2013年09月24日

休憩

職場の休憩室は、なぜあんなに、
人のうわさ話とか家庭の愚痴とかが多いのか、

医療系の現場は基本的に女職場ですし、
女性は男性と違ってお喋りをすることで、
ストレス発散をするのだと分かっていますし、
みなで会話を交換し、共感し合うことで楽しみを感じるのは分かるのですが、
(男性が目的を伝えるために手短に言葉を発するのとは、そもそもが違う)
本当に、この空気になじんでしまったら
自分はどうなるのだろうかと怖くなります。

そんな職場を居心地がいい、普通だろうと
大多数の人は思っているでしょうけど、
僕もそう思うようになったらどうしようと思うこともあります。

どこかの本に書いていましたが、
その職場の上司を見ると自分の5年後、10年後が分かる、、、と。

自分がこのまま5年10年過ぎたとき、または、東京オリンピックが開催される年に、
もしまだ僕が生きているとしたら、自分はどんな顔になっているのだろう?
そんな危機感をここ数年前からずっと感じています。

今年もあと3か月で終わります。
一生の時間はもちろん1日の時間も限られているわけで、
自分がやるべきことを吟味していこうと思います。
posted by さとし at 00:31| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック