2017年04月12日

朝鮮半島情勢

北朝鮮への攻撃、アメリカは本当にするんでしょうかね。

朝鮮半島問題だけでなく、もどこもかしこも国際情勢は
簡単に説明できるものではないと考えているのですが、
例えば、東アジアは常に不仲にしておいた方が国益になるというアメリカの戦略があったりとか、
アメリカの同盟国が隣接すると困るので緩衝地帯としての北朝鮮の存続を願う中国の戦略があったりとか
その一方で、政治経験がない金正恩が金体制が核兵器の開発が
王朝を保つための有効手段だと考えて人民の生活を顧みずに核開発を繰り返していて
どの国も制御不能になって孤立している状況で、
今、有事が起こると金正恩がどんな行動に出るかわからないという不確定さがあったりして、

戦争って爆撃して相手が降伏して終わり、って形にはまずなりませんもんね。
戦後処理して、混乱した状況を落ち着けて、という形になるので、
ベトナムも復興に長い間かかりましたし、イラクも未だカオス状態です。
日本にも米軍基地もあるし、工作員が多数潜伏していると言われているし、
本当怖いですね。

一般庶民的な立場で言わせてもらうと、混乱は勘弁してほしい、
平和でいてほしい、というものが本音ですよね。
平和とは何かというと難しいですが。

平和とは、ありがたいくて尊いものですけど
長らく続くと忘れてしまいがちですよね。


posted by さとし at 18:40| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする