2015年04月30日

首の痛み続く

今日は祝日ということでゆっくりできました・・・。
というか首が痛いので何もできなかったのですが。

寝るとき、寝返りを打つ時に自分で頭を支えながら動くのはほんとうに格好悪いです。
そして日常のちょっとした動作でも首に力が入ることが分かり、あ〜こうして姿勢反射っておきるんだ、
と一人で感動したりしていますがこの気持ちは誰も分かってくれません。
そんなことはいいから無理するな、って感じです。

それにしても
久しぶりに長い間机に向かい、
助成金の申請書類、論文再投稿のための準備、
アプリの制作、そして症例の治療・評価方法などをゆっくり考えることができました。
本もゆっくり読みました。

明日は仕事ですね。
頑張りましょう〜。
明日にはそろそろ寝返り自立になるだろうか?
posted by さとし at 03:30| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

首が痛い

事の始まりは、週末のカポエイラ自主練でした。

トランポリンで立って跳ねる→寝て跳ねる→立って跳ねる、
という動きを繰り返している人を見て、僕もやってみようと思ったのでした。

意外と難しく、首から落ちてしまい、C1〜C3の筋がピキピキと音を立てたのでした。
トランポリンは床に着地するタイミングが分からず、数回首から落ちるという事を繰り返し、
その度に頸部筋が音を立ててたわけですが、、、、
案の定、痛みが出てきて、今現在むち打ちみたいになっています。
頸部が動かず、腕も上がらずで、ヨガとかカポエイラどころではないので昨日と今日と静養しているわけですが。

日常動作でも寝返りが打てない、起居動作ができない、顔を洗えない、咀嚼・嚥下ができないと色々と制限が出てきて患者さんの気持ちが分かります。
後ろを振り返ることができないので自転車やバイクなど怖くて仕方がないです。

さらに思ったのは、やはり頸部が制限されていると自己中心参照枠が狭くなるのではないかということです。
自己中心参照枠は頭部・体幹、視覚や平衡覚の情報を統合して作られているそうですが、
やはり頸部の動きが制限されると自分の身体の周りの状況が分かりにくくなってきて転倒リスクも高まりそうです。

そんなことも調べてみてもいいのではないかなと思ったりしました。
明日にはましになっててほしいな〜。
posted by さとし at 01:58| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

福岡旅行

この週末、博多に行ってきました。

オーストラリアにいた時期に仲の良かった友人と集まることになったので、いい機会なので近くに住む親戚にも会ってきました。。。

オーストラリア時代の友人と会うのはかれこれ10年以上ぶり、という人も入れば、
博多の親戚も5年ぶりぐらい、という感じで
懐かしい旅行になりました。

オーストラリアにはワーキングホリデーで滞在していたのですが、
僕は学生時代に休学して行きましたが、他の人たちは、
仕事を辞めてきたりとか、勉強しにきたりとかしていてすごいなぁ〜と思ってましたし、
海外に来るような人たちはどこか人と違った面白い感性を持っていたり、
目的意識があったりしてほとんど遊んでいただけでしたがそれは毎日が刺激的だったわけです。

そのころに「おじいさんおばあさんになっても会いたいね」とかみんなで冗談で言ってたわけですが、
ほんとうに、おじさんおばさんになってもこうやって会うことができるというのは、
やはり何かしら刺激を受けるからだと思います。
みんな、若い時にああだこうだやっていた時とは違うステージで生活を送っていて、
子供ができたり、仕事を変えようかと悩んだりしていて、
そもそもオーストラリアで出会ったときも違う世界にいる人たちがたまたま出会ったわけですが、
時間が経って会っても、みんなやはり違う人生を過ごしていて、それでも根幹は変わっていなくて
面白かったです。やはり相変わらずみんな刺激的でした。また会いたいし会う約束をしました。
この歳になると、時間が勿体無いのであってもつまらない人とは会いたくなくなります。
そういう意味で、普段の生活や仕事とは別の自分の中のいい経験となりました。
むかしバカなことばかりやっていたことを喋りながら思い出しました。

親戚も、祖母が施設に入っていたり、従兄弟が出産したり、子供が成長したりと時間が流れているのを感じました。
特に、施設に入っている祖母は、他界した母の親で、僕が物心つくころからよくしてくれた存在であったので、
そんな祖母が車椅子に乗って出てきた時には元気だったころを知っている分なんとも言えない気分になりました。
認知症も軽くあって耳も聞こえにくくなっていて、最初は僕のことが誰だかわからなかったりしたわけですが、

なぜか芯はしっかりしているところがあって、
父が送った年賀状を枕元に置いていてそれを握っていて、
喋っているうちにだんだんといろいろなことを思い出してきて、
ときおりはっとするような厳しいことをいうこともあり、襟が正される思いをしました。

母を亡くした父が独り者であることを気にかけているのか「さみしく過ごさないように友達を作りなさい」、とか
妻に対して「この子は優しくていい子だから大丈夫たい」と言った後に「ばあちゃんが言ったからにはこの言葉は重いよ」と言ったりとか、呆けているところどころで威厳を感じたりしました。

時間は待った無しです。いろいろとのんびりとしていられない、そう感じたこの2日間でした。
次会う時に、また自分が成長しておれるように日々過ごさないといけないと感じた今回の旅行でした。
posted by さとし at 03:06| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

Reject、介護報酬改定

とりあえず投稿中の論文がrejectで返ってきました。
簡単なデザインの実験だったので、それほど厳密さを要求されない論文形式で投稿したのですが、
Reviewerのコメントは本当に丁寧で、細かなところまで貴重なコメントを頂きました。
簡単な実験ではありましたが、データの真偽や意味に疑問を呈するようなコメントはなく、
デザインに関するコメントばかり。
データや結果はそのままに論文のデザインを再考して書き直せば、他の雑誌により良い形で出せそうです、、、って
プラス思考でしょうか?
空いている時間にぼちぼち書いていきます。

今、仕事では、4月の介護報酬改定に伴う、訪問リハビリの計画書の作成に追われているわけですが、、、
本当に大変です。大変ですが大変よくできた書式だと思います。
利用者さんのニードや能力を評価して、サービス計画に基づいたリハビリ計画を立て、
なおかつ、協業することを重視しているという、
リハビリならやって当たり前のことです。今までも普通の事業所なら無意識にやっていたことではありますが、
これを書式化するということは・・・・やはり大変です。慣れない作業なので1人分仕上げるのに30分以上かかってます。

そんなわけでもう一仕事して寝ます・・・・。
おやすみなさい。
posted by さとし at 03:27| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

眠い

とりあえず研究助成の申請書を一本書きました。

あといくつか申請して、
あとは実験デザインを吟味して、、、と進めていかなければなりません。

何かとやることが増えていてあっという間に明け方です。
今週末は福岡に旅行なのでそれまでに色々と片づけなければなりません。

というわけでおやすみなさい。。。
posted by さとし at 04:07| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

新年度

新年度が始まり、はや半月です。

僕はと言えば科研費が落ちてしばらく何もやる気が起きなかったのですが、
先日、研究合宿に参加させていただいてモチベーションが上がってきました。
やはり色々な人と関わって刺激を受けるのは大切だなぁと思う次第です。

科研費の若手部門は年齢的も厳しいだろうし、もう研究機関に行った方がいいのだろうか?
絞ればネタはあるけれど、今年はもう国際学会は厳しいし(昨年のいろいろなイベントのため)、今年は黙々と今いるところで進めていこう、

などと考えていましたが、気を入れなおして助成金に応募します。
今のところ臨床でもやらなければいけない事が僕にはあると感じているので。

そんな感じですね。
なんだか閉塞感を打ち破ることができた気がします。
posted by さとし at 03:30| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする