2020年06月26日

キャリアとは

暑いと、思考能力が低下して、集中力が切れますよね。
今日も外回り疲れました。

最近色々とネットとかみていて感じることですが、
なんか理学療法士に対する重みが薄れてきたのかなぁ、って印象があります。
時代もありますし、診療報酬もありますし、学校も増えて人数も増えているので、
昔とは立ち位置が違うことはわかっているのですが、、

しかし、なんか痛いなぁ〜って思うのは、
理学療法士なのに年収が○〇〇万円稼げるようになりました、とか
理学療法士ですがYouTuberやってます。とか、
理学療法士ですがバーテンダーやってます、とかもありますかね。
なんていうんですかね、

理学療法士っていう資格が、
報われなくて、社会的地位が低くて、低賃金で
職場環境も悪くてブラックで

そんな中から、頑張ってこんなに成功できました、脱出できました、
みたいな扱いが多いのがちょっとなぁ、という気がしますね。
別に、理学療法士という名前を出さなくても成り立つ文面なのに、
なぜ、理学療法士を引き合いに出すのか、不思議です。
掛け算をしていくと価値が上がる、という発想が不思議です。
それ、本当にキャリアなの?と。
医者や会社員でこのようなPRする人なかなか見当たりませんしね。

僕だったら、昼職場で働いて夜バーテンダーやるとしても
バーテンダーで理学療法士を名乗ることはないでしょう。

そうやって考えるとこの仕事の中でも
本当にキャリアを追求している人はごくわずかだなぁ、
と感じたりもします。

そんな感じで暑い中これから帰宅です。
posted by さとし at 18:37| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

色々勉強になります。

今日も暑かったです。
最近、訪問が終わると頭がボーッとしてしまいます。

最近の雑感です。
視座を高く持つというのは非常に大事な事ですが、
意識しないとできないな、と。
視座を高くしなければできない仕事、管理運営、経営、いろいろありますが
そのような人とそのような話をすると、視野が広がるな、と。
上の人たちはどのようにして組織を運営しようとしているのか、
どのようにマネジメントをしているのか、
などなど

利用者さんの事を考えることは大前提ではありますが、
利用者さんをよくすることだけを考えていては
組織としてやっていくことができないのですよね。

色々と勉強になります。
posted by さとし at 18:14| 京都 ☔| Comment(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

時間

20代の頃って、何者でもないですし、
上司をはじめとして色々な人から厳しい事を言われるかもしれない、
安月給に、激務で将来が不安かもしれない。
それでも今になって思うのは、可能性だけは無限大という事ですね。

若いから先が長いということもありますが、
自由に使える時間が圧倒的にあるということです。
本当に歳をとると自分の時間がなくなります。
人それぞれ、人生の中の優先順位があると思います。

無駄なことをできるのは時間があるからこそ。
今でもやりたいことはたくさんあるのですが、
時間が本当にない。
何かやろうとするには、練習もしないといけないし、
そのことについて考えなければいけない。
年取って体力が落ちてきているとか、
集中力が落ちてきているとか、そんなことよりも
時間がないんですよね。
自由な時間の長さも時間帯も限られてしまいます。

それが人生なのかもしれませんが、
時々悶々とすることがありますね。
仕方ないですが。
自分の今の立ち位置を自覚して
今必要な事をやるだけなのかもしれませんけどね。
posted by さとし at 23:58| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月19日

最近読んだ本・映画


「ボヘミアン・ラプソディ 2枚組ブルーレイ&DVD (オリジナルアートカード2枚セット付き) 」
ラミ・マレック (出演), ルーシー・ボーイントン (出演), ブライアン・シンガー (監督)

ずっと観たいと思っていたボヘミアンラプソディを観ました。
今更ですが。
フレディマーキュリーの退廃感がすごいというか、
天才ですが、ピュアで常に愛情に飢えていて、
常に生き急いでいる感じが切なかったです。
命を削ってつくる曲だから皆の心を掴むのでしょうね。
個人的にクイーンが大好きなのもありますが
エンドロールまで見入ってしまいました。



「街場の親子論 父と娘の困難なものがたり」 (中公新書ラクレ) 内田樹 (著), 内田るん (著) 形式: Kindle版

内田樹氏と娘のるんさんが文通形式で一緒に過ごしてきた時間の中での親子の気持ちを確かめ合うという内容です。
親子の気持ちのすれ違いというか、親の何気ない言葉や態度が子をずっと縛ったり、ということもあるのだなぁ、と。
子は親という立場にはもちろんなれないもので。ほのぼのとした気持ちで読みました。


「サル化する世界」 内田 樹 (著)

今さえ良ければそれで良いと考える人が増えてしまった背景や
僕も知らなかったのですが、フランスは実は第二次世界大戦では敗戦国であったのが
戦勝国に滑り込んだことなど、色々と書かれていて、色々と考えさせられる内容でした。


「大学教授が、「研究だけ」していると思ったら、大間違いだ! 」斎藤 恭一 (著)
地方国公立大学の教授であった著者が、不人気な(?)地方大学の魅力を伝えるために、
学生を増やすために、営業活動として高校や予備校で学校紹介をしたり、
ゼミ合宿や新入生合宿に帯同したりと、研究活動以外にも走り回っている様子を書いています。
アカデミックの人独特のユーモアがあり、とても面白く読みました。教養を感じました。


「ダウンタウンに時は流れて」多田 富雄 (著)

免疫学者である著者のエッセイ集。自分の体験に基づいた、アメリカ留学での出来事や
脳損傷を発症してからの色々なことが書かれています。
posted by さとし at 00:20| 京都 ☔| Comment(0) | 読書・映画・芸術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

休日

雨の中、今日は約3ヶ月ぶりの稽古でした。
なんか、自粛期間中に色々動画を見て、脱力を意識したり、虚実を織り交ぜたりし(たつもり)で、
臨みましたが、それなりにそのような動きはできましたが、久しぶりすぎで全然それ以外で体が動かず。
いろんな人にボコボコにされました。

今日はそれ以外にもちょっとある場所に遊びに行ったろかな、という考えもあったのですが、
もう移動距離が遠いところまでわざわざ行く気も起きず。歳ですね。これは。

さて、ある方の論文を読んでいるのですが、
やっぱりすごいな〜と。
僕も先日、凹むことがあったけど、久しく気持ちが折れてましたが、
また頑張ろうという気持ちが出てきました。

何かしら、自分から動かなければ何も為せない。
やりたいことはどんどん出てきますね。

明日も仕事頑張ります。
posted by さとし at 01:31| 京都 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

知らないと恥をかく世界の大問題11 グローバリズムのその先 (角川新書) (日本語) 新書  池上 彰 (著)


知らないと恥をかく世界の大問題11 グローバリズムのその先 (角川新書) (日本語) 新書  池上 彰 (著)

世界情勢のアップデートです。アメリカ大統領選挙、混迷を極める中東情勢、ロシア、中国、東アジア、日本の問題などを解説していました。
1からずっと読んでいますが、歴史の文脈が掴めてきたきがします・・・・、多分。
posted by さとし at 09:46| 京都 ☔| Comment(0) | 読書・映画・芸術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

血気

なんか、疲れた1週間でした。
睡眠は取れているんですけれど。

思慮深さと優柔不断さは表裏一体だと思うのですが、
誰に言っても笑われることですが、
後先考えずに頭に血が上って、周囲のことなど目に入らず
ブチギレる、という人が羨ましいですね。

僕はどちらかというと、こういう理由なのかな?ああいう理由なのかな?と
考えてしまって、結局言いたいこと言わずに終わってしまって
後から、ああすればよかった、と反省することが多いです。
怒りをセーブしてしまう自分が何だかなぁ、と思ったりします。
周りからしたら意思表示ができない人と思われたりしているかもしれませんよね(多分)。

明日は久々に運動できるので楽しみです。
体が鈍って仕方ないです。
周りからは痩せたと言われますが。それって筋肉が落ちたってことですよね。
posted by さとし at 18:22| 京都 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

いざこざ

今日も1日終わりました。

色々と考えさせられることもありました。
上司に反発する部下とか、あるある事案かもしれませんよね。
ただ、組織ですからね。
組織の一員でいる以上は
守られている一方で、色々と面倒なこともあります。

部下が上司を否定するということがどういうことなのか、、、
分かっているのかなぁ、って感じです。
否定されている上司はそのまた上司の指示に基づいて動いているわけで
上司は組織の中である程度任された立場であって。
理不尽なこともありますし、力関係もありますし。
そんなもんじゃないんでしょうかね。

会社組織で働くのならば、専門知識や業務以外にも
組織についても勉強した方がいいかもしれませんね。

っていうか、これって当たり前のことですよね。
やっぱり低レベルないざこざなのでしょうね・・・。
これって。

この業界ってこう、自己表現とか、周囲との意思疎通が得意でない
不器用な人が多いのかもしれませんね。
僕もそうでしょうけどね。
posted by さとし at 18:22| 京都 ☁| Comment(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月03日

蒸し暑さ

暑い日が続いています。

久しぶりに臨床実習の学生さんが勉強に来ています。
僕にもつくことがあるのですが、
学生さんに話していることは、自分自身に対する確認であったり、
ということが感じられたり感じられなかったり。
訪問業務が多いので外に出る時間が長く、
体調を崩さないように頑張って欲しいものです。

恥をかきながら勉強できるのは、
今しかないですからね。
っていう感覚が今あるのかないのか分かりませんが。

何ていうか、理学療法士の中に理学療法士の未来には
希望がないとか色々という人たちもいますが、
そう思うかどうかはその人によりけりですし、
資格取ったら安泰な仕事なんでないですし、
僕はこの仕事の素晴らしさを伝えられたらなぁ、と思ってます。
posted by さとし at 18:13| 京都 ☁| Comment(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

反省

先週はちょっとやらかしてしまったことがありました。
僕は、やっぱり基本はアホなので、
よく分かっていないのに突き進んだりとか、
場の空気を読めなかったりとか、ということが時折あるわけですが
今回もやってしまったな、という感じです。
失敗しながら修正していけばいいかとどこかで思っている自分もいますが、
それに巻き込んでしまった方には本当にすみません、という気持ちです。

なんといいますか、草野球プレイヤーがプロの中でパフォーマンスを披露すると
ボコボコにされる、という典型例を披露してしまった感じです。
本当にあかんなぁ〜。ちょっと気を取り直していきます。
こういうところが長所であって欲しいと思う自分もいますが、
違いますね。。

週末はZOOM飲み会をしました。
昔ワーキングホリデーで過ごした友達と話していたら、
また行きたくなりました。
昔自由に遊びまわっていた自分と、地に足つけつつある自分と
どちらが本当の自分なんでしょうか・・・。

というわけで明日から仕事です。
posted by さとし at 01:16| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする