2017年06月14日

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)  前野ウルド浩太郎 (著)



バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)  前野ウルド浩太郎 (著)

この本は研究者の生き方としてすごく興味深く読ませてもらいました。
バッタ研究で食べていくために、モーリタニアでバッタの調査を行うことを決めたポスドクの著者が
色々な体験を綴ったものです。
本当に研究で食っていくって大変ですよね。でも、これほどの覚悟を決めた人がそうなれるんですよね。
素直にリスペクトです。
アフリカの非日常的な生活は読んでいて予想外なことばかりでこちらも楽しめました。
posted by さとし at 19:14| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書・映画・芸術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450862964

この記事へのトラックバック