2017年07月19日

対人間の難しさ

毎日熱中症です。

原因は色々と考えられますが、
1、仕事で外回りが多い
2、肉があまり好きでない
3、バイクを廃車にして自転車移動が増えた
4、睡眠時間が短い
5、単純に気温が高い

対策を考えなくてはなりません。
年々、夏場の体力がなくなります。

さて、そんな毎日ですが、
今日は仕事であることが起こって反省してしまいました。
詳しいことはもちろん書くことができませんが。

やはり訪問リハビリという仕事は
対人の仕事というのもありますが、
判断や関わり方が難しい。

モミモミリハビリは好きではないけれど
利用者さんによっては、した方が良いこともある。

なあなあ(な振る舞いの)関わり方の方がいい場合もあるけれど、
本当になあなあになってはならない。

そして、利用者さんも人間なので
本心ではどんなことを考えているかを察しなければならない。

運動して能力を上げることが訪問リハビリの目的なのか、
今の能力が落ちないように関わることが目的なのか、

それらによって関わり方は変わってくる、

そのようなことを感じました。
明日からも頑張ります。

バテないように
肉を食わないと。
posted by さとし at 18:51| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

熱中症や脱水など

今日の訪問は猛暑の中、一日外回りでした。
この暑さはICFの環境因子に入るわけで、
今日の職場の事例検討は、
ある利用者さんのことについて反省とかを行いました。

もともと腎不全があって脱水傾向の方が入院先から自宅に戻って、
訪問リハビリで生活状況を確認したのに
その1時間後に体調を崩されたとのことでした。
年配の方って、暑くても水を飲まなかったりエアコンをつけられない方も多いわけで
気候やその方の生活スタイルや性格がどのように身体に影響するのか、
評価して予測を立てなければならない、という
かなり重要な内容でした。
その利用者さんの身体機能とか動作だけをみていたら
よろしくないということですね。

それにしても暑さで
疲れました。

今晩はyahoo天気では雷雨ですが本当に雨は降るのでしょうか?
というわけです。
行きつけのカフェにて。
posted by さとし at 18:35| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

働きかや関わり方

今日もなんだかんだでバタバタでした。
気がつけばこの1週間で3kgほど体重が減ってます。
まあ、すぐに戻るでしょうけど。

今日は臨床でなかなか嬉しいことがあって、
かつては診察以外は年に数回しか外に出ることのなかった
とある色々な事情で家に引きこもっていた利用者さんが、
最近は何かと外に行くようになっていて、
今日は、偶然外で出会ったその方の身内の方が驚いておられました。

本人の気持ちの変化や、外に出たくなかった時期から徐々に脱しつつあるとか、
やそういう時期的なものもあると思いますが、
セラピストの関わり方によって本人の気持ちに何かしら
変化を起こすことができているのかなぁ、と思ったりもしました。

外に出たくない、動きたくない、そのような人をセラピストのエゴで外に連れ出すのは
どうかという意見もありますが、
エゴではなくて外に行きたくなるような気持ちにするといいまか、
関わり方や働きかけなどで、
お互いはもちろん周りも一緒に作り上げていくその人の行動様式だとは思いますが
外に出るのが楽しみ、と思われだしたのはすごく嬉しいなぁと思いました。

今、僕が管理している外来リハビリでちょっとある仕掛けをしていこうと
企んでます。他の施設ではすでにやってるかもしれませんが・・。
色々な人に相談しています。

というわけでまた明日。
posted by さとし at 01:17| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

学会から戻って

学会から帰って来ました。
あまり疲れていないのは、何のプレッシャーもなかったからでしょうね。
ICTというテーマのディスカッションや発表がいくつかありましたけど、
Information and Communications Technologyの略だそうで、
情報と通信に関する技術全般のことを指した言葉みたいです。

電子カルテとか、往診にタブレット端末でカルテを持っていくのもこれに当てはまるみたいです。

結構、今の職場でも普及しているけど、こういう取り組みに力を込めないと普及しないのは、
世代の差なんだろうか・・・・と感じたりしました。

Social Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)
をサービス担当者や利用者さん・その家族で利用するアプリケーションも紹介されてました。
LINEやFacebookでは規模が大きすぎて、個人情報が漏れる恐れがあるために、
ローカルなSNSを使うそうです。
確かに、やり取りは簡単になるでしょうけど、
そもそも、みんな使いこなせるのだろうか、とか
ネットリテラシーの問題も出て来そうな気もします。
むちゃくちゃたくさん書き込んだり、返事がないとか、
そういうことでまた揉めそうな気もしますね・・・

けれど、守秘義務とかセキュリティの問題がクリアできていれば、
普通に使っていきたいとは思いましたけどね。。。。

色々な職種が参加する学会でしたし、
どうも雑然としている印象もありましたが、
総じて興味深く参加しました。

明日から仕事頑張ります。
posted by さとし at 01:14| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

学会参加

出張で名古屋に来てます。
ある学会に参加しています。
なかなか面白いですね。エビデンスやサイエンスという感じではない、
臨床よりというか。
シンポジウムでは医療の分野では在宅医療だけがまだエビデンスがないんだ、何をやってるんだ、
みたいな声もありましたが、
まだ、共通のコンセンサスがない分野なのかな、というのが印象です。
次回は発表もしたいなぁ。

学会とか、静かで仕事に関係する空間にまる1日いると色々と
考えますね。症例のこととか、仕事のこととか、諸々のこととか、

今読んでいる、池谷裕二さんの本で、紹介されていた研究紹介で、
ヒトは、何もない部屋にいると、触れると痛みを確実に感じる電気刺激であっても、
手を出して触れてしまう、というものがありました。
すごく興味深い報告でした。

それほど、退屈、何も刺激がない、というのはヒトにとっては物理的な痛みよりも苦痛なものなのですね。
だから、先行き不透明であっても何かをしようとアクションを起こそうとしてしまう。
今、もしかしたらまさにそんな気分かもしれません。



この本もう少しで読み終わるのでまた感想を書きます。
さて、これから夕食です。
posted by さとし at 17:03| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Spatiotemporal Brain Dynamics of Empathy for Pain and Happiness in Friendship.

Spatiotemporal Brain Dynamics of Empathy for Pain and Happiness in Friendship.

Wang Y, Song J, Guo F, Zhang Z, Yuan S, Cacioppo S.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Spatiotemporal+Brain+Dynamics+of+Empathy+for+Pain+and+Happiness+in+Friendship

こんな論文をちらっと読んでみました。
ヒトは、他の人の指がドアに挟まったりとか、残酷な場面に出会うと、
自分自身も痛みを感じる、共感しますが、
この論文では、親しい友人と、見知らぬ人では共感が違うのか同じなのかを調査しています。
で、痛みについては親しい友人でも見知らぬ人でもどちらも共感することができた、
しかし、喜び、幸せの感情の共感は見知らぬ人には共感したときに認められる脳活動が最初に刺激では出現しないで
数回の時間を要した、内容でした。

見知らぬ人でも少しずつ理解しようとする気持ちがあるのでしょうかね。
posted by さとし at 16:52| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

通所リハ構想

やるかやらないかは別として、通所リハの立ち上げを考えなければなりません。

おそらく医療保険の外来リハビリから少しずつ移行していくことになるでしょうし、
経営的には増益になるでしょう。
それよりも何よりも、どんなデイにしたいか、という理念やビジョンの方が大事ですよね。
そうしないと制度が変わるたびに内容が変わってしまうブレブレのデイになってしまいますしね。。。

個人的は、利用者さんが主体的に提案して企画できるような環境にしたいと思います。
例えば、畑を作りたいと誰かが言えば、コーディネートに関わって、利用者さんが野菜を作る、
料理を作る、などの取り組みを行うことができるようにする、
または、自己満足でもいいから昔取った杵柄で、特技をみんなの前で披露するとか。

今、外来リハビリをやっていて不十分だと思うところは、
(本当に機能訓練が必要な方は別ですが)
患者さんは、セラピストが何とかしてくれる、と受け身で施設に来ているところですね。
必要な時期ならそれでいいですが、ある程度の期間が経過すると、そろそろ修了した方が良いかなぁと思っても、
リハビリが終わったらまた痛くなる、とか悪くなる、とかよくなっていない、とか言われて
長期にわたってのリハビリを希望される方が結構おられることです。

そのような方の中には、本当は、いろいろなところに出かけたりする能力があるのに、
施設の患者さんに会うために通われている、医療機関がコミュニティかサロンのようになっていたりとか、
逆に、頑張って通っていただいても、実はセラピストと患者さんの一対一の関係しか構築できていなくて、
リハビリ依存といいますか、人間関係を豊かにするわけでもなく、どこかに社会参加にするわけでもなく、
悪循環に陥ってしまっている方も(言い方悪いですが)おられるわけで、
本当に機能訓練が必要な方でなければ、長期間外来リハビリに来られるのは、いい面もありますが、
悪い面の方が強いような気もするんですよね。

今、僕(ら)は、リハビリテーションを提供しなければならないのに、逆に、
「元の状態にする」にはよくない関わりを僕たちはしているかもしれない、
もしデイを立ち上げることになれば、それらを補うことができる環境にできればなぁと思っています。

近いうちに構想をみんなで深めないと。。。
posted by さとし at 00:51| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

季節の変わり目

暑さのせいか、なんだかてんてこ舞いの業務のせいか、
疲れでテーブルで突っ伏して明け方まで寝てしまい日が続いています。
そろそろなんとかしないと。
例年、季節の変わり目には体調を崩してしまいます。

論文を久しぶりにまとめて落としたので読んでみたいと思います。
今日は稽古にも行けるかなぁ。

IMG_4169.JPG
この花はガクアジサイと呼ぶそうです。
利用者さんと話をしていると花の種類や地域の歴史や
昔の歌の知識がどんどん入ってきますね。
posted by さとし at 17:54| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

夏バテ?夏バテかも

訪問リハビリとかで外回りが多いからか、この時期はバテることが多いですね。
特に最近のように急に暑くなる時期に。体が環境に追いついていないんでしょうかね。

昨日も疲労のあまり机に向かったまま明け方まで寝てしまうという
受験生みたいな感じになってしまい、そして今だに疲労が取れていません。

さらに、どうも年齢的に大台になったあたりから仕事のやることがどんどん増えて、
帰宅時間がどんどん遅くなります。
責任ある仕事を任せられるようになったとかいうと聞こえはいいですけど。
まあ、自分でやりたいと提案したことがそのまま仕事になるわけなので
自分のせいって言えばそうなんですけど。
そしてやりがいも実際あるわけですが。
今も組織の歯車であることには変わりないですけど、
僕はどうも大人数の職場よりも小さい職場の方が動きやすいみたいですね。

そんな感じで、今日は家で休みます。
まあデスクワークや研究でやるべきことは山ほどあるんですけどね。
posted by さとし at 20:05| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

友の会イベント

先日amazonで購入した書籍が1万円したんですが、
先日本屋で買えば5千円だと知ってショックを受けました。
僕は情報弱者なのでしょうか。

さて、今日は休日でしたが当施設の友の会のイベントにスタッフとして参加しました。
本当にうちの友の会の人たちは歌が好きです。うたごえ喫茶とかが流行った年代なのでしょうか。

イベントコーナーでサークル体験や作品の展示をしていましたが、
中にはプロ顔負けの作品もありました。

自分で自分のことを言うわけではないですが、
スタッフの中でも友の会の方や
リハビリテーションで関わっている方と利用者やセラピストの立場で
はなく比較的気さくにいろんな話ができた方だと思いますが、
健康体操だとか、いろんな場面でそう言う人たちと関わっている場面が多いんでしょうね。
雑談が中心でしたが、色々と友の会の方と交流をすることができました。

さてさて、今晩もやらなければならないことが山ほどあります。
今、カフェでこのブログを書いていますが、
またお仕事に戻るとします。
posted by さとし at 18:39| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

通所リハビリ

通所リハビリについてのリサーチをすすめています。
医療保険の外来から移行したとしても、
うまく行くのかなぁ〜というのが正直なところです。
まず、来年度に改定があるからまた制度が変更するだろうし、
社会参加を進めるために修了しないといけないだろうし、
それなら今やってる医療保険の外来個別療法とそれほど変わらないんじゃないかな、
と感じたりとか。

とりあえず、みんなと議論するための資料作りをしないといけないですよね。
通所リハにする目的とか、なんのための通所なのかとかも。

そんな感じでもう寝ます。。。
posted by さとし at 01:26| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

友人

今日は、職場でなかなか面白い話題になりました。
訪問リハビリをやっていると、意外に利用者さん同士が繋がっていることがあるんですよね。
デイケアやデイサービスで仲良くなって、それぞれの利用者さんが遊びに行ったりとか、
コミュニティを作って楽しみを見つけたりとかしてるんですよね。
その中には、訪問リハスタッフが提案しても外出しないのに、
利用者さん同士で約束したら遊びに行ったりとかしてるんですよね。

やはり人間関係や人との繋がりは大事なだ、と考えさせれました。
まあ、女性が多いですけね。そういう人たちは。
男性はどうしても社交的な人は少ないですよね。
みんながみんなそうではないですけど、生得的なものなんでしょうか。
posted by さとし at 00:22| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

更新

呼吸療法認定士を一応持ってるんですけど、今年更新の年です。
しかし、まだ0ポイント。
来月からいくつか講習会に行かなければなりません。

なんだろう。まだPTになって2〜3年目で意識高かった時分に
当時の職場の同僚たちととりました。
えらい難しかったですけど、合格しました。
おそらく特典によって合格ラインを上げ下げしているのでは。

そして、その後、間接的には呼吸器疾患と関わることはあっても、
直接関わる機会がなくあっという間に約10年が経過してしました。
そして、更新の年です。
もうこの資格必要ないから更新しないでおこうかなとも思いましたが、
もう一度呼吸療法について再確認する意味も込めて更新のための講習会を受けます。

しかし、本当に、社会には資格が多いですよね。
民間の資格が大半ですが、更新料もかかりますし、維持が大変ですよね。
信頼に足る資格がどのくらいあるのだろう?
たくさんとっても名刺の肩書きが増えるだけだしな、とも思いますしね。

でも、とりあえず更新講習会、週末しんどいですけど頑張ります。
posted by さとし at 19:42| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

若手

今日も始業から終業までバタバタしていて、
業務後にスタッフと色々喋って帰ったので帰宅は普段より遅くなりました。

そこで話したことですけど、
PTになってまだ若手と言われるある人たちの技量などでした。
個人的には経験年数とかいう言葉はあまり好きではないし、
経験でものを言うセラピストにはなりたくないと思っていたのですが(いまもそう思っていますけど)、
気がつけばもう10年以上この仕事しているわけで
やっぱり経験はある程度技量につながるのかなぁと感じたりもするわけです。

利用者さんの人生を考えていく上では、数年単位の長期的な視点に立って物事を見ることは
若手には難しいですもんね。

例えば、足に装具をつけないで屋外歩行をしたい、と希望する利用者さんがいるとします。
あるセラピストは、利用者さんの希望に応えようと装具無しでの歩行訓練を頑張る。
そして、屋外歩行は装具無しでも行えるようになった。
でも、もし、そのことによって歩き方が崩れてしまったら、
長期的には身体のどこかに痛みも出ますし、身体の筋緊張も亢進しますし、
利用者さんが喜ぶのは一瞬だけであって、その後はどんどん悪くなるかもしれないわけです。
また装具をつけなければならなくなるかもしれないですし。

そのようなロングスパンで関わり方を考えるのは、若い人にとったらもどかしさを感じますし、
その時その時の関わりでは、何もしていないような感じがするかもしれません。
実際に、すぐに目に見える結果が欲しいでしょうし、
でも、そういう、目に見える結果に飛びつくのは、結局は利用者さんのためだと考えているようで
実は、自分が満足したいだけなのかもしれないですよね。

そんなところ気をつけないといけませんよね。
posted by さとし at 01:29| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

臨床

今日も、慌ただしく仕事が終わりました。
あるアンケートを患者さんが返してきてくれているのですが、ありがたい限りです。
この調査が世の中のためになるといいんですけどね。
毎日自己主張せずにやるべきことを黙々と行うのみです。
posted by さとし at 19:42| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

全国学会

全国学会の帰りです。

学会だけでなくて、身内と会ったり、カポエイラしたりと
満喫した3日間した。
前職場の人とも会いましたし、
研究室の人とも久しぶりに喋りました。

しかし、学会に関しては、僕自身もっと頑張らないといけないなぁ、と感じました。
なにがあったわけでもないのですが、周囲の人たちを見ていると、
僕自身が冷めてしまっていたというか、たるんでしまっていたというか 
色々と中途半端なことをやっていたなぁと痛感しました。
今日から、また気を引き締めて日々を過ごさなければと思います。

東京の身内とも合流して、いつものことですがハチャメチャになってしまいました。
今日はボーリングに行く予定だったのですが、とてもできる様子もなく。
しかしみんな健康で長生きしてほしいと思います。
みんなだいぶん不摂生だという印象なので。

というわけで地元に帰ります。
現実に戻って淡々と日々を過ごすのみです。
posted by さとし at 16:25| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

トンビ

今日は、仕事後にコンビニで菓子パンを買って、袋を空けて食べながら、数歩外に出たところで、
背後からトンビに菓子パンを奪われるという出来事がありました。
一瞬何が起きたか分かりませんでした。さすが田舎です。

職場で始めたある調査研究の回答用紙が少しづつ戻ってきています。ありがたい限りです。
面白い取り組みだと思うので、進めていきたいと思っています。
そして、もう一つ、今度の学会の発表ともかぶるところもあるのですが、面白いことを考えつきました。
こちらも今月中には何かしら提案して取り組めたらと思ってます。

そんな感じで今日も疲れたので寝ます。

おやすみなさい。
posted by さとし at 00:59| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

セラピスト

今日は暑くて訪問後はバテバテでした。
通勤もロードバイクが修理中なのでママチャリになりましたし、
疲労が半端ありません。

民間の研究助成の募集要項を見ていると、いろいろと応募したくなってきたので、
また研究を考えていかないといけませんね・・・・。

今日はフェイスブックでリハビリのセラピストのページなどをぼんやりと眺めてたんですけど、
いろいろと本当に考えされられますよね。

理学療法士とかって、僕の勝手な印象ですけど、真面目で向上心があって
意識高い人が多い人が多い気ががするんですよね。
純粋でいいとは思いますけど。

で、色々な人のページ見ていたら、ある学校で講師してきましたとか、
セミナーで喋ってきましたとか、伝えたいことがあるから論文頑張って書いてますとか、
学会演題採択されましたイェーイとか、
あるセミナーに参加して熱い人たちと出会って刺激を受けましたとか、
そんなことを書き込んでいる人が本当に多いんですけど、まあ、フェイスブックだからかもしれませんけど、

これが医者だったら、学校で講師したり、論文書いたりしても
まずこんなアピールはしないだろうな、という気がするわけです。
それが普通だから、というか当たり前のようにやっているからでしょうが、
少なくとも僕の周りにはそういうお医者さんは見当たりませんし、
タレントみたいな感じで有名になったり顔を売りたいような人は一部いますけど
自分語りとかよくしていて、ああ、やってるなあ、って感じですけど。

2チャンネルとかでですが、一部で、理学療法士が偏差値40の人たちの
先生ごっことか言われていますが、わからなくもないなぁ、という気がします。

僕だったら、自分でデータ取って自前の研究をみんなの前で喋るとかならまだしも、
たくさん勉強して知識あります、みたいなレベルで、
仲間内のサークルみたいなセミナー講師とかで、
調べたことスライドにして、みなさんよく聞いて身につけてくださいとか
恥ずかしくてとてもやろうとか思わないし、
世の中にたくさんセラピストがいるのに、
リハビリの知識を自分(ごとき)若造が
あえて世の中に伝えようとかも思いませんし、、、

ある知り合いの鍼灸師の方々が、
鍼灸師は社会的に地位が低いから、これから地位があがるように
お互いを先生と呼び合おう、と決めたことなどを聞いたりして、
なんだか痛々しく感じたことがありましたが、
同じような感じなのかもしれませんね。
業界がまだまだ成熟していないのでしょうね。

けど、知り合いの理学療法士と話をしていると、
今って、やはり給与面とかで確かに大変らしいです。
僕らもまあまあ厳しいと思っていますが、最近セラピストになった人は
さらに大変みたいですね。
そんな環境で、ビジネスに走る人がいるのは仕方がないのかなぁという気もしますけれどね。
posted by さとし at 23:27| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

社会参加

まだ、首のむち打ちは治っておらず、左手が上がりません。
しかし、明日から合宿なので頑張って治したいと思ってます(不可抗力あり)。

昨日は、臨床でなかなか面白いことがあったのですが、
昔訪問リハビリで関わらせていただいていた利用者さんの写真展に行って来ました。
ちょうど、職場の近くだったので。

会場に行って見ると、なんと、その会場がもう一人以前関わらせていただいていた利用者さんの家だったのですね。

これには驚きました。

IMG_4106.JPG

どうして知り合いなのかと聞くと、
元利用者さんが、車椅子でカメラを持って色々と写真を撮っている中で、
その会場の家の花をカメラで撮っているところを偶然見かけられて、
そこから関係が始まって、一緒に写真展を開催するに至ったとのことです。

対応してくださったのはその利用者さんのご家族さんだったのですが、
介護されていた時とは全然雰囲気が違っていて、
介護をされる前はハーブティやヘッドスパなどされていたそうで、
家庭人としてのその方の役割、そして、趣味・職業人としてのその方の役割で
全然雰囲気が変わるのだなぁと思いました。

しかし、こうやって繋がりが自然と生まれるような地域社会なら、
僕らリハビリテーション職が最近、考えなければならないとされているものに、
人との繋がりとか、社会参加とかがありますが、

セラピストが介入する必要なくできる社会ならいいなぁとと思いました。
posted by さとし at 14:36| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

ポスター

IMG_4099.JPG

今日はいいお天気で、カバッサの芽も朝は土の中に眠っていたのに
昼過ぎには地面の上に顔を出す、という感じで
どんどん発芽していきます。
明日は雷雨らしいので水はやらなくていいか・・・・などと
かなりカバッサのことを考えながら生活してます。
毎日何分見ても飽きませんね(笑)。

先日、雑草を、新芽と勘違いしてしまって危うくみんなに自慢して恥をかくところでした。

さて、今日はといえば全国学会のポスターをひたすら作っていました。
なんとか完成したので1日寝かせて見直して、プリントアウトという流れです。

最近、地域調査とか、公衆衛生のような研究ばかりやってるけど、大丈夫なのでしょうか。
それはそれで面白いし、職場や地域として求められていることなのでやっていて間違い無いのですけど、

僕はやってきた身体感覚の研究も忘れないで続けたいなぁと思うわけです。
ただし、何かとお金がかかる。今回のプリントアウトだけでも1万円近くかかるし、
学会参加や交通費を含めると5万円は飛んでいきますし、
だからこそいい加減にはできないというのもありますけど、

気軽(?)に取り組める地域活動などの調査の方に走ってしまう自分も確かにありますよね。
助成金をゲットしてから自分のライフワークみたいな研究はやらないと、という気持ちもありますし。
あ、そういえばまたそろそろ助成金を応募しないと。

というわけで寝ます。明日も仕事です。
posted by さとし at 02:37| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする