2017年07月11日

熱中症や脱水など

今日の訪問は猛暑の中、一日外回りでした。
この暑さはICFの環境因子に入るわけで、
今日の職場の事例検討は、
ある利用者さんのことについて反省とかを行いました。

もともと腎不全があって脱水傾向の方が入院先から自宅に戻って、
訪問リハビリで生活状況を確認したのに
その1時間後に体調を崩されたとのことでした。
年配の方って、暑くても水を飲まなかったりエアコンをつけられない方も多いわけで
気候やその方の生活スタイルや性格がどのように身体に影響するのか、
評価して予測を立てなければならない、という
かなり重要な内容でした。
その利用者さんの身体機能とか動作だけをみていたら
よろしくないということですね。

それにしても暑さで
疲れました。

今晩はyahoo天気では雷雨ですが本当に雨は降るのでしょうか?
というわけです。
行きつけのカフェにて。
posted by さとし at 18:35| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451713053

この記事へのトラックバック