2015年02月23日

「「タレント」の時代 世界で勝ち続ける企業の人材戦略論」「街場の憂国会議」

最近読んだ本の雑感から。



「「タレント」の時代 世界で勝ち続ける企業の人材戦略論」酒井崇男:著

これは、日本の企業が一時は世界最先端の実力を持っていたにもかかわらず
どんどんと衰退していった原因を、日本企業の体質の面からいろいろと考察した本です。

この本を読んで思ったのですけれど、

今、日本の景気が回復していると聞いても、トヨタが過去最高の収益になったとかニュースで聞いても何もうれしくないのは
アベノミクスでやってることは、公共事業を増やすとか、大企業を優遇するとか、
円を大量に刷って円安しても、未来に借金をして今の不況を一時的にどうにかしようとしているだけだし。

日本は、少子高齢化で人口減少しているし、福島第一原発事故がいまだ収束していないし、
このような状況でもやっていることは高度経済成長期と同じことで。
東京オリンピックの誘致にせよ、公共事業とか、いつまでこんなことを続けるのだろう、という気持ちです。
こんなことやっても自国の資産をすり減らして徐々に弱っていくのは目に見える・・・・気がするのです。

新しい価値観は生み出せなのいか?
トヨタが儲かるのも、三菱UFJが儲かるのも結構だけれど、
社会を変えていくような新しい企業がどんどんとベンチャーとして生まれてくるような社会にはならないんでしょうかね。
わくわくしないんですよね。

そんなことを感じました。
この本を読むと、そりゃそうだわ、と感じました。何億円も費やして実用とは程遠い研究を続けている企業の研究部、
自分の持ち場以外のことには無関心だった倒産した会社の社員のことなど述べられています。





「街場の憂国会議」内田樹:著

こちらは、いつも愛読させてもらっている内田氏の本ですが、
安倍政権の危うさについての解説です。つまり、秘密保護法が施行され、憲法改正が現実味を帯びている現在の日本の状況は
当時世界一民主的な憲法と言われたドイツのワイマール憲法がナチス独裁政権を生み出したのと同じくらい歴史に残る事件になる可能性になる、という件

それと、日本政府が大事なことは、この先数百年、数千年、日本という国があるということを前提に政策を考えなければならない、という話です。
つまり、株式会社であれば、会社が儲かるために法の範囲内で利益を求めていくことができるし、
使えない社員はリストラすればよい、しかし国は株式会社ではないので、倒産することはできないし、国民をリストラできない。
その視点で政治を作らなければならないと書かれています。

同時に日本は過去に対して責任を背負ってゆかなればならないという過去から連続して存在する国家としてのあり方も述べています。
現在、憲法改正や積極的平和主義などが議論されていますが、
日本が追い込まれて戦争をするように仕向けられたものであれ、日本国憲法が外国から押し付けられたものであれ、
実際にこれが、昔から日本という国があっていろいろな過程を経た結果なのだから、その事実はしっかりと受け止めなければならないという話です。
確かに、これは自分の先祖を否定するというのとは別次元の話です。
「戦後レジームからの脱却」とは、事実を受け止めていない、ということと受け取られます。

そのような内容でした。

どちらも興味深く読ませてもらいました。
posted by さとし at 19:01| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書・映画・芸術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック