2017年01月07日

臨床での出来事

今日は、訪問リハビリでサ高住の利用者さん宅にお邪魔したのですが、

面白いことに、そこの施設の社長さんがデイルームで歌を歌っておられました。
さらにはその社長のポスターが貼っていて何かと思うと演歌歌手デビューをしたとのこと。
ちょっと見ただけなので、詳しいことは分かりませんし、
色々な思惑があってのことでしょうが、感じたことを書きます。

趣味や道楽の延長かもしれないし、会社の宣伝などかもしれないけれど、
何考えているのか、何をやる人なのか、
そういうワクワクさせるような一面を持っている人は魅力があると思います。
年配の方は演歌が好きな人が多いでしょうし、年配の方も楽しむ・・・はず。
遊び心を持っている人はいいですよね。

とか「銀座のクラブのママが教える魅力のある男とは?」みたいなことを書いていますが、
そういう場面に出会い、とても面白く感じました。
posted by さとし at 15:48| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック