2014年09月01日

バタバタ

この土日は臨床でバタバタ、私用でもバタバタと
落ち着きのない休みでしたが、

多少余裕がない方が充実感はあります。

再投稿の論文もRejectで返ってきたのですが、
2人のReviewerはなぜかとても親切で、
「研究自体は面白い」と書かれており、
よりよい解析方法のアドバイスを
かなり詳しく載せていました。

建設的なコメントで嬉しくなりました。
そして再解析をやり直しています。
もう一度同じ雑誌に投稿するか、IFを下げるか考え中。

それとは別に、研究を手伝っているある大学の先生から
論文の分担の依頼がきましたし、
これも作り上げなければなりません。
メールで、「測定はこうこうこうこういう設定で
行っていますし、課題はこのようにやりました。
その辺をまとめてください。お願いします」
というようなことが書かれていましたが、
そこまで分かっているなら自分で書いたらいいのにと思いつつ。

自分の勉強にはなるとは思うのですが、
本当に研究が好きなのなら自分で書きたくならないのかなと思ったりして
あまり僕のモチベーションは高くありません。
好きでやっている研究というよりかは
業績を増やすための論文つくりをやっている気がするのです・・・。

そんな感じです。来週からfNIRS実験もボチボチ始めるので頑張らないと・・・・

というわけでおやすみなさい。
posted by さとし at 02:58| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

少年老い易く学成り難し

今日は、訪問リハビリに僕が携わってからずっと関わらせてもらった利用者さんが
ご自宅で亡くなられたという連絡がありました。

気さくな方で、80歳過ぎてグラサンかけて株をやっていてと
先日病院から戻ってこられたばかりで、
少し体調がよくないとは思っていたのですが、
サービスも増やしたり、食事指導をしたりと
利用者さんの生活を守るのはこれからだと他職種のみんなも思っていたはずです。
亡くなられるとは誰も予想していなかったですし、
僕もすごくショックです。

こういう仕事に関わって
こうやって徐々に、急にと亡くなられた方を何人も見てきました。

僕もあと何回か季節を迎えると同じような立場になるわけで、
それまでの残された時間について何ができるのかと不安で仕方がない自分がいたりします。

しかし一方で、「生きがいがない、早く死にたい」とおっしゃる方もたくさんおられるわけですが、

今のところ自分自身、死ぬことについて不安で仕方がないわけです。
身体に障害をもった利用者さんや、そしてもう他界した僕の母は、どのように感じている、またはいた、のでしょうか。

元気でいられる時間がない、ということに少し関連するのですが、

先日は休みを取って、大学の研究室の研究発表会に参加させてもらいました。
他大学の先生方の発表を拝聴して、すごくわくわくしたというか、刺激をうけたというか、
新しいことをどんどんと解明していくエネルギーをすごいと思ったし、
やっぱり研究は楽しいなぁと思ったわけです。
僕もいつかはそうしたい、と思っていてはいつの間にか時間が無くなってしまう、
もうそろそろ環境を変えた方がいいかなぁと思う自分もいました。

その気持ちをもったまま、今日は職場のHPHの第一回目の会議した。
HPHとは、Health promoting hospital and servisecesの略で、
一言でいうと「健康増進」です
職場での健康(メンタルヘルスや腰痛など含む)
利用者の健康(転倒予防やメタボ予防など含む)
そして地域の人の健康などを促進する取り組みで
診療所長がなかなか熱くて、世界大会(来年はオスロらしい)に参加しようとか、
HPHに取り組んでいる施設に見学に行こうとか、
なかなかモチベーションの上がることを言ってくれるので
これも取り組みたいなぁと思う自分もいるのでした。

僕は、やっぱり前々から社会に貢献できるような関わりをしたいと思っていて、
もし、地域の人たちの健康への取り組みなどに関われるのならこれもぜひ頑張りたいと思ったりもします。

よく最近言われる、予防医学についてですが、
脳卒中や高血圧などの病気を医療機関で治療しても、また再発する確率が非常に高く、
医療費を圧迫してしまいます。
それは、そのような病気になる人の環境が病気を生じやすいためだといわれており、
例えば貧しい人は低栄養な食事やジャンクフードを食べる機会が増えるために病気をおこしやすくなります。
それらを改善するような働きかけを社会にしていく・・・・・、
所得などの格差をなくすことがひいては医療費の削減につながる・・・・と
前読んだ本に書いてありました。
そういうところまでゆくゆくはしていければなぁと思います。

そういう、僕の残された時間に何をすればいいのだろう、と少し考えた、今日1日でした。

というわけでこれから稽古です。
posted by さとし at 20:21| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

診療所としての・・・

台風が来てますね。

ここ最近、診療所で働いていて思うのですが、
訪問リハビリをしてたり、外来リハビリをしていて
この人たちは何か遣り甲斐がもてれば医療保険や介護保険を使った
リハビリは必要なくなるんじゃないか、と思う人が結構多いことです。

中には肥満傾向でリハビリに来ることで動く機会を作る、という方もおられますし、
身体機能が悪くなることが不安なので維持的な目的で来られる方もおられます。

そういう人たちは、リハビリではなくて地域のコミュニティが受け入れることができないかなぁ〜と
思ったりするわけです。

今やってるリハビリはサービスを提供する人に対しては働きかけますけど、
その人たちが住んでいる地域や環境に働きかけないと、
ずっとリハビリに来られるんじゃないかなぁという気もしますし。

例えば、職場にある友の会みたいな共同組織は、
何か健康を害することがあったときにフォローできるような組織ですけれど、
そういう人たちよりももっと健康な、人たちを対象にして
老人クラブのようなものは作れないのかなぁ〜とか思います。

定期的に集まって、スポーツをしたり、地域のボランティアをしたり、
交代で何かしらの得意分野でプレゼンをしたりとかして、
診療所の助けが何かしら必要なときは部屋やスタッフを貸したりして協力する、
そして医療的な相談窓口を診療所がつくってそういう人たちとのつながりをもつとか。

一方的な関係ではなくて相互関係を地域の中でつくっていければなぁと思うのですが。
社会を良くするにはどうすればいいかと、最近考えます。
posted by さとし at 03:13| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

NHK「バリバラ」

はじめてNHKのバリバラという番組を見ました。
興味深い内容ですね。

訪問リハビリやっていて、個人個人に対してリハビリテーションを行うことはとても大事だと思いますが、
やっぱり、障碍者の社会参加が可能な提案をしたりシステムを作ることも大切だと思うわけです。
それは、政治家何とかしてくれ、と政治運動をするようなものではなくて、
具体的にどのようなものをすればよいのかアイデアをださないと、とか思うわけです。

利用者さんの中には、
やる気はあるのに、体が動かないから色々とあきらめている人もおられるし、
もう少し、障碍者に優しいインフラがあれば生活の質が上がるのに、と思うこともあります。

そういうことが、今までちょっと経験しただけでも結構な数あって、
今まで見てきた利用者さんでもよくなってきたな、人間らしい生活だなぁ、って
僕が思えるのは(主観的な見方ですが)、障害がありながらも
何らかの社会参加が見られた時だと感じることが多いので、
そういうものが日本には必要ではないかなぁと思うわけです。

なんというか、障害のない人が、障害のある人でもふつうの態度で接してくれるには、
能力を発揮できる、社会の中での役割を持てる、社会に貢献できる環境が必要なわけで、

例えば、
手が動かない人がパソコン操作ができるようになるだけでも、あるいは、
足の不自由な人が、どこでも出かけられるようになるだけでも
その可能性は一気に広がると思います。

今は、それらは
介護サービスを使ってヘルパーさんが車いすを押したり、電動車いすを本人が操作したり、
あるいは、ヘルパーさんが本人に代わって家事をしたり、自助具をつかって自分の爪を切ったり、包丁を使ったり、
と代償をつかって何とか現状を埋め合わせているわけですけど、

生活インフラそのものを変えればもっと敷居が低くなるでしょう。
それが今、研究されているBMIだったりするのかもしれませんが。

もっといい方法はないかなぁ、そういうことを提案していけないかなぁ、
と考えたりしてしまいました。
一般化してしまえばただバリアフリーのことを考えているだけかもしれませんが。
posted by さとし at 16:36| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

訪問リハ

訪問リハビリで、ちょっとしたことで大きく変わってしまう利用者さんがおられます。

在宅だと生活の変化が生死にかかわることもあるのでシビアだったりします。

今関わっている利用者さんも、一つ一緒に取り組んできた目標がクリアできたのですが、
それ以来すっかりルンルン気分になってしまい、自分でやりたいこと、行きたい場所が増えてきて、
それ自体は素晴らしいことなのですが、大きな事故につながらないかと心配です。

高次脳機能障害もあって、麻痺もあって、家の周りの生活がやっとの人が、
一緒に練習して、いろいろな人の協力のもとに、他府県の知人に会いに行くという目標を達成できたのですが、
それから少し行動に自制が利かなくなっている印象で心配です。
サービスをさぼってパチンコに行くなどということも数年間関わらせてもらってきて初めてのことなので、
おかしな方向に行かないように他職種と相談しながらやっていきたいと思います。

今日はそのほかにも、他の利用者さんの今後の方針を考えるために情報をまとめていました。
その人の生活文脈にうまく乗るとリハビリの目標や関わり方が楽になりますね。
posted by さとし at 19:21| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

リハビリテーション・PT学会in横浜A

先日参加させていただいたPT全国学会の報告書を書いているのですが、
PT学会をふり返ってみると、

高齢者や障害者が生きがいを持てるような住環境設備を整えることが大切である、とあるシンポジウムで言われていました。

本当に僕もそう思うところで、リハビリテーションとは
「再び取り戻す」という意味で、
今まで失われていた人間らしく生きる権利や、自分らしさを取り戻すことと定義されています。
身体機能だけではないのですね。養成校でまず最初に教わることなんですけど。

僕は、外来リハビリも担当しているのですが、
こじんまりとした診療所なのである程度は融通が利きますし、
他施設でリハビリを打ち切られたから、リハビリをしてくれる施設を求めてこられる方もおられますし、
リハビリ算定上限という制度は問題があるとは思っているので
ある程度そういう人たちの想いには応えたいなぁというのが僕の気持ちです。

ただ、そういう人たちが全てだと言うわけではありませんが、
人生の目的が機能訓練みたいになってしまって、個別訓練が生きがいみたいな方もおられて、
僕は実際に障害を持っているわけではありませんし、
人によって人生の価値観は違うので
えらそうなことはとてもいえる立場ではないですし、
障害を持ってないやつに言われたくないとか思われそうですけど、

僕は、本当のリハビリテーションを提供できていないんじゃないかなぁと思ってしまうわけです。
もっと、楽しみや趣味や生きがいをもってもらって
例えば旅行に行くとか、スポーツをするとか、何かしらのイベントに参加するとか、
どこかしらのコミュニティに所属するとか、
そういうなかの一つとしての僕が関わる理学療法ならいいかなぁと思うのですが、

デイの集団体操よりもマンツーマンの外来リハビリがいい、
リハビリしてくれ、しんどいこと大好きです、もっと教えてくれ、
というようなストイックな人の要望に応えて、
個別訓練を継続することにしたとしても、僕はこの人を悪い方向に持って行ってるんじゃないだろうか?
もともとの性格的なものもあるかもしれませんが、
僕が関わるべきことはこんなことではないのではないんじゃないか、と感じるときもあります。
これはリハビリテーションではないだろうな、と。

僕の職場は、比較的小さくて声が通りやすいので、
外来リハビリとか訪問リハビリとか枠にはまっただけの仕事ではなくて・・・。
そのような取組みもやっていきたいなと思っているのですが・・・・。
周りも巻きこまなければできないことなので少しずつ考えていきたいです。
そのような環境がなければ始まらないものなので。
posted by さとし at 10:40| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

訪リハ

訪問リハビリテーションをしていると、
時々、答えのない選択をしなければならないことがあります。

若い中枢疾患の利用者さんで、すこしずつよくなっているのですが
高次脳機能障害があって動作は重介助。

はたして歩行器は必要なのか、
環境調整をするべきか、
それらをしたとしてADLは変わるのか、
そして負担額はどうなのか、など

僕なりに評価したりして考えるところもありますが、
他職種の方の考えや、利用者さんご家族の考えなども聞いて、
何が最善なのかを探っていかなければなりません。

数字で決まるものでないのですし、
最善の答えはあるでしょうが正解はないです。

そんな中で、どのような選択をするべきか、
人の生活がかかっているので・・・。
決めるときは本当に重みを感じます。

臨床をしていて、楽しいとか面白いとか思うこともありますが、
そういう時は、決まって何か介入して しばらくたった時です。

リハビリが終了した方がよくなって久しぶりにお会いした時とか、
環境調整して、楽になったという声を聴いたりとか。

悩んでいる点をまとめたので
明日他職種と相談してきます・・・・。

おやすみなさい。
posted by さとし at 01:44| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月31日

PT学会in横浜@

PT全国学会も2日目が終わり、僕は会場を後にして今東京にいます。

今回もなかなか楽しめましたが、
僕自身、今年は発表しなかったので、
ゆったりと過ごすことが出来ました。
暑さと人の多さとスーツの堅苦しさがしんどかったです。

初日は、前職場の後輩と偶然出会い、
色々と情報交換をしたのですが、
びっくりするほど職場の愚痴を言われていました。
そんなに不満があるなら辞めればいいのに、と言ったのですが、
やはりその勇気はないそうで。

昔の自分と少しオーバーラップしましたが、
本気で何とかしたいと思ってるなら、職場を変えるなり、
自分が変わるなりなんとかしてほしいものです。

前職場は、相変わらず上司の気分でルールがひっくり返ったり、
毎年、大量に退職して大量に入職しての繰り返しで新人研修などで残ってるスタッフの負担が大きいとか、
担当患者の数とか、休みの取り方とか、部下に対して扱いが違うなど、
まあ、僕も前職場にいたころ、感じてたことばかりですが、まだ同じような感じなんだろうな、と思いました。

ただ、職場を辞めるにしても、自分の技量として他でやっていく自信がなかったりとか、
職場を変えるにしても、自分がそこまで背負う覚悟がなかったりとか、
そんな感じで不満を言って少しでも自分に共感してくれるような人を探すわけですが、
客観的に見れば非生産的です。

個人的には、そんな心に悪い職場で上司に身も心も支配されがら
働いて何かいいことあるの?と思います。
何か得ることができる上司のもとならいいですけど。

そんなわけで、
学会の感想はまた改めて書きます。
今からこちらのカポエイラグループにお邪魔します。
posted by さとし at 20:13| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

明日から全国学会

明日から全国学会で横浜に行きます。

今年は発表はしないのですが、
自分が興味ある発表を見に行く、
職場に関係ある在宅関係の講演を聞きに行く、
研究に関係した装置のデモを見に企業に伺う、
研究室の飲み会、
身内と会う、
あちらのカポエイラグループにお邪魔する、

と何かと盛り沢山な内容です。

本日の晩は、稽古をしていたので明日(もう今日?)始発で出発です。
空き時間のために6冊ほど新書を買ってしまいました。

あんまり寝れませんがもう寝ます・・・。
posted by さとし at 02:01| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

Validity and reliability of the Kinect within functional assessment activities: comparison with standard stereophotogrammetry.

Validity and reliability of the Kinect within functional assessment activities: comparison with standard stereophotogrammetry.
Gait Posture. 2014 Jan;39(1):593-8.
kinectは動作分析ツールとして信頼性・妥当性が非常に高い。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24269523

Wii fitに加えて
kinect for windowsも購入しました。
正直、値段もオークションなどを利用すればしれています。
臨床でもやはりデータを取りたいし、
安価に計測を行えるように装置ぼちぼちつくります。
posted by さとし at 02:39| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

装置手作り

今日は、疲労が一気に出たためか、家でぐっすり寝ておりました。

色々とやりたい研究があるのですが、
職場の協力をどのように得るのかとか、
測定装置をどうするのかとか、
色々と悩みがあるのですが、そんな中見つけました。

巷では、もうメジャーな情報なのかもしれませんが、
しばらく情報に無関心だった僕にとっては衝撃の情報。

Wii Fitが160万円の医療機器である重心動揺計と同程度の性能を有すること。

http://www.mendeley.com/catalog/validity-reliability-nintendo-wii-measuring-standing-balance/

そして、Wii Fitを重心動揺計にすることができるプログラム。

http://www.kosaka-lab.com/kosaka_laboratory/


さらに、このサイトには、僕が、やりたいと考えているバーチャルボディの作成も
Xboxのkinectを使って作成できそうな情報も。

さっそく明日中古ゲーム機の店に向かいます^^。
posted by さとし at 02:06| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

臨床が忙しい・・・。

最近仕事の忙しさが最近半端ないです。
臨床と言っても運営業務です。。。
(ここ最近の自分にとっては、、、というエクスキューズつき)

一人でリハビリの外来を切り盛りしているのですが、
オーダー依頼が劇的に増え、おまけに身体障害者手帳を申請するための
計測依頼も増えて、

時間を埋め合わせるのが大変です。

それだけならいいのですが、他部署との連携面で、
連絡した、忘れていたと、そんなことで雑務が増えてしまうのは
少しストレスになりますね。

まあ、でもリハビリの必要性があるからこそ求められる忙しさなので、
まあ、うまくシステムをつくって乗り切ります。

こういうマネジメントを経験することで、結局得をするのは自分だと思うので。
できることなら、あと5年ほどで組織に属しなくても世の中渡っていけるだけの力がほしい、
そう思っております。

とりあえず、もうこんな時間なのでストレッチして寝ます。
posted by さとし at 02:48| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

妄想の段階ではあるけれど

え〜っと、

論文読んだり、実験計画立てたりもほどほどに、
最近は書類関係や手続き関係のことばかりしています。

今年も演題が採択されれば、認知神経科学会学術集会(東京)とSFN(ワシントンDC)に行こうと考えていたのですが、

研究員だからということでボスが出張扱いにしてくれました。本当に感謝です。

これに関しては色々と考えていました。
まずは自費で行って、その後外部研究費を申請して獲得してから充てるか、
最悪、こないだの交通事故の補償がでるからそれを充てるか(笑)とか。

今、研究員ですが一切お金を払ってないので、甘えずに
早く自立した研究者にならないといけないなあと思う次第です。


そして、今、新しい研究(機器開発??)を思いついて
企業と連絡を取っています。
自分の中では結構面白い内容だと思ってます。
見積もりを今出してもらう段階に来ていて、
もし、研究費が獲得できればこの研究をはじめられる。

研究とか実験とか、思いついたときは誰でも感じることじゃないかと思うのですが、
これは世界を変える研究かもしれない、とか(笑)。

僕も今は妄想の段階なのでそんな気分です。
リハビリだけでなくて世界の人の世界観を変えるシステムかもしれない。
スティーブジョブズじゃないですけど、仕組みそのものを変えてしまうものかもしれない。
しかも、リハビリテーションだけでなくて様々なことに使えるものだとも思います。

もちろん妄想です。

早く連絡が来ないななぁ〜と思う今日この頃です。

それではおやすみなさい。
posted by さとし at 02:33| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

本日の訪問での臨床と大学院

最近、臨床が面白く、一時期よりも仕事にエネルギーを注いでいます。

今日のリハビリでは、もう4年間関わらせていただいている中枢疾患の方ですが、
歩行障害もあり、高次脳機能障害もある方ですが、もともと社交的な性格で、
昔の部下と電話で連絡をとったところ、大阪で会うことになり、一人で大阪まで行きたいと言われ、
セラピストとしては、駅までの移動を評価したり、ケアマネと連絡して対応したりして、対応してました。
そして、無事に怪我もなく、週末、部下に会いに行くことができて、
今日、訪問でお伺いした時には、その方は涙を流して喜んでおられました。

それどころか、自信をつけたみたいで
次は紅葉の季節に部下が遊びに来るので観光案内をしたい。
川下りをしたり、列車に乗ったりしたいと、
また、びっくりするようなことを言われ、
こちらとしても思いに応えたいのでまた評価などを行っていきたいなと思う次第でした。

本当に、こういう場面に出会うと、この仕事は楽しいと思ってしまいます。


そして、業務後には大学院のミーティングに。
海外に留学していた研究員の人の発表ですごく刺激を受けました。
そして色々と情報を交換して、助成金のこととか聞きました。
学校の教員になると研究費がある程度は使えるようになるそうで、
僕は、これから独力で研究費を引っ張ってこなければならない。
それを考えると、それも研究をやっていく上でできるように
ならなければならないスキルなのだと思いつつも、
やっぱり研究機関で働いた方がいいのかなぁと思ったりもします。

しかし、今、うちの職場は新しい意見が出てきて
建設的な雰囲気になってきていますし面白いんですよね。
しかし、僕も早くしなければ人生はどんどんと削られていく。
悩ましいところです。

そんなことを考えました。
とにかく最近は毎日が楽しいです。
posted by さとし at 02:55| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

科研費についての情報収集


色々と考えていて、やりたい研究が出てきたので
科研費について調べていました。

このサイトが科研費についてイロハから
説明していてわかりやすく読めました。

↓↓
https://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/grant/

科研費を申請するには、とにもかくにも論文なんですね。
自分が筆頭の論文を最低でも5本は必要と。
論文書かないと・・・・。
とりあえずネタは何点かは、あるのありますが。

そして、過去の科研費の研究を見ていましたが、
面白いですね〜。こんな研究をみんな申請するんだなぁと。

ダメもとですが、モチベーションは上がってきました。
posted by さとし at 01:08| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

身体性・・・

4月が近づいてきて、診療報酬の改定とか介護報酬の改定とかいろいろとありますが、
うちの職場は超維持期の方が数多くおられます。
いわゆる、機能回復はもちろんですが、
外来リハビリに来られることがリハビリになるという方です。

今日ふと思ったのですが(今更ですが)、
何年、何十年も麻痺した身手足を使ってこられた方にとって、
その手足はどのような感じなのだろう?
つまり身体性を調べてみようかなぁと考え始めています。

動かなくなった体でも何とか動かして日常動作をしていかなければいけないので、
その人なりの身体図式というか運動イメージというものが出来上がっていると思いますが、
そのあたり具体的に観察していきたいなぁ〜とも。

うちの診療所には高価な評価器具が何もないのですが、
以前SfNで見つけたブースのこのメーカーのサイト

https://backyardbrains.com/


2万円程度でとりあえずEMGが測定できます。

実際に購入するとなると50万円からの交渉となるようなので、
これ、買ってみようかなぁと思っています。

ちなみに、ここのスタッフに「このシリーズでEEGはでるのか?」と
聞いたら「もうすぐ発売」とか言っていましたけど、
早くリリースしてほしいです。真っ先に購入するでしょう(笑)。

このメーカーはゴキブリに装置を取り付けてリモコンゴキブリの作成に
成功したりしています^^;・
posted by さとし at 03:12| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

大学院学位授与式

先日、大学院の学位授与式がありました。

博士課程修了者は、僕しかおらず、壇上での学位状の授与も名前を呼ばれたのは僕だけで、
緊張のあまり歩き方がロボットのようになってしまって多くの人からそこを突っ込まれてしまいました(笑)。

記念撮影も僕一人に対して数多くの教授陣がフレームに入っていただけるという
恐れ多い構図で、誰が修了者かわかるようにと花束をもらいました。

やはり特別な扱いというか、よく考えれば学歴の最高位であるわけで。
僕自身はちょっと反社会的な性格の一面もあるので、
学位なんかどうでもいい、大事なのは肩書ではない、博士なんて大したことない、
指摘を修正していけば誰でも論文は通る、などと
と思っていた自分もいたのですが、

やはり学位の授与というのは大学側とれば、その人の人生にとって大事な節目であるわけで、
教授の方々が袴を履いたり、白ネクタイのスーツを着ていたり、髪をバッサリ切ったりしていて
学士、修士、博士、それぞれに関係なく大学の先生方の誠意というか、思いが非常に強く感じられました。

権威とか、偉さとかそんなもの、、、と今まで思っていましたが、
自分が経てきたプロセスや実際に周りの教授の方の実績や普段の忙しさを考えると
やはりその「重み」についても納得できました。

その後は、修士のメンバーとたわいもない話をしたり、ボスのプレゼントを買い行ったりして、
謝恩会、2次会、そしてラーメン3次会と楽しく過ごしました。

思い出せば、5年前、大学院に行こうと決めたのは、
5年間この業界に身を置いてきて、色々なことが訳が分からなくなってきた自分がいたからでした。

リハビリ業界の訳のわからなさというところにやりきれなさを感じていた自分がありました。、
どうして経験年数が上の人が無条件に権威を振りかざすことができるのだろうか?とか。
どうしてみんな偉そうなことを口ばかりで言ってやろうとしないのだろうか?とか。

根拠に基づいたリハビリテーションとか言われているのに、
患者さんさよくなればよいと、怪しい手技が普通に行われていて、
それらの手技はある程度まで勉強をすると例外なく宗教のようになってくるし、
手技同士で他の流派を批判し合っている様子とか、
手技の勉強会や学術大会に行っても、考察はすべて同じだったり、
●●(手技の創始者)が言ったから、という考察など。

一方で、職場でも新しいことを取り入れるときも
手技を批判する上司も、「●●先生が言った」とか「●●病院でやっている」とかで
根拠も何もなく、面白味もなく、権威主義的になってるしで。

職場内もへんな政治的な人間関係ばかりで、
好奇心から通い始めた勉強会に対しても
「偉い●●先生に気に入られるために取り入っている」とか言われたり、
海外の研修に行ったらそれだけで嫉妬の目で見られたり(何で嫉妬されるのか分からない・・・)。
全く訳が分かりませんでした。

大学院に行きはじめてからも職場の上の人から
「臨床をしながら大学院に行くなんてこの世界をナメている」というようなことを言われたし、
「私らは臨床にエネルギーを注いでるけれどあなたは研究の世界で頑張って」というようなことを言われました。

でも実際、大学院に行くとみんな臨床ベースで研究をやってるし
(社会人大学院だからということもあるでしょうが)、
普通の職場なら、文献抄読会とかもやるでしょうに、とかも思いましたが。

しかし、色々な矛盾を一回リセットするために大学院に行くことにしたのでした。
この職場で上の言う、「ダメ、あかん」に従いっていたら
本当にダメになってしまうと思ったので。

そうして大学院で過ごした5年間、本当に視野が広がりましたし、
前職場よりも厳しい世界があることも知りました。
それこそ僕自身もプレッシャーで心身壊しそうになることもありました。

けれど、ボスや周りの人たちは自分の人生を変えてくれた人だと思っていますし、
リハビリ業界や世の中をよくしていくために背負うべきものが見つかりました。
今までは単純に好奇心で研究を進めてきましたが、世の中のためになるように、
今まで関わってきた人達の思いを答えるために、研究を進めていくという気持ちに変わりつつあります。

これから、僕が働けるのは日本の制度ではあと20年ほどでしょうか?
意味のあるものにしていきたいものです。

そんなことを思いました。
posted by さとし at 21:02| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

学位論文公開発表会を終えて



大学院博士後期課程の学位論文公開発表会が昨日やっと終わり少し落ち着きました。

ブログってある程度心に余裕がないと書けないですね。
ここ数週間ずっとプレッシャーがかかっていたので。。。

僕の水準が低かったからですが、
毎週3回は仕事の後に大学に通い、そして指導を受けて、
終電で家に帰ったらもう1時半。それからスライドを修正して、
少し寝て、また仕事に行くということを繰り返していました。

その間にも大学セミナーの補助があったりと、とにかく時間がない。

それにしても、僕のために時間を割いて付き合ってくださった先生方に本当に感謝です。

それにしても、今までは楽しさや興味を追求して研究をやってきましたが、
今回感じたのは、それだけでは十分ではなく、
研究室の代表という自覚、
リハビリテーションを背負っているという自覚、
教授の思いを背負っているという自覚、

それらを意識するように強く働きかけられました。
やっぱり一人でやってるわけじゃなくて
我々の行為の背中にはいろいろない人の思いがつまっている。

僕はいままであまりこのような価値観は感じなかったので、
むしろ自由に生きていたところがあったので、

今回の経験は新しいものであり、僕自身にとってとても貴重なものとなりました。
自分が成長した、と感じることができました。

発表も無事終わり、これですべて終わったのだなぁ〜という気がしました。
少しさみしい気がしました。

もちろん、博士課程は終わったかもしれませんが、
研究はまだまだ続きます。

これだけ色々な人の期待をや思いを背負ったとしたら、
もう、これは自己満足で終わらせるわけには行けないと思ってます。

まだまだ、僕は何者でもないし、未熟だけど、前を向いて進んでいかなければ。

今の職場にとどまりつつも、新年度からは客員研究員にしていただいて、
研究を続けるような体制はとっていただけるようです。

実験も研究も発表も論文も継続して
リハビリテーションや人間の体の理解の発展に向けて少しでも貢献できるようになりたいと思っています。
posted by さとし at 19:08| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

口頭試問にむけて・・・・

SNSが普及したおかげで、
ライブ感覚で色々なことが進行しているのが感じ取れます。
今日は、最終口頭試問の主査と副査が決定したとの連絡を受けました。

どうも僕は普段からワーキングメモリーが崩壊気味で
前頭葉がなかなか賦活しないですし、
右半球優位だからか、口はどう考えても上手ではないですし、
時々、吃音も生じるわけで決してプレゼンは上手とは言えませんが

まがりなりにも3年間続けてきた研究の発表をするので
思い残すことのないよう、エネルギーを注ぎます。

あんまり自覚なかったですが、
研究室を代表するということになるのですね。。。
今年に入ってからのボスをはじめいろいろな人とのやり取りを通じて、
一期一会の関係性を本当に強く感じます。
そして、やはり多くの人に支えられながら生きているということも。

主査は世界的に有名な生理学の権威の先生です。
ボコボコにされるかもしれませんが、
そんな先生とディスカッションできるなんて
そうそう機会はないとおもうので、
これも一期一会、悔いを残さないように臨みたいと思います。

本当に、全ては時間も出来事も二度と戻ってこない。
今やってるソチオリンピックでも
選手は人生かけて何年も練習したものをたった一度の大会にすべてを凝縮させるわけで、
僕も、やり切ります。
多分、人生で一度しかないイベントだろうし。
posted by さとし at 02:26| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

スライドチェック

今日も業務後に大学に行き、
最終の口頭試問のためのスライドをチェックしていただきました。
先生からのフィードバックをいただくことで、
自分自身ではやはり気が付かない、不十分な点が見えてきました。

やっぱり自分自身は思慮が浅いというか、
目の前のことにとらわれるだけでなく、物事を俯瞰できるような視点が必要ですね。
それが考察や発表を通じてのストーリーとなるわけで・・・。
今月中に発表が行われるそうなので、スライドを作り直すためにスピードを上げていきます。

論文が採択された出版社からも今日連絡があり
先月acceptされた論文もいよいよ次号の雑誌に掲載されるそうです。

また、研究できるような環境で働くことにも関心があると、
ボスに少し相談すると、
博士の学位を持っていることが絶対条件になるけれども
あとは査読付き原著論文の業績がモノをいう世界なので
業績を積み上げていく必要があると教えていただきました。
今やっている研究についても、はやくデータを取り終えてまとめないといけませんね。

これは、研究者人材データベース。
多分、知ってて当たり前の情報なのでしょうが、今の今まで知りませんでした・・・。

https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekTop


僕自身、最近は研究の方に関心が傾きつつあるのですが、
どのように仕事を志向していくのか、色々と調べてみようと思います。
posted by さとし at 02:14| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする