2015年01月26日

Patterns of neural activity in the human ventral premotor cortex reflect a whole-body multisensory percept.



Patterns of neural activity in the human ventral premotor cortex reflect a whole-body multisensory percept.

Gentile G, Björnsdotter M, Petkova VI, Abdulkarim Z, Ehrsson HH.
Neuroimage. 2015
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Patterns+of+neural+activity+in+the+human+ventral+premotor+cortex+reflect+a+2+whole-body+multisensory+percept

まだ出版中の論文のようですが、身体所有感が生じる脳部位を特定した、という報告です。
Ehrssonは身体所有感について世界的に先端をいく研究者ですが、そのグループからの報告です。
ヘッドマウントディスプレイを装着して、うつるマネキンの身体に、自分の身体と同じ部位に同じタイミングで筆でなでる画像を見せ、
そして実際に自分の身体もなでると、身体所有感、つまり自分の身体は自分のものである、という感覚が転移することが明らかになっています。
この報告では、右手、右あり、右腹部でそれぞれ同じような方法で実際の身体とバーチャルな身体の刺激を同期させることで
それぞれの部位でも錯覚が生じるかどうか、そしてその時の脳活動についての解析を行っています。
fMRIのことは勉強不足でよく分からないのですが、multivoxel pattern analysisは神経繊維の定量的な評価法なのでしょうか?
全ての部位において錯覚が生じ、前運動野、頭頂間溝、外側視覚野、被殻で活動が認められたとの戸ですが、
全ての条件で共通した活動パターンは左腹側前運動皮質において認められた、という報告です。
つまり、左前運動皮質が身体所有感を作り出しているところではないか?というのがこの論文の結論です。


【abstract】

Previous research has shown that the integration of multisensory signals from the body in fronto-parietal
association areas underlies the perception of a body part as belonging to one's physical self. What are the neural
mechanisms that enable the perception of one's entire body as a unified entity? In one behavioral and one fMRI
multivoxel pattern analysis experiment, we used a full-body illusion to investigate how congruent visuo-tactile
signals from a single body part facilitate the emergence of the sense of ownership of the entire body. To elicit
this illusion, participants viewed the body of a mannequin from the first-person perspective via head-mounted
displays while synchronous touches were applied to the hand, abdomen, or leg of the bodies of the participant
and the mannequin; asynchronous visuo-tactile stimuli served as controls. The psychometric data indicated
that the participants perceived ownership of the entire artificial body regardless of the body segment that
received the synchronous visuo-tactile stimuli. Based on multivoxel pattern analysis, we found that the neural
responses in the left ventral premotor cortex displayed illusion-specific activity patterns that generalized across
all tested pairs of body parts. Crucially, a tripartite generalization analysis revealed the whole-body specificity of
these premotor activity patterns. Finally, we also identified multivoxel patterns in the premotor, intraparietal,
and lateral occipital cortices and in the putamen that reflected multisensory responses specific to individual
body parts. Based on these results, we propose that the dynamic formation of a whole-body percept may be
mediated by neuronal populations in the ventral premotor cortex that contain visuo-tactile receptive fields
encompassing multiple body segments.


【要約】

過去の研究では身体からの多感覚信号の統合は前頭頭頂領域が人の身体に属する身体部位の知覚を受けるとされる。
全体として統一された人の全身の知覚を可能にする神経メカニズムは何か?
身体の部位部位における行動とfMRIのmultivoxel pattern analysis experimentで、我々は全身錯覚においてどのように全身の身体所有感の出現を促すのかを調査した。
錯覚を起こすため、参加者は、ヘッドマウントディスプレイを用いてマネキンの身体を一人称視点で観察し、
同期したタッチが参加者の身体とマネキンの手、腹部、下肢に与えられた。
非同期の視覚戦略的刺激がコントロールとして行われた。
心理データでは、身体部位は同期した視覚戦略刺激を行ったが、参加者はマネキンに身体全体的に所有感を知覚した。
multivoxel pattern analysisでは我々は左腹側前運動皮質において、錯覚に得意的な活動パターンがみられたが、
それは、身体部位の全ての検査部位において現れた。決定的なことに、tripartite generalization analysisでは、身体全体に得意的な前運動野の活動パターンが現れた。
最終的に、我々はまた、前運動野、頭頂間溝、外側視覚野、被殻においてmultivoxel patternsを特定し、それは、
個々の身体部位における特定の多感覚の反応を反映した。
これらの結果に基づいて、我々は、ダイナミックな全身身体のフォーメーションは、腹側前運動皮質の神経の数によって仲介され、
多くの身体部位の包括的な視覚戦略的の受容野であると考えられる。
posted by さとし at 02:49| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412960754

この記事へのトラックバック