だったのに
人は死ぬのはあっという間だと感じると同時に、
お亡くなりになる直前まで人生に
関わらせてもらうことができるこの仕事の重みというか、
真摯に向かい合わなけれがならない仕事だと感じました。

色んな会議がありましたが、その中の一つに研究計画を吟味する会議がありました。
職場で取り組もうと提案してからもう半年以上、
いろんな人からいろんな事を言われて延々修正し続けて、
計画がなんども会議に出されて管理職からゴーサインが出たのに
どこかから異議が出て差し戻され、という訳の分からない状況が
半年以上続いていて、このままでは永遠に調査を始めることが
できないと思っていた研究計画について、見るに見かねた(と思われる)、
職場の人が何人か、管理職の人たちと一緒に内容を吟味する時間を作ってくれました。
僕自身、学習性無気力(何をやっても無駄である事を学びやる気を失う状態)になっていましたが、
もう一度ちゃんといい研究をやろうということで意見が一致したので
今度こそ計画計画を作り直して実行できればと思っています。

僕自身のパフォーマンスとしてどうかと思うのですが、いつも一人でやっていて、行き詰まり、
見るに見かねた人たちが助け舟を出してくれる、というパターンが色んな場面である、
もしくはあったような気がします。
そういえば大学院でもそんなことがありましたし、
今の職場でも前の職場でも他にもこんなことがありました。

もう少し上手に立ち回れたらなぁ、と思わなくもありませんが、
一方でこの職場のシステムはどうなってるんだ、とも思ったりします。
僕以外の人でも、良かれと思って提案した企画ですが、とりあえず、管理者の会議で
いい提案だからやろうという決定がされてから1年近く放置されている案件もありますし、
職場のために地域のために良かれと思って提案してもこんな風に誰も意志決定する人がいない環境だと
何かを作り上げる前に僕が先に定年退職するんじゃないか、と感じたりもして
すごく苛立ちを覚えます。

まあそんな感じですが、今度こそ動けばと思うので頑張ります。
今週はあっという間です。
posted by さとし at 02:43| 京都 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

芸人

今日も仕事でバタバタと動き回って、
合間合間で事務処理をして、その後、職場の会議に出て
夜は夜で予定があって、という感じであっという間に月曜日が終わってしまいました。

あまりストレスがないのがうちの職場のいいところではありますが、
その分自由度がありそうでない、決められたルールに従っていればストレスがない、
という籠の中の鳥状態のような気もしますが、
ある程度は自分の裁量で仕事ができて(ある程度ですが)、
ある程度は自分で提案もできる(提案したものの行方がわからなくなることもありますが)。

自分が成長できるというのはどういう環境なのかと思うこともあります。
人間ある程度はストレスを与えられたり、違う価値観の人の中で揉まれたほうが
成長はするのだとは思いますが、自ら意識しなければ楽な方に流されていく、と思ったりもします。

最近、さらっと読んでいる本に

革命のファンファーレ 現代のお金と広告 西野 亮廣 (著)
があるのですが、面白いことを書いています。

芸人、という定義は人によって違うものだけれど、
お客さんやテレビから求められるお笑いをする、露出が増えてコメンテーターをしたり、MCをしたり、という職業としての芸人が芸人なのか、
破天荒なことをする、突然やりたいことをやるために仕事をやめて無一文になる、など生き方が芸人なのか、
まあ、プロレスとかでも同じような感じの議論はありますが、
後者の方がやはり面白いと感じますが、僕も目指しているもののために精進しないとなぁ、と思います。

というわけで明日は寒いのでもう寝ます。
posted by さとし at 00:43| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする