2015年11月26日

在宅医療で感じること

最近、新しく買い換えたMac Bookで色々とプログラムを作っていて、
試行錯誤を重ねながら慣れてきています。現在完成度4割で今年中に一つの形にできればと考えています。

地域の利用者さんの調査研究は、ぼちぼちアンケートを取り始めていて、
普段は業務でバタバタとするので、
余裕のある土曜日あたりから利用者さんに説明をして配っていこうと考えています。
QOLの調査用紙SF36というものが包括的な結果を知ることができて、比較用の基礎データも揃っているので
是非とも使用しようと考えているのですが、よくよく規約を読むとライセンス使用料が◯万円かかるようです。
これは、まあ、冬のボーナスでなんとかしたいです。
個人で研究をすることはとても大変だということが最近分かってきて、
大学院を出たあともぼちぼちと、データとったり論文を書いたり、さらには学会に出かけたりしていましたが、
読みたい論文を読むのにも基本、金がかかるし、
論文を書こうにも、英文校正ごとに数万円かかるわで3本ほどRejectもらったあと、しばらく何もしてません。
さらに、1本論文がAcceptされてやっとひとつやりきった感があったのですが、
忘れた頃に掲載料◯万円の請求がきたりして、
おまけに発表にも交通費や参加費などがかかるしで、
身の丈にあった行動をしばらくしていこうと考えています。
地域医療の研究助成でも細々と探していこうと考えています。
けど、やはり研究は必要だと思うし何より楽しいし、
医療職についている以上は当然の取り組みだと考えているのでやめるつもりはないですけど。

最近、在宅の方や地域の診療所での外来リハビリに関わっていて色々と感じることがあります。
昔、僕は病院で働いていて、どちらかというと自分の興味は身体機能や機能回復に関心あったし、
セラピストである以上は患者さんの身体機能をよくし続けなくてはいけないと考えていたのですが、

いまは在宅に近い環境にいるからか分からないですけれど、
機能回復も大事ですけど生活面の方を考える機会の方が多いです。
身体機能の回復のために外来リハビリをする、というだけでなく、
外来通院をすることで活動をあげるためにあえてリハビリを継続してもらったり、
鬱状態だったり社会的な孤独感を感じている方には、運動ではなく会話をしたりして安心してもらったり、楽しい思いをしてもらうことで元気になって活動性が上がることもありますし、
全体的に、利用者さんをより総合的に見るようになった気がします。

外来リハビリを終了する方には、運動する習慣を継続してもらうためにデイや通所という感じでもない場合は、ワンコインエクササイズに通うことも提案したりしますし、患者会のサークル活動を紹介したりもします。
医療、介護制度だけではなくて周りにある人間関係や制度やインフラなどをなんでも提案するという感じです。
なんでもありです。

たまに、外来や訪問で、毎週、散歩するだけだとか、体操するだけだとか、
一見、こんなことをして何の意味があるのかと思う利用者さんもいますけれど、
そういう方も何かの拍子に、一気に能力が低下して寝たきりになってしまうこともあります。

例えばちょっとどこかをぶつけただけでも歩きにくくなって回復するのに数ヶ月を要したり、
休みや祝日の関係で数回リハビリが抜けた利用者さんが全然動けなくなっていたりと、
いまの状態を維持するという、普段僕たちが当たり前だと感じていることを続けることがいかに難しいか、を感じます。
特に、僕たちが関わっている方は、何割かの例外を除くとほとんどが能力が低下していくであろう方です。
何気ない生活をいつまでも続けるための僕たちの関わり方は、
病院にいた時の関わり方とはまた違ったものになります。
日々の生活の中のちょっとした変化や態度も気にしなければならないですし、
それでも普段通りの日常に楽しみや喜びを探さなければなりません。
利用者さんとの雑談も以前より圧倒的に増えました。

ある難病の方からは、「最期まで見て欲しいと思っている」と言われたりもしましたが、
もしかしたらその方の人生において自分が最後のセラピストになるかもしれない、と思うと
いい加減な関わり方や失礼な関わり方はできないと思います。

なんだか、病院にいた時は、嫌でも完結するというか、
退院したらとりあえず終わり、そろそろゴールですので退院調整しましょうか、という話になって、
家屋評価をして、退院前指導をして、サービス調整をしてお大事にしてください、って感じでしたけど、

在宅は戻ってこられた方をずっと見守っていかなればならない、最低でも数年単位の関わりになるという
その人、というか生活を見守っていかなければならないんですよね。
それが、なんというか面白いし奥深さを感じます。

そういう感じですね。
明日も頑張りましょう〜。
posted by さとし at 02:45| 京都 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする