2015年01月13日

Is body dysmorphic disorder associated with abnormal bodily self-awareness? A study using the rubber hand illusion.

Is body dysmorphic disorder associated with abnormal bodily self-awareness? A study using the rubber hand illusion.
Kaplan RA, Enticott PG, Hohwy J, Castle DJ, Rossell SL.
PLoS One. 2014 Jun 12;9(6)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Is+Body+Dysmorphic+Disorder+Associated+with+Abnormal+Bodily+Self-Awareness%3F+A+Study+Using+the+Rubber+Hand+Illusion

身体醜形障害という症状があるそうです。
これは、極度に自己評価が低く、それに関連して自分の身体や美醜に極度にこだわる症状でだそうです。
僕の中で思い当るところは、違うかもしれませんけど、
マイケル・ジャクソンとか
マンガ「北斗の拳」のユダとか、あたりが病的に見た目にこだわっている気がします。
この論文では、身体醜形障害の身体イメージについてラバーハンド錯覚の実験を用いて調べています。
この論文で比較対象として用いられている統合失調症患者は身体イメージがはっきりとしていないためにラバーハンド錯覚が生じやすい
(つまり、自分の手でないものを自分の手と感じてしまう)ですが、
身体醜形障害患者は、自己の身体に不満を持っているものほど強く錯覚を感じたという結果が出ています。
自分の身体が他の外見に代わればいいのに、という願望があるからでしょうか。
自己に対する肯定感を持つための環境つくりや関わり方が大事なのかもしれませんね。


【要約】
過去の研究から身体の不満足感に関係したふるまいと性格は、身体イメージの知覚の不安定さと関係する可能性があり、身体に関係した多感覚情報の統合においてその可能性がある。
我々は、身体醜形障害が、身体イメージの乱れによるものなのか、ラバーハンド錯覚を疑問を解決するために行った。これは、ラバーハンドと参加者の隠された本物の手が同時に刺激された時に、多感覚統合のプロセスの結果生じる錯覚である。
全体として、ラバーハンド錯覚においては、身体醜形障害群と健常群、統合失調症群の間に(n=17 in each)は著明な相違はみられなかった。 しかし、ラバーハンド錯覚の強さでは身体の不満足感と関連した傾向で正の一致がみられた。健常群では、固有受容覚の移動がラバーハンドに向かう現象が同期条件に置いて見られたが、非同期条件においては認められなかった。類似した固有受容覚の移動において、身体醜形群で生じた意識では、刺激同期条件、非同期条件に関わらず生じた。これらの結果から、身体醜形の人の間での多感覚統合と視覚プロセスにおける異常性の可能性について考察した。


【Abstract】
Evidence from past research suggests that
behaviours and characteristics related to body dissatisfaction may be associated
with greater instability of perceptual body image, possibly due to problems in the integration of body-related multisensory
information. We investigated whether people with body dysmorphic disorder (BDD), a condition characterised by body
image disturbances, demonstrated enhanced susceptibility to the rubber hand illusion (RHI), which arises as a result of
multisensory integration processes when a rubber hand and the participant’s hidden real hand are stimulated in synchrony.
Overall, differences in RHI experience between the BDD group and healthy and schizophrenia control groups (n=17 in
each) were not significant. RHI strength, however, was positively associated with body dissatisfaction and related
tendencies. For the healthy control group, proprioceptive drift towards the rubber hand was observed following
synchronous but not asynchronous stimulation, a typical pattern when inducing the RHI. Similar drifts in proprioceptive
awareness occurred for the BDD group irrespective of whether stimulation was synchronous or not. These results are
discussed in terms of possible abnormalities in visual processing and multisensory integration among people with BDD.
posted by さとし at 03:05| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする