2017年08月06日

縮小ニッポンの衝撃 (講談社現代新書) 新書  NHKスペシャル取材班 (著) 伊藤くんA to E (幻冬舎文庫) 文庫 柚木 麻子 (著)



縮小ニッポンの衝撃 (講談社現代新書) 新書  NHKスペシャル取材班 (著)

この本は少子化・人口減に伴って色々な影響が出始めている日本の状況について北海道の夕張市を中心にルポしてました。
人口減は喫緊の問題ですけれどね。どうすればいいんでしょうね。




伊藤くんA to E (幻冬舎文庫) 文庫 柚木 麻子 (著)

この本は、「自己愛」をメインすえた小説と言ってもいいんでしょうか。
けれど、伊藤くんにも、その周りの人たちにも何かしら共感できることがあって
なんというか、自分の内面と照らし合わせて胸が痛みました。

伊藤くんは、いい大学を出て、ルックスも良く、人当たりもいいのだけれど、
自分大好きで傷つきたくない、社会や会社から厳しい評価をされたくないから
就職もしないし、恋愛で傷つきたくないから特定の恋人も作らない。
そしてそんな自分を正当化するような事ばかりを言っている。
けれど、自分の存在を認めてくれて、自分のわがままを聞いてくれるような女性を求めて
色々な女性を振り回す、そういう一般的にはどうしようもない人なのですが、
伊藤くんに振り回される女性もちょっと何かしら問題がある人ばかりで、
そんな彼らのやり取りがリアルすぎてあと味は非常に悪いですが、面白かったです。
posted by さとし at 14:31| 京都 ☀| Comment(0) | 読書・映画・芸術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。