2015年12月29日

2015年を振り返る

昨日で今年の仕事納めで、今日からは朝から行きつけのカフェでまったりと勉強したり本を読んだりできる
ことができて、幸せをかみしめながら過ごしています。
仕事したり、稽古したり、本を読んだり、勉強したり、睡眠したりと、自分の中ではどれも
けじめなくだらだらと日々過ごしているので、仕事が終わったことがあまり特別な気はしないのですが、
それはそれで一つの区切りとして考えようかと思います。

2015年も残すところわずかなので自分自身でこの1年を総括しようと思います。

この1年は、本当に、知っている人がたくさん亡くなりました。
その中には僕よりも年の若い人も多くて、大半は病気ではなく諸事情であったわけですが、
長生きすることが良いかどうかはわかりませんが、
死ぬということはそれほど特別なことではないと思うと同時に、
自分もいつ死んでしまうかわからないので日々をそれ相応の覚悟をして過ごしていこうと感じました。

仕事については、任されている外来リハビリもそれなりいい感じで回っているし、
人員体制の関係でスタッフが減る中、若いひともよく動くようになってくれて、
規模が縮小されるのに新規オーダー数は増えているという嬉しいような苦しいような状況にありますが、
働いているひとがより働きやすいような体制や雰囲気を作っていきたいと思っています。
あとは、なかなか、装置がなかったり時間がなかったりという状況ですが、
リハビリに来ている方についてそれなりにエビデンスを作ってきたいなぁと思っています。

研究については、論文をどんどん出していきたかったけれど、科研費の走り出しがうまくいかなかったのもあって、
結局、ほそぼそとデータ集めてやってましたが、何かと金がかかるのが研究なので、
学会行ったり、英文校正したり、掲載されたりと、何かひとつアクションを起こすごとに
数万円単位の金が出て行くので、
論文を数本投稿してRejectやMajor Revisionが返ってきたところでしばらくやめてます。
といっても続けていきたいことには変わりがないので、今とっているQOLのデータともども
地道に進めていこうと思ってます。

カポエイラに関しては、去年はちょっと人生の一大イベントによる環境の変化に伴って、気持ちが沈んでいて、
いい動きができませんでしたし、何かと怪我が増えたような気がします。
もともと体が硬かったりとか、緊張しやすくて体にすぐ力が入ったりしますし、身体的に自分はどうかと思う気もしますが、できる範囲で続けていこうと思っています。
加齢によって本当に体も重くなるし、反応も遅くなるし、体も硬くなるし、血の気も前ほど多くなくなりました。
これからも精進していきたいです。

あとはプライベートでも去年の人生の一大イベントのあと、環境が変化したので当初はかなり精神的ストレスがありました。家事の分担比率とか、諸々の出費でなぜか僕だけがしばらくは貧乏学生並みの生活費だったこととか、
相手が気を遣わないように、こちらが気を回しすぎて数回体調を崩しましたが、
すこしづつ距離の取り方や接し方がわかってきたので、相手のペースに合わせつつ自分のペースを維持することができるようになってきました。まあ、人は一人で生きているわけではないので信頼関係を築いていきたいと思っています。

来年も周りの人が幸せに楽しく来年も過ごしてくれればいいですね。

そんな1年でした。すこし早いですが来年も宜しくお願いします。
posted by さとし at 10:25| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431829459

この記事へのトラックバック