2015年11月16日

無意識にかけられたバイアスの中で暮らしている人々

身内が仕事でいろいろあったらしく、
これからは中国の方と組んでやっていくとのことで
今日は、それに便乗して会食に参加してきました。
中国の方が、一緒にビジネスをやっていくにあたって、
ご両親には挨拶をした方がいいということらしく今回の催しがあって、
僕はまあ参加してもしなくてもどちらでもよかったのですが、
カニが食べられるということと、
愛する身内のある意味大事なイベントなので顔を出したいということと
ビジネスパートナーがどんな方なのか興味があったというわけで行ってきました。

数年ぶりとも思われる、久しぶりのカニをつつきながら、酒も結構飲んだりして、
カニ酒が異様に美味しくて、これが週末なら間違いなくベロベロになるまで
飲んでいただろうなと思ったのですが、明日からまた1週間始まるので抑えておきました。

しかし、ニュースや本で書かれている中国のイメージってありますが、
実際に膝を突き合わせて話をするということは非常に大事なことで、
今回お会いした中国人はすごく、いいイメージがありました。

僕ら日本に入ってくる中国人の情報といえば、
マナーが悪い、爆買い、サイバーテロ、スパイ、領土問題、人権侵害、チベット・ウイグル問題、
歴史問題、情報規制、汚職、危険食品、自由がない、などろくなものがなく、挙げればきりがないわけですが、

話をしていると、そういうこともあるけど政治は政治、個人は個人、
と非常に割り切った考えを持っておられる印象がありました。
まあ、確かに日本でも政府の方針に100%の国民が同意しているわけでもないし、
当然といえば当然ですが。
日本人もそもそもあまり中国のことを理解しようとしていないから
そもそも異質なものとしてバイアスをかけてみている可能性がある、そういう気もしました。

割と誠実に話をしてくれる人だと感じたので酔った勢いもあっていろいろと政治的な問題について
中国人からみた見解について意見を聞いてみたのですが、

例えば反日感情についても、そういう教育を受けてきて日本に悪いイメージを持っている人も多いけれど、
たくさんの人が日本に観光に来てイメージを変えてきている、とか
中国でも少しずつ民主的になってきているとか、結構ポジティブな見方をしていて面白かったです。
こういうのは、僕が日本で得ているネットや本での情報とは異なるわけで非常に興味深かったです。

本当はもっと突っ込んだ話も聞きたかったのですが、
こんな場であまり政治トークもどうかなぁと思ったのでやめましたが
楽しく過ごすことができました。
身内には成功とかは別にいいから、
体を壊さないように身を崩さないように
生きていって欲しいと、そう思います。
posted by さとし at 01:43| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする